Amazonブラックフライデー本当にお得なチェアはこちら

3万円台で買える!イトーキの在宅チェア【サリダ YL7】をレビュー!

ヘッドレスト付きの
仕事用のチェアを買いたいけど、
思ったよりも高い…

ゲーミングチェアの
デザインは嫌だけど
国内メーカーで3万円台なんて
見つからない…!

そんなあなたに紹介したいのが、
イトーキのサリダチェア

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

ヘッドレスト付で3万円台!という
国内メーカー製品、屈指のコスパ!

実は、イトーキ社の総合カタログにも
載っていない、超穴場チェアなんです。

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-question-circle” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#03A9F4″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]【勝手に考察】なぜカタログに掲載されていないのか[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E1F5FE” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

こんなに良コスパの製品がカタログに掲載されていないのか。

完全に個人的な意見ですが、理由は「機能と価格バランスを考えると、他製品よりも圧倒的に安いから」だと思うんです。

この機能で3万円台でカタログに出ちゃったら、みんなサリダ買っちゃいますもん。

「イトーキ → Amazon」の販売経路を前提としているので、ここまで安くなるんだと思いますね。[/st-mybox]

サリダシリーズのYL7は、
3万円台の手頃な価格はそのままに、
アームレスト(可動肘)がパワーアップ!
一方で、削除された機能も…!

この記事ではイトーキ サリダチェアの

  • 基本性能・仕様
  • サリダ YL7 3つのポイント
  • サリダ YL7 と YL8 との違い

を紹介します!

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon
タップできるもくじ

【イトーキ サリダ YL7】基本性能・仕様

サリダ_YL7_国内メーカーで3万円台のヘッドレスト付チェア

イトーキの公式HPにも
『優れたコスパを発揮するシリーズ』と
謳っている通り、基本性能はもちろん、
フルスペックモデルになっています。

~「SALIDA」シリーズについて~

新しい価値を生み出すイトーキの開拓精神により、
優れたコストパフォーマンスを発揮するプロダクトシリーズです。
「SALIDA」とはスペイン語で「旅立ち」を意味する言葉。
人生における皆様の様々なスタートアップのシーンをサポートするに
相応しいプロダクトになるよう想いを込めました。
チェア・デスク・キャビネットの3種類をラインアップし、
多種多様なニーズにおいて、フレキシブルに対応しています。

『自宅でも快適テレワーク!

 在宅ワーク用チェア』

とも押し出しているので、
在宅勤務が増える今だからこそ!

自宅イスで長時間座る人の為のモデルと言えます!

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

サリダ YL7 3つのポイント

まずは、サリダの基本性能を挙げていきましょう!

  • オートマチックテンションロッキング
  • 3万円台で珍しい、可動ヒジ機能
  • 国内メーカーで3万円台のヘッドレスト付チェア

オートマチックテンションロッキング

YL8、YL9を踏襲するオートマチックテンションロッキング

着る人の体重に応じて、
自動でロッキングの反発力が調整される
体重感応式シンクロロッキングが採用されています。

いすマニア

一人一人の体格に合わせた座り心地になるんですね。

3万円台で珍しい、可動ヒジ機能

ヒジ置き(アームレスト)って
購入ポイントで見逃しがちなんです。

ヒジ置きのあるチェア自体は珍しくないのですが、
可動式で3万円がなかなか無いんですよね

いすマニア

地味な割に、構造的には複雑になるわけで…

その機能が3万円台で手に入るのは、良いポイントですよ!

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

国内メーカーで3万円台のヘッドレスト付チェア

サリダ_YL7_国内メーカーで3万円台のヘッドレスト付チェア
いすマニア

最大のポイントはヘッドレスト付き、
国内メーカー、通常保証付き。
なのに3万円台〜という点は本当に驚き!

国内メーカーヘッドレスト可動アームで調べると、最低でも4万円台〜なんです。

サリダ YL7 と YL8 YL9 との違いは?

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

普段、オフィスチェアを比較していない人がほとんど

いすマニア

YL7、YL8、YL9の何が違うかわかりませんよね。

違うポイントは3つあります!

  • 可動ヒジの調整機能がパワーアップ
  • 座面奥行き調整ができない
  • ヘッドレストの首振りができない

YL7

YL8

YL9

参考価格

¥34,900

¥32,900

¥39,900

背もたれタイプ

エクストラ
ハイバック

エクストラ
ハイバック

エクストラ
ハイバック

ガラス繊維
強化ナイロン

ガラス繊維
強化ナイロン

アルミダイキャスト

張地

背:メッシュ張り
座:布地張り

背:メッシュ張り
座:布地張り

背:エラストマー樹脂
座:布地張り

ランバーサポート
高さ調節

(サポート機能なし)

座面の
高さ調節

座面の
奥行調節

肘掛けの
左右角度調節

肘掛けの
前後調節

肘掛けの
高さ調節

可動ヒジの調整機能がパワーアップ

サリダ_TL7_可動ヒジの調整機能がパワーアップ

YL7では、肘掛けの角度・前後調整ができるようになりました。

作業する手の位置などによっては、
高さ調整だけでは足りない場面もある…

そんな方には嬉しい機能です。

いすマニア

ヒジの位置も人によって様々ですよね!調整できるのは嬉しいポイントです!

座面奥行き調整ができない

サリダ_YL7_前後の調整ができない…
前後の調整ができない…

座面の奥行き調整が無くなっています。

前後調整まで、こだわりを持っている人は残念なポイントになりますね。

いすマニア

あなたは普段、座面の奥行きを気にしたことがありますか?
気にしたことがない人には、不要な機能です

もっと詳しく

座面奥行き需要を見て、削除したのかな。と推測します。気になる人は少数派ですからね。

ヘッドレストの首振りができない

サリダ_YL7_ヘッドレストの首振りができない

サリダチェアのヘッドレストは、
頭の位置に合わせて、
上下の首振り+高さの調節がポイントだったんです。

YL7では、上下首振りが無くなっており、
高さ調整のみとなっています。

いすマニア

可動ヒジ機能の大幅UPと、
どちらがいいか悩みどころですね!

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

購入時の注意ポイント!

サリダ_YL7_サイズ

オフィスチェアメーカーの製品ですが、
ユーザー自身で組立が必要なのが注意ポイント!

しかし、同シリーズのYL8のAmazonレビューを見ても
『組み立てられない!』
『わかりにくい!』

なんて声もないので、説明書通りに組み立てれば問題ないでしょう。

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

国内メーカーだから、購入後も安心ですよ

イトーキはオフィス家具協会の加盟企業で、
さらに、サリダチェアはアメリカの
BIFMA規格の品質基準をクリアしているんです。

アフターサポートもしっかりしているので、
長年使っても安心な1台になりますよ!

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon
あとで見返すのに便利!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる