支配力とは何か?【西野亮廣エンタメ研究所 投稿共有】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

支配力を手にいれる為には○○をしろ 。

今朝は、支配力とは何かというテーマでお話ししたいと思います。

今日は、僕の日記的な内容になってしまいますが、が予めご了承ください。

昨日、うちの会社、株式会社ニシノの活動報告会がありました。

この活動報告会は、サロンメンバー向けの株主総会みたいなもので、株式会社ニシノは、半年間の活動振り返り。

そして、今後半年間のチャレンジの報告がありました。

「今後、こういうことして行きます」みたいなイベントです。

まあそれを、 新入社員が全て指揮をとって行うというのがこのイベントの主旨です。

全ての指揮を取る、とは内容はもちろんのこと、予算繰りから集客まで全てです。

もちろん本番中の進行も新入社員及びインターン生がやります。

このVoicy・YouTube でも言っておりますが、うちはエンターテイメントを生業としている会社ですので、

お客様から頂く時間とお金の重み、重圧を新入社員に覚えてもらうことが今回のイベントの目的である、と。

加えて、今回は、コロナウイルスが直撃してせっかくチケット売ったんですが、直前で無観客でやることが決定して、チケットは全額返金。

そこで西野から出た宿題は「無観客チケット 金は当然。正しいお金の流れを止めるな」ということでした。

要するに、「チケット代を全額返金しても観客にした上で、別で売上を作れ」「なんなら徹底的に頭を使って、通常時よりも売上を作ってみろ。そして手伝ってくださった外部のスタッフさんにギャランティーをお支払いしろ」と、

そういうことです。

これくらいしてもらわないと話にならないので、朝は頑張ってて丸投げしてみました。

昨日は、その本番だったんですが、最高でした。

きちんとイスを出して並んでたんですよ。

会場はそれも最高だなので全て空席を作っているところとか。

そうすることによって無観客っていうのが際立つ猫の餌っていうのしか作れないので、とっかかりのやつと では大正解だったと思います。

同時にイベントの企画を進めながら、クラウドファンディングを使って結果、無観客なのに黒字に乗せたのも最高でした。

客アリよりも売上を出したっていうのも大正解、赤字だったら僕だけ。

皆さんの人を打ち上げ代を払わされた僕だけ赤字になったんですが、イベントとしては黒字にちゃんと乗せたので最高でしたね。

イベントの中身なんですが、彼らがこの半年でいろんなあらゆるプロジェクトを映像で振り返っていくんですが、

そもそも20そこそこの年齢で国内外のプロジェクトを回してるのも素晴らしい。

色々あってるんですよ

小学校作ったりだとかそれとで固定したりだとか国内で高い杵島に絵本を プレゼントしに行ったりだとかも色々やってるんですが、国内かのプロジェクトをアン年齢で回してるのは素晴らしい。

その振り返りトークのVTRを受けてここ本当に困ったんですよみたいな振り返りトークがあったんですが、その振り返りトークは何て言うかな不安定で今にもコケそうでなんかそれが良かったんですよね。

ここからが今日の本題なんですが、よかったっていうのは熱もあるところを応援しろがあったんです。

少しでも目を離すとこけそうなので。

オープニングでインターン生の小芝居からスタートするんですが、地獄的な仕上がりで顔が赤くなるような恋するんですが、もうそれとか なんかもおい大丈夫かみたいな思わされるんですがおめー話せないん、「子供のピアノ発表会とか見に行く時ってこの感じなんだろうな」っていうのは思いました。

でそれは決して馬鹿にできるものではなくて、その作り手の表現者のそういった不安定さって、元々は赤ちゃんとかが持っている支配力で、周りにいる人間を問答無用で巻き込んでしまう。

僕らは自立していくと同時に来いと支配力ってのは本来失っていくんですね。

昨日の彼らにはそれがあった。

それは今持ってる能力以上の挑戦をしたからだと思います。

支配力の正体ってなそういうこと、支配力ってのは今持っている能力以上の挑戦をすることによって手に入れることができる

インターン生の小芝居はもう首が座ってないぐらいの赤ちゃんでした。

心配で仕方がなかった。

でも最高でしたって言う

昨日の彼らの活動報告を見ていて改めて思ったのはその挑戦の規模はさておき、僕の挑戦よりも応援シロがあると思いました。

その人によってどう捉えるかはさておき「こっちの方が面白いな」って捉える人は多いだろうな、僕は少なくとも思いますね。

僕は僕で実はこの先都内希望の調整が控えていたりするのですが、それそれと別で、そろそろで頑張るしそれで自分たちのこのチームの中で僕よりも後輩がこうして挑戦はして天然で応援シロを作っているのは魅力的だし、支配力はとても頼もしく思いました。

ドラゴンボールがドラゴンボールZになって、孫悟飯が登場した時くらいのワクワク感がありました。

出てきたなーみたいな。

昨日、そのイベントの中で活動報告会の中で新入社員の子達はインターン生の子たちのまついのプロジェクトが発表されたん、今年5月に行う大阪で行う、万人規模の個展だったりだとか。

9月にはコロナの影響でどうなるか分かりませんが、オフブロードウェイに進出するんですが、その責任者をやることになってたりだとか。

あとスラム街でフィリピンのスラム街でこれがもう実現できたら最高なんですが、フィリピンのスラム街のど真ん中で個展をするって言う。

これはフィリピンのスラム街の市長さんと組んでやっていこうみたいな。

そういうことは新入社員の子達とかインターでの子達とかが旗振ってやることが昨日発表されましたね。

オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所は、多分今日からセカンド シーズンに入って。

僕は新人教育っていう仕事が一つ増えて、僕なんかが教えられるほどあまりないんですが、まあそういう役割が一つ増えてその上で僕は僕でも行かなきゃいけないなっていうことを思いました。

背筋が伸びましたね。

西野亮廣エンタメ研究所では、毎朝2000〜3000文字のさまざまな記事を投稿しているんですが、エンタメビジネスが中心となる様々な記事を投稿してるんですが、おかげさまで、上司のあり方みたいな上司はこうあるべきだとして僕はこうやってみましたとかこうやって上手くいきました。

終わったらちょっと苦戦しましたみたいな上司のあり方みたいなカテゴリーもお陰様で生まれて。

今後2000ー3000文字の記事は、より濃くなっていくと思います。

昨日は本当に素晴らしいとイベントそして支配力を見ました。

それはその支配力っていうのは言葉こそ、きついですが、決して乱暴なものではなくて、勇気・優しさ・弱さが入り混じったエンターテイメントする上でとても必要な能力だと思います。

長々とお話しましたが配信を観てくださった皆様スタッフの皆様そして最後まで温かく見守って下さったサロンメンバーの皆様昨日は改めて本当にどうもありがとうございました。

今後も面白いんだって弁当を届けられるように頑張っていきたいと思います。

この後は、お願いしたのに記事書くんでお楽しみということでございます。

それでは素敵な1日をお過ごし下さい。

キングコング西野亮廣でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク