実験をする時間を作って、手札を増やそう【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

自分の時間の全てを「収益化」に使うな

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますがこの音声は、Voicyというラジオメディアアプリにアップした後、うちのマネージャーが YouTube にコピペする形を取らせてもらっています。

YouTube チャンネルの開設から、今まで3ヶ月ぐらい経ち、チャンネル登録者数が13万人を突破しました。

今日は「実験をする時間を作って、手札を増やそう」というテーマでお話しします。

まさにVoicyのコピペをしている僕の YouTubeはこれが実験なんです。

以前もお話しさせていただいたんですが、今でも時々、「西野さん再生回数を伸ばしたかったらこうした方がいいですよ」とか

「チャンネル登録者数を増やすためにはここをこうした方がいいですよ」と言ったアドバイスを頂戴するんですが、そんなのどうだっていいんです。

どうだっていいって僕が言うと、負け惜しみだ!なんだかんだ意識してるに違いない!みたいなこと言われるんですけど、本当にどうだっていいんです。

チャンネル登録者数とか再生回数とかも本当にどっちだっていい。

再生回数5でも100万でも別にどうでもいいんですよ。そんなノウハウ、すでに結果が出ているものだから、その方法をなぞったところで、データが取れない。

ビジネスをされる方は、目先のお金とデータを天秤にかけた方がいいと思うんですが、データっていう言葉が難しかったら、話のネタって言い方でもいいと思います。

例えると、道が二手に分かれていて、右に行ったら時給1000円の仕事が転がっている街に確実に着きますよっていうアドバイスをもらって、右に行っちゃうと僕の収入は時給1000円。

でも、その分かれ道をみんなが進まなかった左に進んで、その先にある話のネタを拾って、引き返してきて右に進んだ人に1時間3000円で話してあげる。

この場合、お金とデータはデータの方が高いですよね。

僕らは自分の時間を切り売りして働く以上、ここを考えなきゃいけない。

ノウハウをなぞった方が価値があるのか、誰も調べようとしないデータを拾った方が価値があるのかっていう話です。

僕の場合、YouTubeを実験としている以上、僕は徹底的に後者なんですね。

つまり、誰も調べようとしないデータを拾った方が価値があると思ってる人間です。

なので僕の YouTube チャンネルでは、やらないと決めていることがいくつかあります。

代表的なものあげると、

運営に1秒も割かない。

編集をしない。

サムネイルで釣らない魅力的な画像だとかタイトルで作らない。

コラボしない。人気ユーチューバとのコラボをしない

動画を作らない。

もう YouTube で動画を作らないっていうようなんですけど、今のざっくり5つぐらい、1秒も割かないのはコピーでやってるんで、練習もしない。

僕が喋ったものものを買って出しちゃってるんでサムネイルだけなんで、味気のないタイトルにしているって「凄い魅力的なタイトルで、蓋開けてみたらもう一つでした」

っていうようなことがないように、タイトルで絶対に知らないとコラボしないよう他のユーチューバーの人の絵 ちょっと吸収するようなことを一回一回しないで送ったの知ってる人を否定してるわけじゃないですよ。

それをしないって言ってるだけの話ですよ。

で動画を届けないつまり音声をやるって言うことですね。

もう一度繰り返します。

運営に一秒も割かない。
編集をしない
サムネイルで釣らない
コラボしない
動画を届けない

いま5つ言ったと思うけど、これ何かって言うと、全部答えが出ていることなんです。

答えが出てること、全部「こうすれば数字的に結果が出ますよね」っていう答えが出てることをやるのはユーチューバーでいいと思うんです。

僕 YouTuber じゃないんで。踏み込んで言い方をすると、メイン収入をユーチューブに置こうとしてるやつじゃないんで。

僕の YouTube の収益の半分、吉本興業に入れて、残り半分は絵本とか勝手にスラム街とか被災地とか海外の子供たちに寄付するんで、僕にチーム入らないと YouTube で欲しいのはデータ。

データこのこうしたらうまくいった方したら失敗したっていうのが手持ちのカードになるんで手札になるんで。

戦に出た時の剣になるんで僕はそれが欲しいんです。

そしてそれを時々オンラインサロンの中で提供したりする。その瞬間脳波をなぞらなかったことがノウハウをなぞった以上 の利益を生んでるんですね。

この辺の話は以前「シナジーマップを書け」ていう会でお話ししたので気になる方は死ぬ気でさかのぼってみてください。

2ヶ月くらい前に1回スプラ今調べてるかな。

今日の話、サビはこっからなんですよ。

何が言いたいかというと、昔に比べてどうやら未来予測が難しくなってきましたね。

なんとなく不景気の足音は聞こえているが、それによって何が起こるのかはわかっていない。

5Gで世界が劇的に変わるって聞くけれども、具体的に何が大きく変わるのかはよくわかんない。

もしかすると、半年後にとんでもない技術が発表されて、スマホが出てきた時のように世界の景色ルールを一変させるかもしれない。

今って先が読めなさすぎるんですね。

この先が読めない時代に持って ほうがいいのは何かって言うと間違いなくて手札です。

別の言い方をすると選択肢の数。

イレギュラーな弾が飛んできても家返せるようにイレギュラーの球の打ち方を研究しておく必要がある。

そのためには日々の実験を繰り返さなきゃいけないっていう話。

でね実験を繰り返すための条件は以下の二つです。

一つ目、実験で収益化しようとしない
二つ目、実験が続けられるだけの収入を確保する

この二つです。

例えば自分が働ける時間が10時間あったとするでしょ。

ほとんどの人がこの10時間全てを収益化しようとするんだけど、そうじゃない。

生活していくのに、必要なお金が8時間の労働で確保できるのであれば、賄えるのであれば、残り2時間は実験に使う。

残りの時間は実験に使う。

その月の収入は、2時間使っちゃったらそらにわりへるんだけれども、そこに費やすことで選択肢が次の時代を生き延びる気になるのであればそれは安いもん、 まとめますね。

一週間のうち3時間だけでもいい。3時間だけでもう一度実験をする時間を作ってみてください。

その実験的な収益化しなくてもいい。

一切気にならなくてもいい収益化を目指してため収益化しようとすると、必ずノウハウをなぞり出すから。

それこそサムネイルを通してみたいな テロップはこういう風に出してみたいなヒットの法則をなぞる嘔吐するから、それではデータが取れない、意味がない。

収益化しようとすると実験にならない。

実験の目的ってのはデータを撮ることだからです。

そのデータっていうのが、こっから予測不能な未来をうまいことを乗り切るための剣になるので、今はそっちを取りに行った方がいいと思いますっていうのが今日のお話でした。

というわけで今朝は、えーとか消しを見たいなそのためには時間を行くようですよみたいなお話をさせていただきました。

それでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でした

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク