【レビュー】Xiaomi Mi Band 2 スマートウォッチ買っちゃった!

Xiaomi Mi band 2

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

こんにちは!スマートウォッチっていろんな機能が付いていて、ちょっと欲しいかも。でも、いきなりそんな高いものは買いたくなくて、とりあえずの一本を持ちたいなという方は多いのではないでしょうか。

私もその中の一人でした!いろんな製品のレビューと見比べた結果、[Xiaomi Mi Band 2]を購入しましたので、使用感などを含めレビューします。悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

Xiaomi Mi Band 2の基本情報

メーカーは中国のXiaomi(シャオミ)というところです。中国製は敬遠されていましたが、Xiaomiは2010年に設立され着実に実力をつけているメーカーです。スマホメーカーのイメージが強いですね。

そのXiaomiから約3,000円で手に入るスマートウォッチが販売されていました。とりあえずの一本が欲しかったので、早速購入しました。

  • メーカー:Xiaomi
  • 重量:約18〜19g(バンド含み)
  • バンド長さ:
  • 対応OS:Android 4.4以上 iOS 7.0以上
  • Bluetooth:v4.0
  • 防水性能:IP67
  • 待受時間:約20日
  • 充電時間:約3時間
  • センサー:加速度・心拍センサー

Mi Band 2 開封してみました

大きさは10cm四方くらいでしょうか。シンプルデザインの箱で届きました。

Xiaomi Mi band 2

早速開けよう…と思ったところ、箱同士がきっちりハマっておりなかなか開かない…なんとか開けられましたが、デザイン性を取ったというところでしょうか。開封するとこんな感じでした。

Xiaomi Mi Band 2

まるでApple製品のようなシンプルさ。さらに手前を引き上げると、

バンドと充電ケーブル・説明書が出てきました。ちなみに本体部分を出すとこんな感じ。

Xiaomi Mi Band 2

4cmくらいの小さい本体。これで心拍も睡眠も通知も出来るの!?というスモールサイズです。

Xiaomi Mi Band 2

全部取り出すとこの通りです!(左から充電ケーブル・本体・バンド・中国語の説明書)

バンドは14cm強くらいから21cmくらいまで対応できそうでした。

Xiaomi Mi Band 2

使用感

スマートフォンとの連携によってライフログをチェックできます。(今回は割愛します)

このMi band 2は時計やメール・LINE確認などは最小限の通知のみとなっています。反対に睡眠計や心拍、歩数計などの日常生活の記録機能が良いため、スマートウォッチという区分よりも、ライフログ端末だと思います。

実際に良いと思った点を挙げていきます。

 

圧倒的な軽さでつけ心地が良い

先ほども書きましたが約19gというところで、つけていても全く重さを感じません。私の場合、仕事中に普通の時計が重く感じてしまい外してしまうのですが、Mi band 2であればつけている事を感じさせないくらいのつけ心地です。

 

逆に充電を忘れる長持ちバッテリー

Xiaomi Mi Band 2

様々なスマートウォッチを調べるとわかるのですが、1週間持たないものも多いんですよね。私はその都度、充電をしなければいけない面倒さをかんじでApple Watchなどを選びませんでした。

Mi band 2はなんと約20日充電がなくても良いという点が面倒くさがりの私に響きました。実際に20日以上使ってみてどうなるか、これから追記更新できればと思います。

 

地味に嬉しい防水機能

スマートウォッチだと防水がついてないのもあるんですよね。3,000円という値段を考えると、防水まで付いているのは驚きです。

追記【使用2週間 レビュー】Xiaomi Mi Band 2 スマートウォッチ

先日、購入しました 3,000円のスマートウォッチ Xiaomi Mi Band 2を使い始めて約2週間が経過しました。色々と分かってきたこともありますので、早速レビュー第2弾をしたいと思います。

 

使用2週間で感じた良いところ!

 

バッテリーの持ちが良い

約2週間使いましたが、バッテリー残量は90%以上残っていました。

公称では20日くらい?ということですが、このペースでいけば三ヶ月は持つのでは?と思うくらいバッテリーの持ちが良いです。

 

お手軽健康管理

 

  • 心拍計機能

下記のように表示されます。私の場合は大体60〜80くらいの間になることが多いです。健康診断でもそのくらいなので、大きくずれてはないでしょうね。気になるようならちゃんと健康診断に行きましょう。

 

  • 歩数計機能

これは何気に便利なんですよね。今まで歩数なんて気にしていなかったのですが、見れるようになると「今日意外と歩いてるな」とか、「運動不足だな」とか意識が向くようになってきました。

睡眠計機能

この機能はウォッチだけでは見れません。iPhoneSEでMi Fitをダウンロードして、Bluetooth機能で同期してから見ることができます。ベッドに入った時間・睡眠時間・深睡眠時間を計れます。

買う前のレビューを見て、良いなーと思っていましたが、やっぱり良かったです!何を改善するわけでもないですが、もっとデータ量を溜めたら、自分のベストな就寝時間や睡眠時間を見つけていきたいと思います。

 

スマートウォッチを持っているドヤ感を3,000円で!

 

こういったガジェットに関しては、少々ドヤ感を出したい時もあります。笑

でも高いから手が出ないんですが、この商品なら約3,000円で最新ガジェットの流行に乗れることが良いですよね。

Xiaomi Mi Band 2

 

気になるところ!

ゴムが痒くなる人は注意

 

正直、ゴムバンドが合わない人にはオススメできないですね。ベタつくといったことはないので、粗悪品でもないですし、ちゃんとした装着感ですよ。

Xiaomi Mi Band 2

日本語非対応

主にアプリの方の話ですが、Mi fitは日本語非対応です。英語が苦手な人にはちょっとハードルが上がるかもしれませんが、そんなに難しい英語はありません。中学英語レベルでもなんとかなります。

 

まとめ

総合的には、大満足の一品です。

Xiaomi製品の完成度は高いと聞いていたのですが、実際に買ったのは初めてでした。

実際に使ってみて、日本メーカーが危うい事も考えるほど、Xiaomiの実力を感じつつとても満足できる買い物になりました。

Xiaomiが高品質なのに低価格という実力を存分に体験でき流と思います。

万が一壊れても、同じものを買いたいと思うくらいの逸品でした。

妻の分も買ってしまおうかと思っているくらい気にいってます。

個人的には普通の時計は長時間つけてると重たかったり、金属が嫌だったりするんですよねー。

これなら黒シルエットでおしゃれ、しかも軽いし壊れても気にならない値段ですから。みなさんもスマートウォッチ入門機としてどうでしょう。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi band 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です