辞めさせる職場を作るのも、ある意味天才的センス。早く逃げよう。

辞めさせる職場を作るのも、ある意味天才的センス。早く逃げよう。

スポンサーリンク

  • 人間関係がめんどくさすぎる。
  • 気を使いすぎて会社に行くのがつらい。
  • 辞めて欲しい人に限って辞めない。

あなたの会社にも思い当たる節ありませんか。

一見、他人事のように見えます。

イトダイ
しかし!いつあなたに降りかかってきてもおかしくない話です。

なんでブラック企業は無くならないんでしょうね。

Twitterでやりとりをさせていただいた人の会社の場合、辞める人は約50%とかなりの定着率の悪さが伺えますね。

 

1番の問題点はその定着率の悪さを経営陣として完全に見逃している点です。

会社の色だったり雰囲気を出すのは最終的には社長であり経営層なんです。

 

現場のスタッフから組み上げて会社の雰囲気を変えるのは、やはり並大抵のことではないんですね。

気に食わなければ一瞬で潰す事は可能です。上下関係で上の人が勝つのが当たり前。

イトダイ
それが組織

そう考えるとこの結論として早くその会社から逃げようと強く勧めたい。

 

今いるの会社に固執しなくていい

今の転職市場においては、20〜40代まで次世代の会社を担っていく人材を必要としている企業がたくさんあります。

なので今の会社に固執する必要は全くないと思うんですね。

 

何せ僕自身も今後の会社を担っていく良い人材が欲しいですし、ブラックな企業で働かされているぐらいなら僕の企業に参加して会社を一緒に盛り上げていってほしいなぁとすら思います。

僕のように思っているベンチャー企業だったり成長中の企業もたくさんあります。

 

もちろん、僕から「転職しよう!」といわれても、なかなかできない事情もあるでしょう。

なので、まずは見学する位の軽い気持ちで転職エージェントに登録することをおすすめします!

スポンサーリンク

辞めさせる職場を作るのも、ある意味天才的センス。早く逃げよう。