テレビは何故、時代から遅れをとるのか?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 2020/1/7】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

テレビは何故、時代から遅れをとるのか?

「高齢者メディア」となったテレビ

エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送はさくらだ巡査の提供でお送りしました倉田さんどうもありがとうございますさて今日はですねテレビはなぜ時代から遅れをとるのかというテーマでお話ししたいと思いますえーっとねどっから喋ったらいいのかなあの以前ね相方の梶原君のYouTubeチャンネルに出た時に梶原君から2時のでも未来を読み違えることってあるのを見たこと聞かれたんですが雨結構ブックあってそんなことはそこで言ったのはですねあの僕が一番これ間違ったなという道があったなぁと思ったのっていうのは時代はものすごいスピードで変わったのにテレビは変わらなかったって言ったんですねまあそのテレビは時代と伴走するものだと思ってたら自転は未来

 

向かってテレビは伝統芸能の方に向かった後でここでくれぐれも言っておきたいのは別に伝統芸能を揶揄しているわけではないと僕文化オタクなので歴史オタクなので熟成されたものには目がなくても自然も好きだし伝統芸能伝統工芸落語もむちゃくちゃ好きですねテレビが伝統芸能の方に向かうっていうのはそれはそれでアリだと思っていたりしますタンスをちゃんと明確にしておかなきゃいけないなと思ってテレビが下の方に向かう別にいいんじゃないのと思っていると実際それによってたくさんの人を楽しませているは間違いないので伝統芸能の方に向かうっていうことがアウトだって言ってるわけじゃない

 

ここではテレビがなぜ伝統芸能の方に向かったのかっていう話をしたいのですがおそらく

 

tv版的にはね

 

伝統芸能をしたいと思ってなかったはずなんですよなのでもうちょっとこう的を絞るとですねテレビが伝統芸能の方に向かわざるを得なかった背景には何があったのかという話をしたいと思いますまあテレビが時代から遅れをとった最大の理由は説明するまでもなく人口ピラミッドの問題がありますね第2次ベビーブームは1971年から74年ぐらいかね生まれの団塊ジュニアピークに子供は減り続けているんで

 

早い話今の10代20代が興味がある内容をお届けするよりも今の50歳以上の方が興味を持っている内容をお届けした方が視聴率が取れるって言う単純な子の人口ピラミッドの問題がありますねとなってくると当然ブロックチェーンの話なんかよりも芸能人の不倫だとか他人の不幸の方がメシウマなのでどうしてもそっちの比重が増えるとテレビを伝統芸能の方に走らせている理由として一番大きな人口ピラミッドの問題ですねでもこれはどっちかって言うとテレビが高齢者メディアになったっていうわけであって今回お話ししたいのはテレビはなぜ神代から遅れを取るのかっていうことなのでこれで微妙にちょっと違うんですね

 

令和時代から遅れをとるということと年齢とあんまり関係がないと思っていて古臭い10代も言えば若い60代もいるのでなので今回お話ししたいのはテレビはなぜ時代から遅れをとったのかっていう話ですねねこれに関して僕が実際に経験して思うねテレビが未来を迎えに行けなかった理由っていうのは僕が思う中では最大の原因ってなテレビ画面のサイズですねテレビ画面サイズがでかいじゃないですかサイズがでかいから登場人物が多いですよね

 

10人とか20人とか平気でいるきななんとかそうですね場合によっちゃ芸能人100人大集合みたいなものもあったりするこれYouTubeじゃちょっと考えられないですよね

 

これが何を意味しているかというとテレビに出演する側芸能人側に立ってみるとご理解いただけると思うんですがこれだけ人数が共演者がいる中で爪痕を残さなきゃいけないのがタレントさんなんですね

 

わずかな隙を見つけてボケなのかツッコミなのか何かしらアクションを起こさないと次番組に呼ばれないんですよつまりはてな

 

ということですね

 

構造上待てないんですよふんふんなるほどと話を聞きたいんだけれどもその途中でライバルのタレントがツッコミを入れて笑いをとったりするから先を越されないように言われ先にと手柄をあげに行くんですねもうここは突っ込むことでもないんじゃないかっていうようなところまで無理から突っ込んでここで手柄を上げとかないともしかしたらここを逃したら誰かなと思ってとるかもしんないから我先に手柄をあげに行くんですねでもね新しいものを説明する時って何がどうしてこうなってるからこういう問題が生まれてその問題を解消するために今回はこういう方法をとっていますっていう前提知識の共有が必要ですよねつまりじゃんけんを知らない人にあっち向いてホイを説明しなきゃいけないとなるとまずは母が髪で空が石で

 

チョキがハサミなのでチョキはパーに買ってって言うじゃんての説明からしなきゃいけないわけじゃないですかその時にその現場に手柄を急がなきゃいけないタレントがいるとですね

 

goo

 

ガイシ輪切り分かるけど誰が紙みたいな横槍を入れたりするわけですか入れざるを得ない訳じゃないですか

 

前提知識の話の腰がおられるんですねだからその世界に住む人たちは一生あっち向いてホイまでたどり着けないでもあっち向いてホイをやった方が楽しいじゃんあっち向いてホイ楽しいじゃんだけれどもあっち向いてホイの楽しさまだ知らないから手前で話の腰を折って笑いを取ってその日の収穫にしちゃうっていうことですね2016年頃に僕がテレビ出演している時の動画とかがYouTubeにアップされていたりするので是非見て頂きたいんですが基本これが凝ってますね

 

じゃんけんの説明をしているキングコング西野が頭おかしいやつみたいな扱いになっている何か分かんないクラウドファンディングが説明している僕をタレント前入れバカジャネーノみたいな感じでいじるみたいな番組を作るもなんとなくそんなことになっていると

 

これはその当時の

 

テレビマンが悪いっていうかタレントが悪いっていうか登場人物が多くなると手柄を急がなきゃいけなくなるからそうなっちゃうよねっていう話ですね

 

悪くないっていうことですこれ人数の話だぜ

 

テレビ画面人数の話なのでテレビ画面が大きくても登場人物が少ないダウンタウンなうとか普通にオンラインサロンな話ができたりする今オンラインサロンでこういうことが起きていてこういうお金の流れになっていてみたいのでダウンタウンさんも坂上忍さんも駄目だものでは別に手柄を急がなきゃいけないわけじゃないのねだからテレビを伝統芸能化させているのは人口ピラミッドの問題つまりへと年配者は未来に興味がないからっていう問題だけではないっていうことねダウンタウンなうでしゃべるんだよ

 

8まとめますね今日はテレビはなぜ時代から遅れを取るのかっていうテーマでお話しさせていただいたんですが結論はテレビ画面がでかいから

 

人数が多いから人数が多くなると手柄を急がなきゃいけなくなるから手柄を急ぐとなると話を腰を折るしかないから話の腰が怒られてしまうと未来の話ができなくなるそういうとこですねこういった感じで人に罪をなすりつけるのではなくてシステムに罪を擦り付けたらまた別の答えが見えてくるので結構おすすめですこれはテレビの話だけではなくて会社出たチーム作っときますね西野亮廣エンタメ研究所では最新ビジネスに関する記事を西野亮廣が毎朝登校しております2000文字か3000文字ぐらいですかねえーと結構本気の記事をビジネス帳に書くような以上の記事を毎朝投稿しております興味がある方はぜひ覗いてみてくださいというわけで今日はテレビはなぜ舌から遅れをとるとかっていうテーマでお話しさせていただきましたそれでは素敵な1日をお過ごし下さいキングコング西野亮廣でした

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク