当サイト限定 2,000円引きクーポン!こちら

コクヨのM4チェアをレビュー・解説!調整ほぼ不要の快適フィットチェア

コクヨファニチャーが手がけるエムフォーチェア(M4 chair)の紹介です。

メリット
デメリット
  • オフィス寄りのデザイン
  • オプションが少ない
  • 座り心地はちょっと硬め
タップできるもくじ

M4チェアのレビュー

確かに操作がとっても簡単でした。

世の中に出回っている高機能オフィスチェアは操作が難しいものがたくさんあります。

特にハーマンミラーのアーロンチェアなんかは、レバーがたくさんあって操作を覚えるだけで大変です。

M4チェアの調整機能の説明画像(右ヒジの先端に一番使う「座面昇降」のためのレバー)

M4チェアは右ヒジの先端に一番使う「座面昇降」のためのレバーが付いているので、座ったまま操作が可能でした。

オカムラのコンテッサの操作感に似ていますね。

「誰もが簡単に快適な着座姿勢を得るには、イスはこうあるべき」という視点で設計を行っているので、ワンタッチだけで座る人の体重に応じて自動調整する「オートアジャストロッキング」を採用。

唯一操作が必要な座面昇降機能のレバーは右ヒジの先端部分に設けており、座面下での操作がなく快適にフィットするオフィスチェアとなっています。

コクヨ(コクヨファニチャー)
¥54,700 (2023/01/20 16:48時点 | Amazon調べ)

M4チェアのメリット

ワンタッチフィット

M4 に必要な調整は、座面高さの調整のみ。

その座面昇降操作レバーを右肘に設けています。

さらに背もたれのロッキング機能は、コクヨ独自開発のオートアジャストロッキングを採用しているので、座る人の体重に応じて、リクライニングの強さが自動調整されます。

このため、座面下にかがみこんだ姿勢で椅子の調整をしなくても、簡単な操作だけで快適なセッティングが得られます。

また、オートアジャストロッキングを採用しているため、従来の高機能オフィスチェアにありがちな、ぎこちない動きをよりスムーズな動きに改良しています。

呼吸するイス 「ダブルラッセル」を採用

「M4チェア」の座面の張り地は、通気性のよい「ダブルラッセル」を採用。

背もたれの スリットループシェル とともに、通気性を向上させています。

また、座面はウレタン表面に溝を設けた構造の「エアスリットシート」を採用。

座面の温度上昇を抑える働きがあります。

このため、長時間の作業でも快適なかけ心地を実現しています。

コクヨ(コクヨファニチャー)
¥54,700 (2023/01/20 16:48時点 | Amazon調べ)

価格も手頃。5万〜

オプションにもよりますが、手が届きやすい5万円〜。

必要十分の機能を兼ね備えて、この価格はいいですね。

コクヨ(コクヨファニチャー)
¥54,700 (2023/01/20 16:48時点 | Amazon調べ)

M4の公式YouTube

なかなか置いているショップもないので、メーカー公式Youtubeでイメージを膨らませましょう!

「M4」の名前の由来は、

  • Minimum
  • Maximum
  • Motivation
  • Majority
  • 最小限の操作
  • 最大限の快適性
  • 楽しく働く
  • すべての人へ

というコンセプトの4つのMから成っています。

コクヨM4チェアをテーブル前に並べた画像

M4チェアにコンセプトは、せっかくの高機能のオフィスチェアを持っているにもかかわらず、使う人は機能を使いこなすどころか、存在すら知らない!という事実から生まれています。

M4チェアをどこで買うべきか?

購入先はメーカーか、メーカーと直接取引があるサイトがサービス・アフターフォロー面を考えても一番です。

実は…ココに注意

直取引のない販売店だと、メーカー側が購入状況を把握できないので、アフターケアが十分でないことも…。

経験上、メーカー直取引のサイトが最もスムーズなんです。

個人的に推しているのがKagg.jpです。

Kagg.jpトップページ
検索機能も充実していて、オフィス家具で唯一の使いやすいサイト

オフィスチェア業界にいるときから、「なんで、メーカー直取引でこの安さなの…?」と思ってたくらいです。

ネット通販ですが、問い合わせの返事も早く、実際に購入しましたが、連絡もこまめにもらえるので安心です。

Kagg.jpの評判を調べた記事も書いてますのでチェックしてみてください!

当ブログ限定 Kagg.jpクーポン!

国内最大級オフィス家具サイトKagg.jpより500円引きクーポンコードをいただきました!

クーポンコードはこちらの記事から!

\ 最低価格保証 /

購入先はメーカーか、メーカーと直接取引があるサイトがサービス・アフターフォロー面を考えても一番です。

実は…ココに注意

直取引のない販売店だと、メーカー側が購入状況を把握できないので、アフターケアが十分でないことも…。

経験上、メーカー直取引のサイトが最もスムーズなんです。

個人的に推しているのがKagg.jpです。

Kagg.jpトップページ
検索機能も充実していて、オフィス家具で唯一の使いやすいサイト

オフィスチェア業界にいるときから、「なんで、メーカー直取引でこの安さなの…?」と思ってたくらいです。

ネット通販ですが、問い合わせの返事も早く、実際に購入しましたが、連絡もこまめにもらえるので安心です。

Kagg.jpの評判を調べた記事も書いてますのでチェックしてみてください!

当ブログ限定 Kagg.jpクーポン!

国内最大級オフィス家具サイトKagg.jpより500円引きクーポンコードをいただきました!

クーポンコードはこちらの記事から!

\ 最低価格保証 /

コクヨ(コクヨファニチャー)
¥54,700 (2023/01/20 16:48時点 | Amazon調べ)

有名メーカーだから使っている間も安心の保証!

国内オフィスチェアメーカーの大手でもあるコクヨは「JOIFA」という
オフィス家具業界の団体の顧客対応ガイドラインに基づいて保証をしています。

購入日から、1・2・3年で、それぞれ以下の保証があります!(※通常使用の場合に限る)

  • 1年:外観、表面仕上げ/塗装および樹脂部品の変色、退色の摩耗
  • 2年:機構部、可動部/引き出し、スライド機構、扉の開閉、錠前、昇降機構などの故障
  • 3年:構造体/強度、構造体に関わる破損

実はオフィスチェアには、安全に使用できる期間の目安があり、JOIFA標準使用期間として、ワークチェアは1日8時間使用で8年の標準期間が設定されています。

JOIFA標準使用期間とは

一般社団法人日本オフィス家具協会が独自に設けた、オフィス家具製品の安全な使用に経年劣化が影響を及ぼさない期間(製造年からの年数)のこと。

耐用年数の保証期間ではないですが、8年は使える設計がされていると考えると、ノーブランドのメーカーよりも大きな安心感が得られますよ!

国内オフィスチェアメーカーの大手でもあるコクヨは「JOIFA」という
オフィス家具業界の団体の顧客対応ガイドラインに基づいて保証をしています。

購入日から、1・2・3年で、それぞれ以下の保証があります!(※通常使用の場合に限る)

  • 1年:外観、表面仕上げ/塗装および樹脂部品の変色、退色の摩耗
  • 2年:機構部、可動部/引き出し、スライド機構、扉の開閉、錠前、昇降機構などの故障
  • 3年:構造体/強度、構造体に関わる破損

実はオフィスチェアには、安全に使用できる期間の目安があり、JOIFA標準使用期間として、ワークチェアは1日8時間使用で8年の標準期間が設定されています。

JOIFA標準使用期間とは

一般社団法人日本オフィス家具協会が独自に設けた、オフィス家具製品の安全な使用に経年劣化が影響を及ぼさない期間(製造年からの年数)のこと。

耐用年数の保証期間ではないですが、8年は使える設計がされていると考えると、ノーブランドのメーカーよりも大きな安心感が得られますよ!

コクヨ(コクヨファニチャー)
¥54,700 (2023/01/20 16:48時点 | Amazon調べ)
あとで読むかも…?

この記事を書いた人

元オフィス家具業界、チェアコンシェルジュのいすマニアです。業界で得た知識を広げたいと思い、ブログを運営しています。
専門家として記事監修や、企業のコンサルティングもしています。
お問い合わせフォーム

聞きたいことはコメントで!

コメントする

タップできるもくじ