キンコン西野の圧倒的な時間管理術【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

要らない時間を上手く削る方法とは?

 

今朝は、キンコン西野の圧倒的な時間管理術お話ししたいと思います。

近況申し上げますと、最近は舞台たけしの挑戦状ビヨンドのお稽古が毎日入っていて、今なかなか時間に余裕がないです。

 

午前中にVoicy・YouTube の録音をして。その後にブログの記事を更新して、オンラインサロンの記事を更新して、最後に絵本にサインして、梱包配送を済ませてで稽古場に行って、午後から夜まで稽古です。

 

後に細々とした打ち合わせなどが入るんですが、ようやく体が空くのはその後ですね。

ちなみに翌日の稽古のセリフも夜、家にいる間に覚えなきゃいけないっていう状況です。

 

ま、こうなってくると、時間を上手に使う技術みたいなものがより求められるわけですが。

きっと、これって僕だけに限った話じゃないと思うんですね。

時間ってのは全員に平等にあるものですから、差が生まれてくるとしたら時間の使い方しかない。

 

いかにうまく時間を使うかという勝負になってくると思うんですが、それを語る上で私キンコン西野の時間管理術がめちゃくちゃ簡単な上に、結構効果的だと思うので、今日その話を皆さんに共有したいと思います。

 

まず僕は、ものすごいダメ人間なんですね。

スタッフみんな知っているんですが、僕は、みんなみたいに我慢とかできないし、すぐに飲みに行っちゃうし、仕事中であろうが、むかついたら帰るっていう、とにかくもう終わってるんですよね。

 

本当に人としても最低なんですが、ただその素材(僕自身)が終わっていることと、僕自身が出す結果っていうのはまた別の話で。

素材が終わっていることを踏まえた上で、プロデュースすれば、良い結果は望めると思っています。

 

ダメ人間設定でプロデュース(時間管理)しているので、今日は駄目人間をどうやってプロデュースしていくかという話です。

まずは、僕みたいなダメ人間をプロデュース時間管理するために最初に決める事は、頑張らせないことなんですね。

頑張らせないということです。

 

頑張らないと、目標に達成しないようなプロデュースは僕のような人間にはご法度です。どうせサボるんで。

こういう奴は、頑張らないとたどり着けないにしちゃだめなので、頑張らせないということは非常に重要です。

 

例えば、僕は「ゴシップに時間を割かない」って決めてるんですね。

芸能ゴシップみたいなものです。

芸能人の色恋に持論を展開したところで、僕が目指しているエンタメで世界を取るっていう目標には一歩も近づかないので。

 

僕の周りで成功者って言われてる人の口から「東出君がさー」とか聞いたことない。

芸能人の色恋に口挟んでる人で成功してる人、僕はあまり見たことがなくて。

お仕事でテレビでコメンテーターしてる人は別ですよ。また別なんですが、プライベートで芸能人の色恋に口挟んでる人で成功している人、僕一人も見たことがないんですね。

中規模の成功はあるかもしんないが、所詮その程度で。

大成功している人で、そんなところに2時間使ってる人を見たことがないんですね。

 

つまるところ、無駄な時間っていうことですね。

 

なので僕は、やっぱ芸能人の色恋には口を挟まれないし、テレビのそういったニュースも、ネット記事も読まないと決めているんです。

が、それって結構頑張らないといけないんですね。

だって、流れてくる東出くんのニュースを、都度都度スルーし続けないといけないんで。

スルーし続けるっていうのは、どういうことかというと、見る見ないの二択の未来を選び続けるって言うことだから。

 

例えば、ニュースの見出しでなんか気になる見出しがあっても、見たい気持ちをグッと抑え続けるということだから。

ここには結構な負荷がかかっていて。

僕のようなダメ人間が、この負荷に耐え続ける事っていうのは不可能なんですね。

無理なんですよ。

ちょっと気持ちが揺れちゃって「みようかな?」とかなっちゃうんですよ。

 

となってくるとですね、負荷を与えないようにしなきゃいけないっていうことですね。

つまり、僕のようなダメ人間のくせに芸能ニュースを見ないって言っている奴には、見る見ないの判断をさせちゃダメなんですよ。

そこで考えるのは、スルーしなきゃいけない芸能ゴシップはそもそもどこに流れているかです。

 

これを多くの場合はSNS のタイムラインなんですよ。

自分がフォローしてる誰かが引用リツイートしたニュースで知るんですね。

 

でよくよく気にして見たら、芸能ニュースを僕のタイムラインに流す(引用リツイートする)人って毎回同じ人なんです。

綺麗に毎回同じ人なんです。

 

その人をフォローから外してみたら、これが見事に自分が住む世界から芸能ニュースが消えるんですね。

ゴシップが消えるんです。

こうなってくると、僕は見る見ないの判断をいちいちしなくてもいいんです。

もう見ないんです。

 

知らないから、気になる見出しを選び続けなくてもいいっていう話です。

結果、時間にゆとりができる。そして芸能ゴシップがない世界の生産性の高さを知る。

時間管理の一番の方法はいらない時間を削るということですね。

 

で、今回お話ししている話は何かって言うと、自分に要らない時間を与え続けている犯人がいるという話です。

その犯人っていうのは、世の中っていう漠然としたものではなくて、自分がフォローしている誰か(個人)ですね。

 

個人なんですよ。

その個人をフォローから外してみると、一日が長く、一年が長くなりますっていう話ですね。

 

くれぐれもフォローから外す=縁を切るっていうことではないですよ。

タイムラインに芸能ニュースを流してくる個人と徹底的に縁を切るっていうことではないです。

で、ポイントは、自分の意思でもって、情報を取捨選択し続けるのではなくて、必要な情報を取捨選択する作業判断をシステムで外してしまうっていうことですね。

これが非常に重要です。

 

もうなんか自分の能力とか、自分が成長しないとクリアできないっていう風にするんじゃなくて、システムをそもそも変えてしまうっていう。

ここが非常に重要だと思います。

 

僕のようなダメ人間には結構おすすめの方法なので、一度行ってみてください。

 

例えば、芸能ニュースを見る時間て全く無駄だなと思ったら一回タイムラインを今開いてみて Twitter の芸能ニュースをつぶやいてる奴いるんで、それを片っ端から外していく。

そうすると、全然世界が変わるっていうことで、自分が見ている世界が大きく変わるんで。

自分の世界に芸能人の不倫とかがなくなるんで。

 

結構、時間にゆとりができて、自分に使える時間が増えるので、これはすっごく簡単です。ごく効果的なので結構お勧めです。

というわけで、今日はキンコン西野の圧倒的な時間管理術というテーマでお話しさせていただきました。

 

オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所では、西野亮廣が今現在取り組んでいるビジネスに関する記事を、毎日2-3000文字書いています。

こっちは本気で文章を書いておりますので、興味ある方はご覧下さい。

というわけで、素敵な1日をお過ごし下さい。

キングコング西野亮廣でした。

じゃあまたね

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク