【書評】嘘つき男と泣き虫女

スポンサーリンク

325日 嘘つき男と泣き虫女

目的:男女の考え方の差の違いを学ぶ

子供のしつけも記載

仕方なく直してあげる事は主導権は相手にある「あなたは× ×」ではなく「私は」に変える

女性の評価は11点大きさは関係ない

男性の評価は1回の点数に大小がある

第一弾と言うべき地図を読めない女話を聞かない男と比べて内容は非常に薄かったと感じるまた英内容に関して第一弾と被る点が非常に多かったため勉強の内容は浅かったかなと感じる

アランとバーバラの名前は、本やセミナー、テレビを通して、オーストラリアからイギリス、そしてアメリカから日本にいたるまで知れ渡っている。前作『Why Men Don’t Listen and Women Can’t Read Maps』(邦題『話を聞かない男、地図が読めない女』)に続き、著者は人間同士の行動をさまざまな驚くべき方法を用いて観察している。そして、ただ単に相手にお願いをするだけで、欲しいものが手に入る実践的な方法をユーモアたっぷりに教えてくれるのだ。誰かと出会い、打ち解けあい、自分自身をアピールし、相手に良い印象を与える方法。相手のボディーランゲージを読み取り、自分でもそれを使う方法。そしてついには、あなたが望むことに相手が「イエス」と答えてくれる方法がわかるのだ。(Book Description)

メディア掲載レビューほか

*嘘つき男と泣き虫女*
世界的なベストセラーになった『話を聞かない男、地図が読めない女』の続編。男女の恋愛関係にもつれが生じるのは、すべて生物学的な特徴がもとになっているというのが本書の主張だ。女が涙を流すのは涙腺が緩みやすいからであり、男の嘘を見破るのは声色の変化を敏感にかぎつけられる神経が発達しているからだという。本書によれば、米国でフェミニズムが産声を上げた1960年代に比べ、女の自殺率は34%も減ったのに対し、男のそれは16%上昇したという。それだけ社会は変化してきたわけで、本書をいわゆる恋愛関連の本と決めつけずに、職場でのマネジメント本として読んでも面白い。また、そろそろ引退を迎える企業戦士にも、引退後の生活の参考になるかもしれない。

<fontsize=-1>(日経ビジネス2003/2/24Copyright©2001日経BP企画..Allrightsreserved.)
— 日経BP企画</fontsize=-1>

スポンサーリンク