人を助けたければ、立ち向かうべき敵を明確にしろ【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

ボランティアに酔いしれるな

野茂キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本した顔したり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送は明るいシングルマザー水田なおみさんの提供でお送りします皆さんどうもありがとうございますさて今朝はですね人を助けたければ立ち向かうべきを明確にしろーというテーマでお話ししたいと思います

昨日、クラウドファンディングの新しいプロジェクトがスタートしました。

昨日の配信でもご説明させていただきましたが、サッカー教室やダンス教室といった子供団体。そして児童養護施設あとは様々な事情から付けられている子供が暮らしてる施設。そしてシングルマザーの方はシングルファザーの方のご家族を支援している団体に映画えんとつ町のプペルの前売り券をプレゼントしようという企画です。

新車は支援したい団体施設お前らべるというのはそういう周りターンギターのところですね神先一覧みたいなバカって出ていて「私はこの団体を支援したいとか私はこのサッカースクールを支援してみたが手間選べるようになっているって言う感じですね子供達に映画を送りたい人と映画を送ってもらいたいこどもたちをクラウドファンディング上田マッチングしますっていうやつですやっぱり立ち上げの経緯としては一人でも多くの子どもに届けたいし生まれ育った環境でエンターテイメントや映画みたいなものを諦めなきゃいけない子供がいるのは僕は絶対に嫌なので東方さんやアニメーションスタジオスタジオしさんそしてそして吉本興業に話を通してですねまあこんなことをしてみましたでねうんとこういうことをすると いい人ですねとか言われるんですけれどもこれは本当に何度も何度も何度も何度も言いますがちょっと違っていてどういう形であれね映画に来てくださる方が増えれば僕は得をするんで100%他人のために動いているというわけではありません。

ここにはそこには自分の取り分がきちんと設計されてありますよっていうことですね。

今日はこの自分の取り分についてお話をさせていただきたいと思います。

僕はですね阪神淡路大震災の被災者で東日本大震災の支援者なんですね。

困っている人がたくさんたくさん入れてんでそこに手を差し伸べてくださる方が当時たくさんいました。

ただやっぱり復興っていうのは1日2日でどうにかなる問題じゃないんですね。何ヶ月も何年もかかるんですね。

そうなってくると、今度はボランティアの方の生活費の問題が出てくると。

やっぱりボランティアの方にも生活があって場合によっては残してきた家族も居る。

すると、まだまだ復興できていないし、まだまだ救いの手を待っている人がたくさんいるんだけれども、ボランティアで支援されてる方は、その場を離れなきゃいけなくなってくる。

やっぱり自分の生活を守らなきゃいけないから、自分の家族を守らないといけないから、ボランティア無償でやっていると、それが守れなくなってしまうってことですね。

これね誰も悪くないんですよ。誰も悪くない。

ただ一つ確かなことは「自分を守れないと人を守れない」ということですね。

一回こっきりの人助けなら問題ないんですけれども、継続的に人を助けようと思ったら、やっぱり自分の利益っていうのは確保しなきゃいけない。

この、自分の利益を確保しながら人助けをする人に対して、外野は結構好き勝手言ってきます。

「人助けビジネス!」だの。

でもいいんです。むしろ人助けビジネスじゃなきゃダメなんです。

助けることで削られた体力は必ず回復させなきゃいけない。

助ける人の体力が削られ続ける人助けって必ず終わりが来ちゃうから。

困ってる人を助け続けたい人が戦うべき敵はここです。敵は人助けビジネスだという外野の声。そして人を助ける時に自分に利益を生んでいいんだろうかっていう自主規制です。

自分で止めちゃうということですねいやいや行った良くないやっぱ人助けボランティアでやるべきだって自分で思い込んでしまうでこれに気なんですよこれは逃げるボランティアで行っている城攻撃されないんでも100%いい人をやれるんでだけれどもそれをやり続けてもそれをやっても結局やり続けることはできないんでこれに下だと思った方がいいですちょっとシビアな問題ですがここにいるとしない道を助ける続けることはできないでこの人だってビジネスだとかという外野の声そして人を助ける時に自分に29人だけっていう感じ自主規制ここに負けて100%ボランティアにしてしまうと必ず終わりが来るここに負けちゃだめなんだよ間接的にでもいいからまずは必ず自分に 利益が入るように設計するここが非常に重要ですね全てにおいてですね全てにおいて全ての人助けに多いですねここが非常に重要だ人を助けたいと思うのであれば必ず自分に利益が入るように設計するこの比率割合はもうその人のセンスですよどれぐらい自分に利益を入れるかもそこはもうその人のセンスです僕は自分が食っていけるだけでいいんでだけれど自分が食っていけるだけの利益は必ず確保した上でたくさんの人を助け続けると決めたんでその子の比率はも人それぞれですねもうちょっと自分に家族がいたら僕は多分もうちょっと自分にもうちょっと利益を用意しているんでだけどまぁ僕は独身だから別にそんないらないなっていうので今の比率にあるんですけれど非常にあるんですけど何度も言いますが自分に利益が入るように 設計し続けないとしないと助け続けることは不可能だっていうことですね改めてね今回の煙突のプロジェクトについてご説明したいんですけどこれは僕にもきちんと利益が発生していますチケットがで回れば回るほどそのチケットだけ僕に入ることないよチケットだよ僕に入らないんだけど映画煙突のプペルに足を運んでくださる方が増えれば増えるほど作ったのだってだって次の僕の頭ですごい間接的ではありますがちゃんと僕に利益が入るようになっておりますだったらねえちゃんと利益が事務所に入っているから今回のプロジェクトを宣伝することに時間が使えるしそれによって明日も明後日もは人を助け続けることができるということですねもしねもしあなたが今この木なんだかが誰かを助け続けたいと思うのであれば一晩経てば必ず自分の体力が回復するように設定してくださいこれをしないと駄目絶対に翌朝には回復してなきゃいけないでここで削られただめだよっていうことですね結構金はあると思いますやっぱりそうだな今年の夏も絶対あると重すぎだよねやっぱねんねんこの台風の被害が大きくなってきてるんで今年の夏も予想されますねその大きい台風が来てすごい水害がどっか日本のどっかで怒ると思うんですねそん時に助けに行かなきゃいけないっていうレストランがみたいなことが人助けが長期にわたる場合があるので必ずその時は自分に利益があるように設定してください今日はですね人を助けたければ立ち向かうべき敵を明確にしろというテーマでお届けさせていただきましたデッキは二人で一人目は人助けビジネスだっていうのは家の小屋そして二人目は人を助けるために自分に利益を生んでいいんだけっていう自分で信州綺麗ですね敵はこの二人ですオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所ではですね YouTube とかは普遍的な話をさせていただいておるんですけれども最近ビジネスに関するですねこらもーですね私西野亮廣家ですねまあいいやさん2000文字ぐらい結構長文の木の長文を毎朝毎朝配信しておりますので興味がある方はぜひ一度覗いてみてくださいというわけで本日もお付き合いいただきましてありがとうございました的な1日をお過ごし下さいコングの西野亮廣でしたじゃあまたね

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク