PC関連

モバイルモニターはどこで買えるのか?在宅用に買った【Didar EVP-301】ディスプレイをレビュー!

モバイルモニターはどこで買えるのか?やっと買えた在宅(テレワーク)で使うディスプレイ紹介!

イトダイ
モノ増やしたくないし、でもモニターは欲しい。モバイルモニターってどこに売ってんの?!

そんな僕と同じ思いのアナタ…!
めちゃ気持ちわかります。。

僕みたいに時間をかからないようにと、記事にしました。

[aside]この記事でわかること
・モバイルモニターはどこで買う?
・モバイルモニターの必要性
・10日以上調べ、買ったモニター紹介!
 [/aside]

 

何に使うの?から、在宅勤務でモバイルモニターの必要性を感じる

 

会社に出社していた時に、
外部モニターを使っていた人は必要ですが、
もともと、僕は使っていませんでした。

イトダイ
会議室への移動で、モニターのケーブルを抜くと、ディスプレイ上の配置がオカシクなるのがイヤ…。

なのに、なぜ必要になったのか…?

理由はWEB会議と在宅勤務です。

資料を画面共有されたり、
音声のON/OFFを使うようになってから、
他の画面を見れなくなる
のが問題になったんです。

また、在宅勤務によって、
会議もWEBで完結するようになったので
外部モニターの抜き差しがなくなった
んですね。

これは購入タイミング!と思い、
モニター購入の検討を始めました。

\モバイルモニターを見てみる/
[btn class="rich_pink"]Amazon へGO![/btn]

モバイルモニターはどこで売ってるの?

結論から。ネットで購入をしました。

最初は

イトダイ
やっぱり現物を見ないとわからないよなぁ

と思って、休日に電気屋さんを回ったんです。
めちゃくちゃ回りました。

  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • エディオン (北海道では100満ボルト)
  • ヨドバシカメラ
  • ケーズ電機
  • コジマ

でも、全然見つからなかったんです…。

 

モバイルディスプレイがある店でも、
1メーカーで2〜3製品…。

事前にネットで相場価格も見ていたので、
15,000〜20,000円の予算で考えていたんですが、

29,800円〜という完全な予算オーバーだったんですね。

 

どこで売ってるか。結局Amazonに落ち着く。

 

在宅勤務用に使うモバイルモニターに
高いお金は出したくない…。

Amazonだったら安いのになぁ。と
結局Amazonに舞い戻りました。

「モバイルモニター」で検索すると

価格は条件をクリアしてる製品は
多いんですけど、とにかく種類が多い!

amazon_モバイルモニター

僕はまだパソコン周辺機器が好きなので、
いいんですけど、興味ない人は
「何買ったら良いの…?」状態です。

\モバイルモニターを見てみる/
[btn class="rich_pink"]Amazon へGO![/btn]

大きめ15.6インチのモバイルモニターを購入!

有名メーカーでもないので、
めちゃくちゃ吟味して、購入した商品はこちら!
Didar EVP-301です。

Didar_EVP-301

Didar EVP-301の仕様

メーカーDidar
製品サイズ559.31 x 315.47 x 68.58 cm; 2.3 Kg
商品モデル番号EVP-301
商品の寸法 幅 × 高さ5.59 x 3.15 x 0.69 m
サイズ15.6 インチ
解像度1920×1080
解像度1080p Full HD
チューナー方式TVチューナー
電源DC
商品の重量2.3 kg

 

開封すると、同梱物は下記の通り
ケーブル類の付属品が充実しています。

「ケーブル買わないとな…地味にお金かかるんだよな」
と思ってた僕には、かなり嬉しい誤算でした。

電源コード含めて5つのコードが付属しています

HDMI-mini HDMIケーブル!

microUSBオス - USBメス!

USB type-A - USB type-C!

USB type-C

 

ベゼル(枠)が細いので、
スタイリッシュな見た目になるのも良いです。

在宅期間が終わった時を考えると
Mac、Windows、ニンテンドースイッチなど
さまざまな用途で使えることも重要視していたので
画面への出力&給電方法にも注目していました。

この製品は使い方に応じて、

  • 給電&出力 USB type-C (1本・2本)
  • 給電 USB type-C 出力 mini HDMI
  • 給電 USB type-A 出力 USB type-C

と、自由度が高いのもポイントが高かったですね。

Didar_EVP-301横

MacでUSB type-Cケーブル一本で映像・音声出力、
電源の給電もでき、カバーも磁石式で着脱できるため、
必要無い時は取り外すこともできます。

Didar_EVP-301着脱

デメリットらしいデメリットが…

めちゃくちゃ満足な1台ですけど、
デメリットをあえて言うなら、
カバーがついていないと自立不可能なこと。

イトダイ
そもそも そんな場面はかなり少ないかと…

あとは、USB type-Cケーブル一本で接続する時の宿命。

電力が足りないと強制的に
省エネモード(明るさ軽減)に切り替わってしまうくらい。

全体を通して、モバイルモニターの基本機能は
バッチリ兼ね備えていますし、
不具合なく使用できているので、非常に良い買い物がでした。

 

-PC関連

© 2021 チクタク Powered by AFFINGER5