ほぼ最安!チェア購入サイト 紹介記事を見る

椅子のプロがコクヨの評価とおすすめチェアを解説した。

  • コクヨって、キャンパスノートとかのコクヨだよね…?
  • オフィスチェア業界に詳しくないけど、どうなんだろう?
いすマニア

文具メーカーとして有名なコクヨはオフィスチェアも作っているんですよ!

コクヨは、学生のころ文房具などでお世話になった人も多いはず!

ですが、コクヨのもう一つの顔が3大オフィスチェアメーカー(コクヨ、オカムライトーキ)として知られているんですよ。

タップできるもくじ

コクヨの個人的な印象

コクヨの創業は1905年の100年以上続く歴史ある会社。

オフィスチェアを作り始めたのは1966年で、
50年以上もオフィスチェアを作り続けているんです。

いすマニア

世間的には文具ですが、コクヨのチェアはとても有名です

(もともとは、帳簿の表紙をつくるという超ニッチな仕事から始まったんですよ。。。)

コクヨの創業は、明治38年(1905)。創業者黒田善太郎が26才のとき、大阪市西区南堀江に和式帳簿の表紙店を開業したのが始まりです。「表紙店」とは、その名のとおり、当時一般的に使用されていた和式帳簿の表紙製造だけを問屋から請け負うという日の当たらない仕事でした。しかも表紙は、帳簿全体の価格のわずか5%。製品の印象を左右する重要なパーツであることを考えると、割の合わない商売と言えます。

引用:コクヨ

創業・歴史の話はここまでで。

オフィスチェアのプロ、いすマニアから見ると、
コクヨの椅子は、原則に基づいたチェア」という印象を持っています。

オカムラやイトーキをはじめとした、
他のメーカーもイスの原則を守っているのは当然です。

ですが、コクヨのチェアは基本を忠実に。基本を向上させる。その意識の強さを感じられます。

その一例として、多くのコクヨのチェアで採用されている
ポスチャーサポートシートを紹介します。

コクヨ_ポスチャーサポートシートの説明をした画像

イスの座面を外側から見ると、普通の座面なんですが、
ベースの構造が身体をしっかり支えて、
クッションがいろんな姿勢に対応できる仕組みです。

コクヨの椅子は見えない部分で、
基本構造をアップデートを重ねている
のが、特徴だなと感じさせられます。

プロが選ぶコクヨのおすすめチェア

いすマニア

コクヨのチェアはそれぞれに良い特徴を持っているので、絞りづらいですが、ピックアップしました!

ing(イング)

話題性No.1のコクヨのチェアといえば、ing(イング)チェアです。

自分の姿勢に合わせて座面が動くチェアとして、有名になったチェアです。

前後左右や、身体をひねる動作まで
イスが付いてきてくれる感覚になるチェアです。

コクヨ(コクヨファニチャー)
¥94,918 (2022/05/15 09:15時点 | Amazon調べ)

この追従する動きが苦手な人は「酔った…」と感じることもあるので、好みは分かれるチェアです。

つい最近、ingLIFEというリビングにも置けるくらい
デザインの高いingも発売されたので、要チェックです。

コクヨ
¥66,683 (2022/05/17 07:10時点 | Amazon調べ)

その他にもコクヨのチェアを紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

こちらの記事も参考に!

\ 気になるタブをクリックしてね/

あとで読むかも…?
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元オフィス家具業界、チェアコンシェルジュのいすマニアです。業界で得た知識を広げたいと思い、ブログを運営しています。
専門家として記事監修や、企業のコンサルティングもしています。
お問い合わせフォーム

聞きたいことはコメントで!

コメントする

タップできるもくじ
閉じる