イノベーションの起こし方【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イノベーションキラーを消せ

今日はですねイノベーションの起こし方というテーマでお話ししたいと思います。

あの結構漠然としたタイトルなんですけれども、それなりに具体的な話ができるようにちょっと頑張ってみます。

現代の革命家と紹介される機会が少なくないんです。

かっこいいしモテそうなんで、こっそり気に入ってて、大きく否定もしてなかったりするんですけれども。

「成功する」っていう事と「革命を起こす」ということは微妙に違っていて、後者はいわゆるゲームチェンジですね。

あのイノベーションっていうものです。既存の常識ルール変更塗り替えると言う ことになってくるんですけれども、まあ確かにそういうことはこれまで自分自身何度か行ってきたと思いますし、今後もやると思います。

ただくれぐれも言っておきたいのは、イノベーションを起こそうと思って、イノベーションを起こしているわけではなくて、このままのルールだと自分や自分の周りの人達が隠れてしまうから、必要に迫られてゲームチェンジしているだけだと。

イノベーションを起こしているだけだっていう話ですね。

あのひな壇に出ないっていうのも、絵本を無料公開したのも、収入源を報告したらダイレクト課金の方にこの写したのも、やっぱり必要に迫られてですね。

あの既存のルールで幸せに生きていけるんならば、僕は既存のルールに従って生きていたと思います。

なので何でもかんでも新しいことをやるんだ、という暴れん坊ではないということですね。

僕のサロンメンバーはご存知だとは思いますが、僕はですね歴史文化オタクでですね、結構そういったもの結構所がめちゃくちゃ大事にするやつなので、だいたい歴史の文脈を遡って「こうでこうでこれを大事にして次こういうことやっていきましょう。」みたいなことをするので。

とにかくもなんか破壊だみたいなやつでは決してないということですね。

とはいえイノベーションと呼ばれるアクションを起こしがちな人物であることは確かでそういうことをこれまで何度も行ってきましたと言う事を何でもやっているとですね、イノベーションを起こした時に発生する注意の行動パターンが見えてくるんですね。

その話をしたいんですけれども、まずイノベーション起こす時に必ず現れるイノベーションの邪魔を する人ですね。

いわゆるイノベーションキラーズ恋のベーションキラーは基本的に3タイプの人間で構成されています。

一つ目がですね既存のルールを信じてる人ですね。

もっというと既存のルールで成功している人って言い方をしてもいいかもしんない。

一つ目既存のルールを信じているイノベーションキラ目

二つ目は折り合いをつけた人 折り合いをつけたイノベーション切られ

三つ目は内容がよくわかっていない人

大体この三つのイノベーションキラーと呼ばれる人この三つのどれかに当てはまる既存のルールを信じてる人が折り合いをつけた人が内容がよくわかっていない人に説明していくとですね、市のその既存のルールを信じてる人という説明に関したですね多分ひな壇の一件がわかりやすい例かもしんないですね。

えーと僕が何年か前に言った10年くらい前ひな壇に出ないっていうのは言ったんですけれども、それって僕の判断であって、ひなための否定ではないですよ。

ただひな壇を主戦場とする人たちからすると「ひなたん以外で食っていける芸人が増えてそっちに面積が取られてしまうと自分たちのトリムがちっちゃくなってしまうからふざけるな」となって、芽を摘みに なんかこれはね難しいとこですね。

あのなんていうものに稼ぐも結構何でも前から言及しているんですけれども、やっぱりねスマホでテレビ見るようになったら登場人物を祈ってね面白い面白くないの前にね見にくいんですよね。だから、まあひなだんごむの西野亮廣でがいいんじゃないかな 台所がないなーっていうを言ってんだねあれなので何もありがとうございますアメトークをやっていた美奈子さん立っているだけでもまあなるようなんですけれども悪いなりに頑張って 僕もね何回も言われたんですよ、キンコン西野やってることわからん嫌いみたいな芸人なのに何やってんの嫌いとかこの前非常に興味深いツイートがあって思わず苦笑しちゃったんですけれども、その文面がですね読み上げますね。

キンコン西野嫌いだからなぁとふと思ったんだけど、なんで嫌いなんだろう何も知らないのに。

ですすごくないすか知らないのに来られるって凄くないすかでもね。

どうやらこれはね知らないから嫌いなんですよね。

お友達の検査が言っていてなるほどなと思った言葉があって、知らないということ嫌いという感じはかなり近いうちあると。

あとで聞いたらネタ元はセカオワらしいんですけど、その最高つまり僕らが嫌っているものを嫌っている理由を分解していくとそのほとんどが知らないであると知らない怪しい宗教か何かでしょ。

だってさんから金を取るなんて作者嫌いですねさんからお金を取ることがアウトだったら、世界中の絵 活動停止なんです。

けれども面白いのがファンクラブは嫌いじゃないんですよ、知ってるから。

イノベーションの前に必ず立ちはだかる最大の壁はこれですね。

イノベーションと世の中のために行うものなのに、世の中の人が知らないものだから、世の中から攻撃されちゃう。

この壁を突破する一番の方法は以前もお伝えしたと思いますが、すぐにで結果を出す。

内容理解できなくても、数字が理解できるので。

つまり100 M を10秒台で走る人よりも9秒台で走る人の方が凄い事は誰でも知っているので、その時初めて聞く耳を持ってもらえる。

その数字で結果を出すという作業とほぼ同時にやらなくちゃいけない作業は何度も同じ説明をするですね。

一番の敵は知らないなので、そこを徹底的に潰さない。

そしてもう一つイノベーターの近くにいる人いますね。コアファンと呼ばれる人もしくは関係者この人たちが絶対にやっちゃいけないのはその話も聞いたよ ツッコミですね。

イノベーションを起こすために知らないが潰さなきゃいけないので同じ話同じ説明を何度もしなきゃいけないさーも初めて話してますよって言った感じでね。

その時にそんな話も聞いたよって言った感じで同じ話をすることがアウトになってしまったら、イノベーションなんて起こせない。

つまり見落としがちですが、その話も聞いたよと突っ込みを入れる鋼板および関係者もイノベーションキラーであるということですね。

ここの会話本当に気をつけたほうがいいと思います。

僕はそのメンバーに同じ説明しますよっていうことを何度も説明しています。イノベーションを起こす人はここ一番気をつけた方がいいですよっていうのが今日のお話でした。

それで来ない1日をお過ごし下さいキングコング西野亮廣でしたではまた

スポンサーリンク

voicy 西野亮廣エンタメ研究所