マネタイズの場所を明らかにして、正しいアプローチをしよう!【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

YouTubeの収益なんて1円も要らない

キングコングの西野亮廣です。お笑い芸人をしたり、絵本作家をしたり、国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしております。

この放送は“間違いのない実験です、オバタタクミ”さんの提供でお送りします。オバタさんどうもありがとうございます。

僕はエゴサーチをけっこうするんですが、 Twitterは5年くらい前にほとんどツイッターを止めていて。

そのアカウントで何してるかって、大体リツイートかエゴサーチをしています。

調べものをしていると、自分のアプローチに対して、どういうリアクションが起こっているのかなっていうのを見たりしているんですが、そんな中、2020年のツイート大賞ですね。

こんなことはこれまでやったことないんですけど これは本当にいいツイートっていうのを見つけたのでご紹介したいと思います。間違いなく今年のツイート大賞ですね。結構刺さるよ。

加藤さんていう方のツイートなんですけど、読み上げますね

「堀江さんやキングコング西野さん、箕輪さんへの批判は、行動して分析して改善して戦略立てて、自分だけ使える武器を育てて、その武器を使って市場を作って、努力をせずに成功するなんてずるいビジネスするなら知名度に頼らず匿名でみんなと同じ竹槍持って、正々堂々と戦ってみろみたいなのが多いよね」

っていうツイートですね。

もうなんかでも補足のコメントがひとつもいらないぐらい、世の中の批判っていうのも見事に捉えているなと思っていて。 もうなんだろうなその「行動して分析して改善して戦略立てて自分だけ使える武器を育ててその武器を使って市場を作るのが努力じゃないのだとすると、お前らのいう努力って何なんだ?」っていうやつですね。

そうだな、、ボクシングの王者の井上尚弥選手に「走り込んで、減量して、厳しいトレーニングを重ねて、適切な場所に適切な筋肉をつけて、戦略を立てて、試合に臨んで、得意のパンチを放って、努力をせずに試合に勝つなんてずるい!戦うのなら一切の走り込みもトレーニングをせずに贅肉をぶら下げてみんなと同じように正々堂々と戦ってみろ」って言ってるようなもんですね。

このツイートは誰かを妬む自分を見つけた時に改めて読み返してみると、良いツイートだなと思ったので、本日ご紹介させていただきました。

いうわけで今日はですね。マネタイズの場所を明らかにして正しいアプローチをしようというテーマでお話ししたいんですけど、すいません前置きが長くなっちゃって

マネタイズの場所は明らかにして正しいアプローチをしようという話ですね。

僕はVoicyに上げた音声をですね。うちのマネージャーが YouTube にコピペして YouTube でも毎日更新しているんですけど、時々ね深夜に思い立って、作業をしてると「なんかちょっと休憩したいな」と思ったとき、深夜に思い立って YouTube ライブすることがあるんですね。昨夜もしました。

そこで皆様からの質問だとか、ご相談にも本気で答えていたりするんですが、本当にたいした事喋ってないです。

無駄話ですよ。その中でねポロっと僕が YouTube の広告費収益は1円もいらないということを言ったんですね。

もういらないっていうか、吉本にお世話になってるから吉本に半分入れて、もう半分はどこかに寄付するか何かに使うと。少なくとも僕の財布には1円も入ってこなくていいっていうことを言ったところ、

そしたらですね。「さすがにそれは嘘だ!」みたいな 「YouTube の収益がいらないなんて嘘だろ!」みたいなコメントがブワっと続いたんですね。でこうやって多くの人は見てるんだなぁと思ったんですね。

「もっと〇〇をしたら再生回数が増えてチャンネル登録者数が増えますよ」っていうコメントもあって、それに対して
「別に再生回数増やしたいとも思わないしチャンネル登録者数を増やしたいとも思わないんですけど」っていうと、
「さすがにそれは嘘だ!」みたいな 「YouTube をやってて、再生回数やチャンネル登録者数を増やそうと思わないなんて強がりだ!』みたいなコメントが結構あったんですよ。

なるほどと思ったね。これに関しては、以前ごシナジーマップでご説明させていただいたんですが、改めて思うのが、目先の利益を取りに行く人および目先の数字しか見えない人っていうのは本当に本当に多いんだなーっていうことを思いました。

改めて僕キングコング西野の方針をご説明させて頂きます。

とね僕は25歳のあの日から広告費をベースに活動するの徹底的に止めて、ダイレクト課金に集中しているんですね。

全体重をダイレクト課金に載せていると。

ときどき趣味のように広告仕事をしますが、あくまで自分の体重はダイレクト課金のほうに載せているんですね。

クライアントさんだとか、その間に入る企業・サービスの都合で活動内容を変更しなきゃいけなくなるのが嫌なので。

YouTube もまたしかりで。例えば YouTube の仕様が変わった瞬間にそれほど暴言は禁止となった瞬間に暴言が吐けなくなるのとかがすごく嫌なんですね。まあ元々暴言を吐くことには1ミリも興味はないので、例えとして捉えておいてください。

ハンドルを自分で握っておきたいという気持ちがすごくすごく強くて。そうなってくるとね、広告ビジネスじゃないんですね。

ハンドルを自分で握ろうと思ったら、お客さんを楽しませて、お客さんから直接課金してもらうっていうシンプルな投げ銭スタイルの方が性に合ってるって言う事ですね。

テレビを作るよりも Netflix 作りたいという感じです。
だから、オンラインサロンをやっています ということです。

キングコング西野の活動費を生んでいる場所っていうのはオンラインサロンなので。

こうなってくると、その他の活動はオンラインサロンメンバーが増えるようなアプローチをすることになってくると思うんですけども、その時に YouTube でメントスコーラをやってね、再生回数を稼いでも仕方ないわけじゃないですか。

メントスコーラの動画を見た人がオンラインサロンに興味を持つことはないので。

となると、キングコング西野にとっては、メントスコーラで再生回数を稼ぎに行っている時間が全く無駄なんですね。それで再生回数が100万回以降がそこに費やしてる時間が全く無駄って話です。

今どき、メントスコーラで再生回数を稼げるかどうかについては、この際ちょっとさておきですね。その時間が全く無駄であるっていうことですね。

あと属性ってのもありますね。オンラインサロンに興味を持つような人たち、いま僕もそうですが、そう言うとタチって時間をいかに効率的に使うかっていう考えは持っている人が少なくないので、その人たちに向けた YouTube は時間を奪わない YouTube なんですね。

だから、音声にしてます。何かをしながら、料理をしながら、ドライブをしながら、運転をしながら、電車に乗りながら、何かしながら受け取れるように音声にしています。

この場所を明らかにして正しいアプローチをするっていうのは、本当に気を付けた方がいいと思います。

キングコング西野をやるとしてね 「YouTube でメントスコーラで再生回数を稼ぎに行くことが、キングコング西野にとって損失である」という計算を立てられる癖を身につけておいた方がいいと思います。

そこで100万回再生やったー!って言ってる場合じゃねえと。それはくれぐれも YouTube 広告費を収入源にしてる人は、それは正解なんだけれども、ダイレクト課金を収入源にしようとする人の正解はそれではないっていうことですね。

で、今やるアプローチとして、どうすれば最終的に自分の取り分が大きくなるか?ってところまで見越して、どういうアプローチをしたらいいのか?ってことを考えられるようになると、すごく楽しくなると思います。

というわけで今日はマネタイズの場所は明らかにして、正しいアプローチをしようというテーマでお話しさせていただきました。

それでは素敵な1日をお過ごしください。 西野亮廣でした。

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク