人口が大幅に減る日本で、日本のタレントはどう生きるか?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

どうもキングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運用したりしておりますこの放送は吉田正美さんの提供でお送りします吉田さんどうもありがとうございますさて今日ですね人口が大幅に減る日本で日本のタレントはどう生きるかというテーマでお話ししたいと思います結構なんだろうな重大なテーマだと思います今年も明けましてです2020年なったのですが去年ですね2019年赤ちゃん出生数がですね90万人を割ったみたいなことが起こニュースになったんですよ俺より2年早かったみたいな

2年度から3年度版ちょっと待ってたんだけどもうちょっと今救助マニュアルだろうなっていうのは予想は当たっていたんですがもうちょっと先だろうなってみんなが予想していたんですが随分早く行ってきたと床の出生数っていうのが2019年ですね過去最少ですね864000人だったとこの864000人だけ言われてしまうとあんまりピンとこないんですが毎年どれくらい生まれたかちょっとわかんないじゃないすかねその1時調べてないからちなみにですね1974年この時はですね200万人以上もあるんですよ

赤ちゃんの数が生まれる赤ちゃんの数はもう半分以下になってしまったっていう感じですねで語られるのはこっちなんですけどもう今赤ちゃんが全然産まれてないみたいなそっちばっか語られるんですけどもそれだけじゃないんですねえーと死亡数が増えてますよあの寿命で亡くなる方が実は増えていて中高齢化社会って言うとなんかなんですかもうなんかずっと長生きすると長生きしてるみたいなイメージがあるんですが当然高齢者が増えるとですねというのも増えてですね2018年

死亡数が出生数を引いた人数ってのはですね44万人ちょっとだったよ初めて40万人を超えたと話題になったぞつまり日本の人口が40万人減っちゃったっていう凄い402001年40万に入ったって話題になったばっかりだったのになんと2019年去年ですねえ50万人を突破したよ512002高そうなんですね2018年に人口が1年40万に入って騒いでた翌年に502001年に50万人人口が減ってる国に僕たちは生きているって言う感じですねでこれを受けて国はね今どうするどうするってなってるわけじゃないからなんかこえー赤ちゃんを産んでくれたご家庭に長袖暑い中こうフォローするのかどうなのかみたいなとこになっているわけですが国はこうなってるんですけど

芸能界ですね僕がいるこの世界にいる人たち

の感覚というかですね僕この世界にあるからね分かるんだけれどお客さんがいないと生きていくことはできない世界ですかここはだけれどもタレントさんってねあまりこの話題をしてないすよあまりというか全然していないですね人口が減ってるとやっぱりトって言ってるタレントさんが見て行った方が人口が減ってるって言う事に対する焦りはまるで感じられないタレントさん達から聞こえてくるのは今やっぱtiktokだよねとか今YouTubeだよねとか

そんなバカすぎやちょっと待ってとくとくYouTubeによって発信者が増えている中日本の場合はお客さんの候補が年間に50万に減ってるんでしょこういう間に減ってんだよでさすがにねみんな人口が減ってることに気がついているんですよでもこれ多分まだね実感がないと思うよね人口が減っているって言うことに対する実感がない原因はいくつかあるんですけど大きく二つだと思っていて自分はあのテレビの視聴率は落ちたんだけれども入れ替わるようにネットが出てきたからテレビの客がネットに流れたっていう整理をつけることできたとかつまり人口が移動したというわけで人口が減っているという残酷な現実をごまかすことができたまだ出来たってことですねちょっと前までは単純にお客さんが横に移動しただけだよねみたいなへってるところから目を背ける降ってきたんですねそれで一つ目の理由ですね二つ目ですここが結構えぐい話だなと

思うんですけどあの出生数っていうのはねそれこそぼと申し上げました1174年とかは200万人ぐらいだったからその頃はずっと走り続けたんですよただ1993年から

2016年の間っていうのは減り続けてはいたんだがその現象が緩やかだったね2016年までは赤ちゃんは減り続けていたんだけれども緩やかだったんですよ理由は1970年代前後に生まれた団塊の世代ジュニアが結婚と出産の時期だったらこの団塊の世代と猫が膨れてるかねここの人たちが赤ちゃんを産んでくれたのでえーとそこまで減り続けていたんだけど極端に減るってことになくなったとなかったとだけれどもいいよそれも落ち着いてきました事実2017年10月頃になると出生する角ハイスピードで減少して赤ちゃんがも極端に減ってるぞ

つまりいよいよ来るって事人口の大幅な減少お食事しなきゃいけない時代がいよいよやって来るって言う事ですね今度はもうテレビからネットに流れたっていう言い訳もない本当にお客さんが減るっていう現実を見なきゃいけないのが今の日本のタレントさんですね僕ら僕のチームはねあの絵本えんとつ町のプペル以降の作品にはですね英語訳を載せるようにもしてるんですねそうすることでホラーの海外で固定する時とか来てのお客様を品の対象者にすることはできるからそれを寄付する時とかもそうですね英語乗せておけばその英語圏の方はまこの対戦することも海外で出版が決まった作品に関してはその国出版社に任せて例えばフランス版とかはフランス語で文字を書く書かれていたりするんですが海外出版が決まる

前の絵本とかはそういう感じで日本語と英語訳を載せている乗せて作ってるとオンラインサロン西野エンタメ研究所でもまあ今の僕らの手持ちの武器を使ってどう海外

かっていう議論をしょっちゅうしていてもちろん今年の年末に公開する映画にとつまっちょっとでも海外展開を見越してプロも使用していると海外用のTwitterアカウント映画糸島食ベルの海外用のTwitterアカウント貼っておくのでリンク貼ってるのでチェックしておいてくださいでまあね結論はんですねこのもうなんだろうなも大した傷じゃないですよそりゃそうだろってきそうなんだけど人口が大幅に減る日本で日本のタレントどう生きるかっていうことに対する答えってのもすげーシンプルに非言語のエンタメをするか翻訳のハードルが低いためするかぐらいしかないと思うよねでタレントさんはもちろんのこと山の形もここから目を背けちゃダメだって変な話ですが応援してるタレントさんが今出た二つから目を背けてしまうと応援してるタレントさんが送って行けなくなるので応援することもできなくなるよっていう話ですでここに感謝本当にどうも

みんなで起動した方がいいなあと思います結論いよいよ日本のタレントさんが言語を無視できない時代が来ましたよっていうところですねえー今日はですね人口が大幅に減る日本で日本のタレントはどう生きるかというテーマでお話しさせていただきましたそれじゃまた明日

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク