絵本を「贈り物」にしたことで見えてきた現実【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 2019/12/25】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

  

キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたりサッカーしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしておりますこの放送はあなたの町の沼涸沼博一さんの提供でお送りします飯沼さんどうもありがとうございますさて今はですね

でもキングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしております

この放送はあなたの町の沼地こといいぬま弘和さんの提供でお送りします伊野さんどうもありがとうございますさて今はですね実はフィリピンにいましてですね

喫茶ヨジハンですかねにホテルを出てでちょっとだいぶに中の方の街に行ってですね絵本3000冊をプレゼントで届けに行くという企画の一環で行ってきたんですけれどで本を届け終わってで今ホテルに戻ってきて夕方の今6時半ですねでこの後もう飛行機乗って帰国するんですけれどもあの今回の音絵本3000冊のフィリピンの子供達にプレゼントするっていうのはクラウドファンディングの企画なんですねフィリピンの子どもたちに本を3000冊プレゼントしたいですみたいなで支援を募ったんですよに専心してくださった方は一人の子どもに絵本を送れる1万円支援してくださった方は5人の子どもに絵本をくれる結局支援のリターンっていうのは

初心に帰ってくるっていうよりかは遅れる件ですねつまりは本当に優秀な意味での支援であったというなんか予約販売というよりかは本当に支援であったっていうことですねそのクラウドファンディングを立ち上げて無事に3000円札文が集まってですね今日その3000冊を届けてまいりましたあのブログの方にですね詳細を書いているんでよかったら覗いてみてくださいちょっとごめんなさいあの哲也って言ったもんですから結構ヘトヘトで声もちょっと疲れていて息苦しいかもしれませんがちょっとお付き合いくださいあのですねまず最初にお話ししたいのは一つ目はビジネス的な話そして二つ目はどっちかって言うと人間的な話をしていたいんですけどまずビジネス的な話から8話するとですね

非常に面白いなとか思ったのが最近よく僕は物を売る時に意味を変えるって言うことを結構こうといているんですね例えばそうだな

AKB

CD

は握手券に身を変えて価値を生んだしビックリマンチョコシールチョコからシールに意味を変えて価値を生んだと移民を移動させたときに生まれる価値ってあるよねっていうようなことですねうちのスタッフとかにこう言っているんですがですねほんとして届けるのではなくて本を一回贈り物としてみようという実験であったんですねそうすると面白いなと思ったのが普通品って普通一人一冊しか買わないじゃないですかだって読み込むものは情報なんだから別に2冊以上いらないですよね同じやつが2冊3冊あっても仕方がないので手本として売ってしまったら一人一冊しか買わない

いいのですが贈り物とした瞬間に1人が5冊買ってくださったりだとか10冊買ってくださったりだとか例えば今回一人の方がですね100冊買ってくださったりとかそういうことが起きたとホント面白いなと思って品を贈り物にするっていうのは一つ可能性としてあるなと思いましたねこれもまたビジネスの話になってくるんですけれども贈り物として成立するようにそもそもデザインして送っていうことが非常に重要だなと思いましたうん例えば本当ねソフトカバーとハードカバーどっちの方が贈り物として機能するかといえばハードカバーですね目は贈り物っていうのは差し入れ贈り物支援員というものはある程度

みたいなが必要だなっていうのを思いましたやっぱりお土産屋さんとか言っても結構ペラペラなものってあんまり売ってないすね例えばそうだなまんだとか漫画とかてなかなか贈り物になりえないと思ってねとかソフトカバーのビジネス書とかいっていうのは面白くないの話じゃないすよ贈り物として似合うかに会えへんかというとあまり似合わないと絵本っていうのは非常に贈り物と相性がいいな

改めて思ってでここはもうちょっと強化して行った方がいいなつまり8贈り物としてもっと贈り物映えするように品の設計を外側の設計をしていくといいかもなーっていうのが今回絵本3000冊を送ってみた時の収穫ですねでこれはどっちかって言うとビジネス的な話ですが非常にねあの僕は両方大事だと思っていたよビジネス的なこともちゃんと押さえておかなきゃいけないし当然それなんかよりも人間的なことも押さえておかなきゃいけないと思っているんですがまあ一つねビジネス的なことで言うと本っていうのは贈り物映えするように設計しておくと品として売ることもできるし贈り物として売ることもできるから8売る面積がとか販売面積が広がるなっていうのが今回行ってみた

ことで感じたとこですねで今のはずっとビジネスの話だったんですけどちょっと僕は今そんなことよりも結構胸を打たれていてあのこっからは全然このビジネスマンからするとあまり面白みのない話かもしれませんが今回ねまずは本当にたくさんの方にご支援いただいてたくさんの方に送り出して頂いて本当に今この場を使って感謝申し上げたいんですけれども

あの送ったんですねプレゼントしたよ子供達に子供達にもどうぞどうぞこれ日本の皆からプレゼントだよ本当にもう僕のインスタのストーリー見ていただけですよほんと人がごった返しているんですね3000人が来るわけですから田舎の町にでもみんなもありがとありがとありがとうってすごい喜んで受け取ってくださるとすっごいも取り合いになるぐらいの熱で結構アレな8時ぐらいにスタートしてまあ夕方のとよじごじぐらいまでずっとやってたんですかねま途中ちょっとお昼休憩とかもしつつですけれどぶっ通しでずっとやってたんでずっとずっとありがとうありがとうと思って言われ続けて

帰りの車の中でそのことをですねまずインスタで報告したんですよこんな事やってきましたみたいな

写真を添えてねインスタで報告したところその支援してくださった方がなんかコメント下さったんですけど

その渡して来てくれてプレゼント渡して来てくれて本当にありがとうございましたって言ってくださったんですよねこれは一人や二人でもなくて今回本当に支援させてもらって良かったです本当にありがとうございましたみたいな

これお礼を言わなきゃいけないのは僕の方なのに

なんか僕支援もしてもらっているわ

俺まで言ってもらえるは何だこれと思ったんですよねうまく今事まだ整理できていないんですがただひとつ言えることは傷ついた人が一人もいなかったっていう今回のプロジェクトは損をした人嫌な思いをした人悲しい思いをした人並みだした人が一人もいなくて登場人物全員がありがとうありがとうありがとうありがとうっていう本を受け取ってくれたこともそうだし僕は遅延したのかとかにありがとありがとうって言ってるし新車の方は渡して来てくれてありがとうって言ってるしこの世界と思ったので僕やっぱり改めて思ったのはこういう世界を作りたいなっていうの本当に強く思いました何か誰かが意地悪したりだとか

せこい人が抜け駆けして一人勝ちする世界てあんまり好きじゃなくてなんかみんなが

win-win

どころか

みんなの幸せの総量が増えるそういう設計をしていかなきゃいけないなーっていうことを今回改めて思いましたあのちょっとグッと来たっていう話ですよでまた改めてね支援してくださったかたにはですねなにかしての形でお礼したいと思います改めまして本当に今回は本当に越しいただきましたどうもありがとうございました今からですね日本に帰ってそして天才万博の方に流れたいと思いますそれではまたどこかでお会いしましょう西野でした

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク