ほぼ最安!チェア購入サイト 紹介記事を見る

ゲーミングチェアよりオフィスチェアが良い理由

テレワークしてわかるのは、ゲーミングチェアよりオカムラとかのオフィスチェアの方が長時間座って疲れないということ😀
しかもゲーミングチェアはリクライニングとヘッドレストがあるので寝落ちしやすい、ゲームにはよくてもテレワークにはよくない😴

— Hermitage (@Bells_of_Her) June 6, 2020

タップできるもくじ

オフィスチェアは、仕事をしやすくするために存在します。

一方、ゲーミングチェアは、ゲームにしか使わないもの。オフィスチェアのような汎用性はまったくありません。オフィスチェアは、仕事を快適にこなし、健康を損なわないようにするためのものです。

ゲーミングチェアは座面がバケツ型になっており、長時間座るのには向いていません。そのため、背中や首が痛くなることがあります。また、ゲーミングチェアの揺れ動きは、仕事に集中するための妨げになることがあります。

しかし、オフィスチェアは、一日中快適に座れるような形状に設計されています。人間工学に基づいた構造は、姿勢や血行を良くし、仕事の生産性を高め、手根管症候群などの健康障害を回避することが証明されています。

生産性を阻害するロッキングモーションなどのゲーミングチェアの機能による不快感や注意力を散漫にすることなく、一日の仕事をやり遂げるには、オフィスチェアが最適なのは間違いありません。

あなたは多くの時間をオフィスの椅子に座って過ごしています。特に生産性の高い人であれば、1日に8時間も座っていることになります。だから、快適で、生産性を維持するために必要なサポートを提供するオフィスチェアを選ぶことは、理にかなっています。

では、ゲーミングチェアはどうでしょうか。確かに見た目はクールですが、本当に長時間座っていられるのでしょうか?仕事で勝ちたいなら、仕事のために作られたオフィスチェアが必要なのです。

オフィスチェアは、長時間のパソコン作業を快適にするために必要なサポート力を備えています。ゲーミングチェアは、ゲームをしたり、短時間の作業をしたりするのには適していますが、生産的に仕事をこなすとなると、ゲーミングチェアでは追いつけません。

だからゲーミングチェアよりもオフィスチェアをおすすめしています。

デスクに頭をぶつけたり、キーボードを投げたりしたことがある人は、そろそろオフィスチェアの良さを理解する時期かもしれません。

オフィスチェアは、あくまでも仕事のために設計されています。一方、ゲーミングチェアは、ゲームをするために設計されています。

ゲーミングチェアは快適だから仕事にも使えると思われがちですが、ゲーム専用に作られたものであり、キーボードやマウスを使ってレポートを書くようなオフィスワークには向いていないことを理解しておく必要があります。

集中できないと、仕事もはかどりませんよね。

チェアが作業に集中する手助けをしてくれないなら、そのチェアは役目を果たしていないことになります。

ゲーミングチェアはプレイするために設計されていますが、ゲームが終わって仕事をするときはどうするのでしょうか?仕事用の車と遊び用の車を別々に持つのと同じことで、行きたいところに行くには、信頼できる車が必要なのです。

ゲーミングチェアからオフィスチェアに変えることで、集中力を持続させ、他のことに気を取られることなく、より多くの仕事をこなすことができます。

会社ではオフィスチェアに、家ではゲーミングチェアに座るとき、快適さを保つことが大切です。しかし、生産性を高めることも重要です。オフィスチェアは生産性の高いタスク志向の仕事をサポートするために、ゲーミングチェアはゲーマーに求められるパッシブな座り心地をサポートするために設計されています。

オフィスチェアは、何十年にもわたり、タスク志向の座り心地を実現するためのスタンダードとなってきました。このチェアは、人間工学と生産性を考慮して設計されています。オフィスチェアは、人間工学と生産性を考慮して設計されており、一日を通して様々な作業を行うワーカーの姿勢の変化に合わせて調節することができます。一方、ゲーミングチェアは、一日中姿勢を変えないゲーマーのためにつくられました。

ゲーミングチェアは、仕事の疲れを癒すのに適していますが、仕事を進める上では、オフィスチェアの方が適しています。

ゲーミングチェアに座って、「これは本格的に仕事をするのに最適なチェアだ」と思ったのはいつ頃だったでしょうか。

ゲーミングチェアは、ゲームをするために設計されています。長時間のゲームプレイで背中を支えてくれる、ただそれだけのものなのです。姿勢を簡単に調整できるわけでもなく、脚を最適な角度で楽に休ませることができるわけでもない。じっと座ってゲームをするために作られたものなのです。

一方、オフィスチェアは、1日中仕事をすることを前提に設計されています。デスクに背筋を伸ばして座り、集中力を要する作業をしたいときに、簡単に調整することができます。でも、一日の終わりに、背もたれを伸ばして資料を見たり、同僚とおしゃべりしたりしたいときにも、それが可能です。肘掛けにパッドが入っているものもありますよ。オフィスチェアは、画面を見ながら背中を支えるだけでなく、一日中快適に過ごせるように考えられているのです。

椅子を買うなら、オフィスチェアとゲーミングチェアの2択です。

しかし、実際に仕事用に作られているのは、どちらか一方だけです。

オフィスチェアは、普通の大人が定時で使うことを前提に作られているので、脚が長く、しっかりとしたサポート力があります。また、背筋を伸ばして座ることになるので、腰への負担も軽減されます。

一方、ゲーミングチェアは、一日中ゲームをしている人のために作られたものです。そのため、脚が短く、腕を伸ばしたり前かがみになったりしなくても操作に手が届くようになっています。また、ゲームユーザーは普通の大人のように動き回ったり、体勢を変えたりしないので、クッション性が低く、座り心地はあまり良くはありません。ゲーム以外のことをするのであれば、ゲーミングチェアは必要ないのでは?

あとで読むかも…?
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元オフィス家具業界、チェアコンシェルジュのいすマニアです。業界で得た知識を広げたいと思い、ブログを運営しています。
専門家として記事監修や、企業のコンサルティングもしています。
お問い合わせフォーム

タップできるもくじ
閉じる