芸人キングコングが支えた日本芸能史【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 2020/1/16】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

どうもキングコングの西野亮廣です。お笑い芸人をしたり絵本を変えたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしております。

この放送は大阪を盛り上げたいモウリヒデアキさんの提供でお送りします。モウリさんどうもありがとうございます。

さて今日はですね芸人キングコングが支えた日本芸能史というテーマでお話ししたいと思います。まあその自分たちがやったことを自分で語るのはどうなのかなという気ももありつつも、ただこれは金額の事と言うか時代の変換器の記録として多分皆さんで把握しておいた方がいいと思うので、ちょっと頑張って喋りたいと思います。

改めましてなんですがキングコングというお笑いコンビを組んでいます。ここでまずキングコングの仕事内容整理しますね。僕らが二人並ぶのは週に1回のYouTubeチャンネル毎週キングコングと、劇場の漫才ぐらいなんですね。デビュー当時から今も変わらず大阪にある、なんばグランド花月にですね、月に一週間ぐらい通っていますと。

毎日2、3ステージあるのでだいたい月に20ステージほど漫才をしています。

意外と漫才してるね。

今日二人が並ぶのはここぐらいですね。これに加えて時々地上波テレビに出ていて、僕は引きこもり生活ではかっこいい言い方をするとそもそも日本にいないことも多いので、地上波に出させていただくのは作品が完成した時とゴッドタンと東野さんに呼び出される時ぐらいですね。あと裏でコソコソとやっておりますと。

梶原くんはYouTuberカジサックとして働いていて、現在チャンネル登録者数がどれぐらいなんだ160万人ぐらいで。多分芸人の中で一番じゃないですかね。僕は月額1000円の西野亮廣エンタメ研究所を運営しておりまして、会員数は現在35000名国内最大となっていますと。

昨日梶原君に聞いたら2019年の休みは年末の三日間だけだったんですって。僕は僕で完全オフというのは気もないですね。二人とも意外というのはあまり見かけないくせに働いているみたいです。

こんなことをしているとですねよく稼いでるんでしょみたいなことを言われるんですね。

なんか梶原がユーチューバーで稼いで、西野は同じサロンで稼いでるんでしょ。みたいなことを言われるんですが、おそらくキングコングを切るときは稼いだ額で語るよりもお金の出所で切った方が本質的だなと思ってます。

 

ここでね一般的なタレントさんのお金の出所は改めてご説明しますね。

レビが始まったのかね1950年代なんですよ。確か1952年ぐらいに出たはず。普及してんのはもうちょっと後かもしれない。

1950年にテレビが始まって。なのでテレビの歴史って60年とかもう70年になるんですかね。すごい続いてますね。

こう考えると結構ついてるテレビのビジネスモデルはどうなってるかって言うとご存知だと思いますが、基本広告費で待っていると。

 

スポンサーさんが広告費として番組制作費用ですね、出してまあなんだろう広告代理店みたいなも間に挟みつつですけど、番組の制作費からタレントのギャラになると。

番組の合間にCMを挟んでそのCMを見た一部の視聴者さんが、CM商品を買ってくれてスポンサーさんの売上に繋がると。

スポンサーさんが、またその売り上げから番組の制作を出す。番組の制作がタレントのギャラになる。

なんとなくこんな感じですね。広告代理店の存在とかそういった細かいに忘れてください。

で整理すると実はめっちゃくちゃめっちゃくちゃ間接的ではありますが、視聴者がタレントにギャラを支払ってる商品を買うことで商品を買うことだよテレビ見んですの登場 

お客さん、スポンサーさん、タレント、広告代理店、テレビ局

 

これがYouTubeになるとですね。登場人物が3名に減るんですよ。お客さんスポンサーさんタレントですご存知の通り広告代理店とテレビ局が削られるね。YouTubeもテレビ同様に広告ビジネスではあるのですがお客さん視聴者さんが払ってるお金がタレントに渡るまでの距離がグッと短くなってるとこれは大きな大きな変革でこれによってタレントはですね職員及びこれに大きなスタッフさんに気に入られるっていうのと企画書を通すという作業を無視できるようなんだこの作業をタレント60年70年から来たんですけどももうやめたって言ったのが梶原君ですね

 

立法ですね相方の西のビジネスモデルはどうなってるかって言うとこれはもう広告ビジネスですらないんですね。

 

表現の誤りですね商品紹介してないんですよお客さんから直接お金をいただくダイレクト課金ビジネスですねここでの登場人物は2名に減りますお客さんタレントこの二面のみですこれによって何がどう変わったかというと呼び声の大きな差に気に入られるって言うのと企画書を通すという作業が亡くなったのに加えてスポンサーさんの顔色を伺う窺うようもなくなったとあのYouTubeが子供向け動画の広告規約を変更しようが知ったこっちゃないどうだっていいからYouTubeの広告収入なんてでもちろん方とか道徳といったLINEは守りつつお客さんと僕の間で面白いよねと手を結べていたらそれでエコシステムっていうの声の生活

 

やってることは江戸時代だから乞食ですねオンライン代わりです

 

ただどこにもお伺いを立てずに聞かせた表現ができるので結果河***の方が世界にかかったっていうびっくりするお話ですおそらくお金の流れでとらえられていない人たちはどないしたので活動する人に対して外に出てきて勝負しろやみたいなツッコミ入れたんですけどもっともっと俯瞰して見た時に外に出てこれていないのは実は実はお金の出所を握られていて表現に制限がかかっている広告ビジネスの住人ですね。

 

ちょっと難しいですね何でテレビに出ている人が外に出ていないのっていう疑問に対する答えなんですけどもスポンサーさんはCMを見てもらわなくちゃいけないので当然番組の視聴率は高くないと困ると視聴者が求めている番組なよ欲しがっている今の視聴者が求めているのって例えばタレントの不倫ネタですねなので朝っぱらからぶっちゃけどうでもいいタレントの不倫を取り上げるテレビに出るタレントは他のタレントの不倫に対して誰がいいことを出せるかという競技で戦わされる日々ですると評価基準があの人のコメントは切れ味いいよねみたいになる。

 

これ海外に出た時にお仕事されてるんですかって聞かれてタレントですと答えますとどんなタレント活動家が飛んできた時に他のタレントの不倫に対して切れ味の鋭いコメントをしていますと言っても何もならないわけですか外に出ていないってそういうことですねくれぐれもこれはタレント批判ではなくシステムの説明です今びっくりすることが起きていてこんなことは日本の芸能人で初めてだと思うんですけども僕がやっているオンラインで予算からですね広告代理店業頼まれるんですよ要するに予算出すからCMを作って

 

テレビCM7角CMナンバーなのかどこに広告を出すかも決めてスタッフさんのCMタレントキャスティング

 

今度キャリオク転職のCMを作るんですが姫企画にもってこいだと思ってCMタレントとして絵本作家に転職したんだよCMができるまでの過程を自分達のYouTubeチャンネルで追いかけるので活動が雪だるま式に大きくなるとまとめるとですねこのサイクルによって企業の広告費が広告ビジネスで生きている人たちからダイレクト課金ビジネスで生きている人および経済的自立してるタレントさんに支払われ始めましたこれは怖い話ですということでした。

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

スポンサーリンク

voicy 西野亮廣エンタメ研究所