挑戦できるサラリーマン、挑戦できないフリーランス【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

今日は挑戦できるサラリーマン挑戦できないフリーランスというテーマでお話ししたいと思います。

僕はこうしてVoicyにUPした音源をマネージャー須藤くんがYouTubeにコピペしてくれているんですね。

でもYouTubeはサムネイルが超大事だと思うんですが、丸投げしておりました。タイトルとか写真とか全部丸投げしています。須藤くんが改善する力を身につけたほうがチームの生産性が上がるから、そういう形を取らせてもらっているんですね。

 

YouTubeをやっていると、時々お客さんから

「西野さんYouTubeは企画を練ってきちんと顔を出して、喋りにテロップを入れたほうがバズりますよ」

っていうアドバイスをいただいたりするんですね。

 

「今のやり方のままではYouTubeでバズりませんよ」みたいな。

このご意見を下さったのが、アンチの人ではなくて、本当に良かれと思って言ってくださっているので、お礼の意味を込めて、こういう考え方を持ってみてはいかがでしょうかっていうお話は今日はしたいと思います。

 

まず大前提としてキングコング西野はユーチューバーではないというところですね

 

込み入った話をすると、YouTubeをメインの収入源していない。

でキングコング西野の収入源で言うと本の印税とかありますが、一番大きいのはオンラインサロンだと思います。

月額1000円で現在会員数が34000人なので、ざっくり計算月収が3400万円。年4億円。

このお金は税金とですね残りはエンタメに全額ブチ込んでいるんですね。

 

例えば、美術館作ったりだとか、絵本一冊作るのも、僕は分業制でやっているので、一冊2000 – 2500万円かかったりしているのでそういったお金がオンラインサロンの財布から出ているっていうとこですね。

 

 

オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」では僕が毎朝ビジネス書に掲載する以上の内容の記事を投稿しているんですね。

本当に毎朝です。大体2000文字、一年365日毎朝。

ビジネスに関する2000文字ぐらいの記事を投稿しようと思ったら、当然それだけの量のインプットを僕は毎日し続けなければならない。インプットしないとアウトプットするネタが生まれないからとなってくるとまず大前提としてルーティンが動いてしまったらもう不可能です

 

レギュラー番組を持つなんてもってのほかで「レギュラー番組7本持ってます」っていう生活をしてしまったら、「月曜日はこの仕事、火曜日と水曜日はこの仕事…」っていうルーティンに入ってしまって、入ってくる情報が抱いて固定されてしまう。

 そうすると、オンラインサロンの毎朝2000文字の記事を書くのは、ちょっと難しくなってくると。

 

僕はやらないといけないのは、記事を毎朝書かなきゃいけないから、とにかく毎日実験を繰り返してその実験結果を報告するっていうことですね。

「あそこ掘ってみたけど何も出てきませんでした」っていうレポートにも価値があるわけです。逆に言うと、ある程度の収穫があることをみんなが知っているところに入って、「こんなことになりましたよ」っていうレポートをやったところに価値がないんですね

 

きちんと顔を出して、喋りにテロップを入れたYouTubeチャンネルを僕がやったところで、それはオンラインサロンの記事はならない

 

でこの音声コンテンツを今僕はこう喋ってるこの音声コンテンツにスポットを当てて整理すると、

  1. 僕がVoicyに音源を上げると
  2. その音源をスタッフがYouTubeにあげる
  3. その音声YouTubeチャンネルはどうなのかという検証結果をオンラインサロンにあげる
  4. ビジュアルではなくて音声なので文字起こした時に魅力が落ちないから読み物にすることができる
  5. 最後にオンラインサロン入会ページのリンクを貼ることでサロンメンバーが増える

 

この音声コンテンツは、ご覧の通り二毛作ならぬ五毛作ですね。

 

YouTubeで動画で廃道持って行ってしまうと

「3.音声YouTubeの検証結果をオンラインサロンにあげる」って言うのと
「4.記事化する」っていうことと
「5.オンラインサロンの会員が増える」っていう、

この3と4と5が取れない。

 

さらに、この五毛作のほとんどで僕は稼動していないですね。僕の稼働が極めて少ないということ。

僕が稼働しているのはVoicyにあげる&3の検証結果だけ。2・4・5は他のかたが行ってくださっていると。

 

仕事をする時っていうのはこういった感じでいかに連鎖を作るかっていうことが第一で、単体で回収することしか考えていない人は結構大変だと思う。

これとは別の話でね、先行者利益って物がある。

 

YouTubeで言うとHIKAKINさんとかそうですかね。最初に始めた人が受ける恩恵のことですね。ここを取りに行くことが非常に重要となってくると実験は大事なんですね

 

実験できる余裕があるうちに実験しておいた方がいいよってのが僕の結論なんです。

そうだな25歳で本を書き始めた時も「絵本っていうものはそうじゃない!もっと丸っこいカラフルな柔らかいキャラクター出てきて…!」

みたいな感じで、すごい否定された。

 

僕の絵本は書き込んでるから「もっと丸っこい柔らかい子供は丸いものが好きなんだ!」みたいな。

でもそんな絵本は僕が書かなくても、世の中にたくさんあるわけじゃないですか

 

僕は随分と書き込んだと制作に3年かかってしまうような、これが受け入れられるかどうかわからないんだけれども、絵本以外の収入があったから(僕はテレビ出ていたからね)その書き込みに手を出す余裕があった。

 

余裕があるんだったら、未開拓地に繰り出した方がいいですね。

 

そこで新しいものを掘り起こせたら、それこそ戦争になるともったいないなと思うのは月金で働いて生活しているいけるほどの余裕があるのに土日にお手を出すのって本当に不毛だなと思っていて。

世界中で一番多いきた経験ができるのは調整ができるのは働いて生活費が補償されているサラリーマンでそういう環境にある人ってなどうに攻めた方がいいですよね。

 

まさか土日に企画を練ってきちんと顔を出して喋りにテロップを入れたYouTubeチャンネルみたいな答えが出ているとこにかけちゃったそれは古いガスの人がすることだから。

生活費が補償されていないフリーランスの人がやる戦い方で生活費がある人っていうのは017からほぼみんながやらないところに貼って外れ外れ外れ外れて2年目ぐらいに入ってるみたいな。そういうやつ何のために働いてるかってことを考えた方が良い結論ですね。

 

サラリーマンって挑戦するためにサラリーマンやっているっていう考えを持たれた方がいいと思いますっていうのが今日の話でした。

それでは素敵な1日をお過ごし下さいキングコング西野亮廣でした

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク