プロの思考量と努力量を侮るな【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本を書いてあるですね国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしております。

この放送はどっちらが名前がわからない満優希さんの提供でお送りしますどっちが名前かなみのるさんから結城実さんからご提供ありがとうございます。

さて今日はですね「プロの思考量と努力量を侮るな」というちょっとマッチョなタイトルでお話ししたいと思います。

今日の内容はですね結構なんだろうな

身も蓋もない話になっちゃうかもしれないんですけれども、僕の愛情だと思ってなんとか受け止めてください

僕はですねよく「影響力がある西野さんだからできるんですよ」「僕なんかがやっても・・・」みたいなことを言われたりするんですね。「西野さんだからできるんだよ」みたいな。

で度々言っておりますが、その台詞を吐くからにはですね、最低限僕と同じ分だけ発信しとかなくちゃいけない。

ちなみに僕は、毎朝VoicyとYouTubeで配信して、毎朝ブログを書いてオンラインサロンに3000文字ほど書いてほぼ毎朝自分のオンラインショップで受付た本にサインを入れて、梱包して配送しております、と。

これが朝のストレッチで9時ぐらいに終わらせて、ここから仕事が始まります。

映画作ったりだとかですね、絵本作ったり、漫才したり、講演会に行ったり、国内外の個展会場に足を運んだり、美術館の打ち合わせをしたりだとか、うんたらかんたら。

1日平均19~20時間ぐらい働いています。

これの生活を20年間ぐらいしているって言うのが僕ですね。

毎日これと同じ分だけ発信した上で、自分の方が結果が出ていない。というのであれば「それは西野さんだから」っていうのは成立すると思うんですが、おそらくほとんどの方が僕の1/10も発信してないと思います。

で、この話はですね、以前もさせて頂いたと思うんです。

「そもそもお前努力してねーじゃん」っていう「なんか才能のせいだとか環境のせいにしているけれども、そもそも西野よりも1/10も努力してねーじゃん」って言う。「じゃあもう才能とか環境とか語る資格をお前にはないよ」っていう結構強い結論になっちゃうんですよ。この話をさせて頂いたと思うんですね

で今回、また改めてこのような話をさせて頂いたかというと、おそらく作っている人の思考量と努力量を全く想像できていないんだろうなあと思うことがあったんです。

なにかと言うと、昨日の話なんですけどね。昨日の配信では「寝起き1分後にでもRecボタン押して。寝坊しちゃったんで、僕毎朝7時に配信しようと思っていたんだけれども、昨日は寝坊してしまって。

プロジェクトが他のプロジェクトに影響を及ぼしているのかを可視化するマップを描くことが非常に重要ですよ」みたいな話をさせていただいたんですけども、それを配信した直後からですね、さすがに嘘だろうみたいなツッコミが入った結構あったんですね。なんか「これはさすがに文書整理しているだろう」みたいな。

この現象とですね、近いところで言うと、去年の近畿大学の卒業スピーチで15分ぐらい僕がノープランで出てきて喋りましたって言った時に、さすがにノープランは嘘だろうみたいな、これは食ってるよ見たいな。

では台本があるよみたいなゴミが結構入ったね。なんかもう鬼の首を取ったように。実はこれ台本あるのにお金ないって言ってで喋ってうんちがいないとか昨日にしたってこれは文章をまとめているのに音を切ってでしゃべってさも生んだ天才ぶりを演出してみたいな感じのツッコミが入った。

で厳しいことを言うとですね、そこでそう思ってしまうからお前はダメなんだよ。っていうことを思いました。

まあ例えばですね、ウサインボルトが準備運動なしで200mを11秒台で走れるよって言っても、さすがにそれは嘘だろうとは言わないじゃないですか。

ウサインボルトだったらあるんじゃないかなみたいな思いますね。

プロ野球の四番バッターが寝起き一発目のバッティング練習で柵越えホームランを打った時には、嘘だろうとは言わないですか。

プロってやっぱこれ準備してこれぐらい入ってるんだなーって思うじゃないですか。

つまり皆さんアスリートの場合は想像できる。

準備運動無しでこれぐらいできるから寝起きの状態でもこれぐらいのパフォーマンスができるから、本番であれだけの結果が出せるんだろうなっていうプロの場合はなんとなくみんな整理がついてるんですよ。

トークやアイディアっていうのもこれと全く同じで、何時であろうとも喋れる準備ができているし、寝起きで頭が回っていない状態であろうと、全員を唸らせられるほどのプレゼンができる準備ができているから、結果が出せるって言う話ですね。

10分ちょうどで話をまとめるのは簡単だし、もう終了2秒前に、「すみませんあと1時間延ばしてください」って言われたらそこから1時間飛ばして、1時間後にクライマックスを持っていくことも余裕だと。それができるだけの努力をプロと呼ばれる人はずっとしている。ずっとないとそれこそね僕の友達でショールームサービスの代表の前田さん前田裕二さんは3年前だったかな。お誕生日会ですごくお酒飲んで急性アルコール中毒で運ばれたことがあるんだけれどその時に救急隊員に声をかけられるんですが、その救急隊に声をかけられた時に意識がない中ずっとショールームのサービスの説明を理路整然としていたんですよ。

ずっと彼からするとサービスの説明なんか何回もしているからその口の動きを口が記憶してるって言う事ですね。それがプロですね。それが食っていける人です。あの意識がなくても、お客さんを満足させことができるって自分が手がけているサービスのプレゼンぐらいだったら意識がなくてもできる状態に持っていってる人がプロですね。

でさすがに寝起きは嘘だろうっていうツッコミを入れてしまっている時点で、そんなはずはないだろうと思ってしまってるって話なんで。っていうことですね。昨日の配信を聞いて寝起きで喋ってますみたいなこと僕が言ってね、うちのスタッフはまさか嘘だろうみたいなことは言わない。おそらくうちのサロンメンバーもそんなこと言わない。

昨日の配信を聞いていい子にしてますみたいなこと言ったら家のすぐに喋れないと話にならないよねとなる疑わない、そらそうだよね、それぐらいやらないと、それぐらいやってようやくスタート地点なんだから。っていう風に整理するということですね。

毎朝のサロンのと有料の投稿なんて、まさかこの人かYouTubeじゃないですよ。ここでは古典的なことしか喋っていないので、当然僕は酔っぱらった状態でも、意識は飛んでる状態でも、これぐらいのことは喋れるし、これぐらいのことでしゃべら話振られても理路整然と答えられるいうことですね。本当かこの日じゃないサービス

皆さんが思ってるよりも修羅の国ですっていうことですね。

こちらに来られるのであれば相当の覚悟を持っていらしてください、というそういうお知らせでした。

というわけで今日はプロの施工量と努力量を侮るなというテーマでお話しさせていただきました。

ちょっとなんか怖いないようになってしまって申し訳ございません。

でも非常に重要なことだと思います。それでは素敵な1日をお過ごし下さいキングコング西野亮廣でした

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク