ほぼ最安!チェア購入サイト 紹介記事を見る

コクヨのingLIFEを最速で解説!リビング・ダイニングも仕事で使う人におすすめ

12月20日に発売された新商品「ingLIFE

ingLIFEのもとになっているチェア「ing」は
座面が360°揺れ動くチェアとして話題になり、
累計販売3万脚というヒット商品なんです。

そのingから、新商品ingLIFEは、
在宅向けの機能やデザインもこだわりアップデートしています。

新商品であるがゆえ、買ってもいいの?どうなの?
と気がかりになると思いますが

僕、いすマニアのingLIFE 感想(結論)としては
リビング・ダイニングも仕事で使う人におすすめ !です。

おすすめの理由は3つあります。詳しく解説します。

タップできるもくじ

ingLIFEは、リビング・ダイニング想定の作り

一つ目は、リビングやダイニングに置かれる想定をした設計になっている点です。

オフィスチェア・ワークチェアを前提にすると、
脚がキャスター脚しか用意されないですが、
ingLIFEは固定脚も用意されています。

ダイニングテーブルでの使用も想定すると、
固定脚のほうが家の雰囲気にも合わせやすいですよね。

ingLIFEの設計思想として、
家庭の中心の空間に置かれることを想定して作られているので、
仕事だけでなく、勉強・食事なども考えて作られています。

ダイニング椅子、仕事には向いてないし。

ingLIFEの話から少し逸れますが、
ダイニング椅子で仕事をするのは、
腰・首・肩に大きな負担がかかりやすいです。

食事する場所としての作りになっているため、
パソコン作業などには向いてないんです。

いすマニア

クッション敷いたり、腰サポートのツールを買ったりしても
そもそも合ってないんです…

コクヨ
¥66,683 (2022/06/28 14:07時点 | Amazon調べ)

仕事しやすいグライディング機能搭載

2つ目の理由がグライディング機能です。

ingLIFEはダイニングチェアにもできるけど、
仕事もしやすい理由にもなっています。

オフィスチェアの機能をつけようとすると
メカニックな部分が見えてしまいがちです。

ingLIFEは、重力で座面を動かす独自のグライディング機能を採用しています。

バネを使わない設計で、体格の大きな人から子供まで、
体重を利用して、心地よい動きになるんですね。

たくさんの調整機能を付けるのではなく、
座面が揺れるシンプルな構造を活用して、
骨盤の角度や背骨のS字カーブが
常に快適なポジションへサポートできるよう設計
されています。

いすマニア

また、座面を広く設計していて、あぐらをかいたり
どんな座り方でも快適さがキープできるのも売りですね。

シンプルだけど、動きに合わせて
快適なポジションになることが、
長時間の作業に対して大きなメリットになるんですね

コクヨ
¥66,683 (2022/06/28 14:07時点 | Amazon調べ)

ingLIFE、単純にオシャレですよね

3つ目の理由はダイニングにおいても良いデザイン性です。

背面が木目の合板素材になっているオフィスチェアは珍しいです。

カラーリングも落ち着いた4色から選べます。

いすマニア

上記の画像はすべて固定脚ですが、キャスタータイプも用意されています

フローリング、カーペット向きの2タイプと固定脚
コクヨ
¥66,683 (2022/06/28 14:07時点 | Amazon調べ)

ingLIFEの気になる点

やはり一番のネックは価格面。

オフィスチェアの価格帯では中価格帯ですが、
7~8万円は高く感じるかもしれません。

ただ、コクヨing独自のグライディング機能を持ち、
リビングでも使えるデザイン性などを考えると、
7~8万円を出す価値は十分にあるといえますよ!

ingLIFEのまとめ

コクヨ_ingLIFE_11

新製品でありながら、
3万台売れたingの改良機種ということもあり、
メリットの多い製品だと感じます。

コクヨ
¥66,683 (2022/06/28 14:07時点 | Amazon調べ)

記事を読んで、気になったら
コクヨのHPで試し座りできる場所も掲載されているので、チェックしてみてくださいね!

あとで読むかも…?
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元オフィス家具業界、チェアコンシェルジュのいすマニアです。業界で得た知識を広げたいと思い、ブログを運営しています。
専門家として記事監修や、企業のコンサルティングもしています。
お問い合わせフォーム

聞きたいことはコメントで!

コメントする

タップできるもくじ
閉じる