一次情報にアクセスしろ【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

鵜呑みにしちゃダメだよ

今日は「一時情報にアクセスしろ」というテーマでお話ししたいと思います。

ビジネス系 YouTuber っていう言い方をするんですかね。

お仕事のこと教えてくださるYoutube番組を見させていただいたりしてるんですが、時々、「おや?」と思うところがあるんです。

「ちょっと間違ってるぞ…」っていうようなところ。

これが結構微妙なとこなんですが、はなっから騙しに入ってるものってあるじゃないですか。

最初から「これ騙しに入ってるな」っていうもの。例えば、「オンラインサロンで安定した収入を得る方法」、みたいな。

「いやいや、お前ができてねえのに何を教えてるんだよ!」みたいなのってあるじゃないですか。

デブがダイエット本書いてるようなもんです。

オンラインサロンセミナーなんて、出来る人間は、おそらく日本に5人もいないと思う。

オンラインサロンなんて、ほとんどの人間はうまくいってないんで。

さらに言うと、オンラインサロン運営っていうのは、ノウハウで突破できるもじゃなかったりするんで。

「こうして、こうして、こうすれば、プロ野球でホームラン打てますよ」ってノウハウをイチロー選手に教えられても再現できないじゃないですか。

その類のものなので、「こうして、こうして、こうすればいいよ、でもそれができないと思うよ。」っていうところなので。

オンラインサロンのセミナーってちょっと遅く西ノアっていうのが思うところなんですが、そういった物っていうのはどっちかって言うと、結果が伴わないと思うので、ちょっと詐欺に近いと思うんですが、詐欺ではないですよ。詐欺みたいなっていう話、ちょっとそういうものに近いなと思うんですが、そうじゃなくて、視聴者さんのことを本当に考えて、真面目に情報提供してくださっている YouTuber さんの情報が間違っていたりする事ってあるんですね。

そういう場面に出くわすとついつい「そうじゃねえよ」って言いたくなっちゃうんだが、もうちょっと踏み込んで考えた時に、「正しい情報だけが詰まった番組を見るのか?」っていう問題がありますよね。

例えば、「いい国(1192)つくろう鎌倉幕府は~」っていう話をしてる途中にね、

「厳密に言うと1192年って言うな頼朝が征夷大将軍を授かった年で頼朝が鎌倉幕府その機能をスタートさせたのは1185年です」

みたいな注釈をいちいち挟んでいたら、教科書みたいな内容になっちゃうじゃないですか。

で、教科書って読まなかったですよね。

読まないんです、だれもそんなものは。

この場合の YouTuber さんの気持ちを代弁するとね。

「鎌倉幕府が1192年にスタートしていようが、1185年にスタートしてようが、このチャンネルを選んで見てくれている人のことを考えたら、そこの正確性ってそんなに大事じゃない」です。

そこまで重要じゃないんですよ。

まずは、こういうことがあったと知ってもらうことだとか、そもそも鎌倉幕府っていうものに興味を持ってもらうことが大事だったりするので。

そうすると、押し出さなきゃいけないのは、数字の正確性よりも、どっちかっていうと、ストーリーの面白さに時間を割かなきゃいけない。

数字の正確性を全部やって行くと、ストーリーをしゃべる時間が削られるわけじゃないですか。

そうなってくると、目的に対するアプローチとしてはあまりよろしくないとなって、こらまず見てもらうことだとか興味を持ってもらうことの方が 王子だから 。

そういう情報を発信している YouTuber さんの気持ちの整理としては、「詳しいことはご自身で調べてね」っていうとこだと思います。

これはもちろん、こんなこと喋ってる僕もそうですよ。

僕もこうしてお話しさせていただく時に、

「今この段階でこの説明はしない方がいいな」とか

「この段階でこの説明をすると面白みが減っちゃうからちょっと飛ばそう」だとか

「今は興味を持ってもらう段階なのでこの例外はちょっと飛ばしちゃおう」とか。

そういった編集をしながら喋っているんで、こういった感じで表に出ることを生業としている人間の発言は話8割ぐらいで聞いておいた方がいいと思います。

僕の場合は二日酔いの場合が多いから、西野の話は話3割ぐらいでいいと思います。

ほぼ信用しなくて大丈夫です。

そんな中でも、唯一信用出来る情報っていうのが今日のタイトル、一次情報。

1つまり、ありその話しての方がご自身で えた情報、その人の体験談ね 僕がね西野かね

「こうしてこうしてこうしてこうしたらこうなりました」っていう話は再現性があるかどうかはさておき真実じゃないですか。

ニューヨークで個展をする時に「こういうやり方をしました。こうで、こうで、こうで、こうで、こういうことをしたんです」っていうのは真実です。

ここは再現性があるかどうかはさておき信用できると。

以前、革命のファンファーレって本をだした時に秋元康さんが帯コメントで

「西野亮廣は惜しげもなく手品のタネを教えてくれている、ただ西野亮廣は天才的なマジシャンだということを忘れてはいけない」

っていう。

額縁に入れて、玄関に飾ってナルシストに溺れてやろうかっていうぐらいの、言葉を下さったんですが、僕の言ってることも「再現するのは難しいと思うけど種は教えるね」っていうスタンス、僕はやってるのは一次情報、 この一次情報っていうのは信用していいと思います。

くれぐれも再現性はさておきですよ。

できるかどうかはさておきですよ。

イチロー選手が「こういう風にバット振ったら、打てますよ」って。

それできるかどうかはさておき、その時のイチローさんは嘘はついてないっていうこと。

編集もしてねーということ。

でねビジネス系 YouTuber さんには素晴らしい方がたくさんいらっしゃいますが、どのチャンネル番組を見るがに限らず、全ての情報を受け取る側の心しては持っておいた方がいいのは、

「この人は自分の体験談つまり一次情報を話してくれている」のか。

それとも「本当かで得た知識二次情報喋ってくれている」のかっていう

このフィルターは持っておいた方がいいと思います。

ここを「今しゃべってること、一次情報を喋ってんだっけ?」っていうの考えずに話を聞いてしまうと、結構誤った情報をそのまま鵜呑みにしてしまうことがあるから。

今日が、一次情報にアクセスしろっていうタイトルがついていますが、二次情報が駄目って言ってるわけじゃないですよ。

何か本で得た知識を喋ってくれるユーチューバーの方が指定してるわけではないですよ。

本で色んなことを喋ってくれる学校の先生とかを否定しているわけではないですよ。

二次情報がダメって言ってるわけではなくて、二次情報にアクセスした場合は「これは二次情報だな」と思いながら、話を聞いた方がいいと思いますよっていう、そういうお話です。

ここの整理をきちんとつけておかないと厳しくなってくるだろうなっていう。

最後、ちょっとだけ踏み込んだ話をすると、こっからは、まず間違いなく二次情報で溢れるんですよね 。

あとも知識みたいなものは手に入れ放題なんで、多分ユーチューバーの方も他のユーチューバーの方のコピペみたいな発信を始める。

もう結構しだしていると思うんですが、みんな同じようなコピペのコピペのコピペのこと入れるみたいな状態が結構蔓延するから。

2次情報、3次情報なのかっていうのがやっぱ増えてくる。

そうすると魅力的なに発信の仕方してる人にアクセスが集まるんで、急投稿編集がちょっと濃くなってくるね 話色をつけてしゃべる色の付け方が魅力的な人ほどアクセスが集中するからね。

人が集中するから、そうすると上手に気をつけてくれる人に人が集まるから、正しい情報っていうところからちょっと離れてしまう。

そうなってくるとね

なので今ね僕たちは情報を受け取る時は「これは一次情報か二次情報か」ってことを整理して把握して受け取った方がいいと思いますっていうお話でした。

それで素敵な1日をお過ごし下さい、キングコング西野亮廣でした。

じゃあまたね

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク