3万人以上の巨大コミュニティーを運営してみて分かったコト【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 2019/12/25】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

どうもキングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送はいつか西野さんとお酒を飲みたい23歳経営者星の力をさんの提供でお送りします星野さんどうもありがとうございますお待ちしておりますそうですね今朝はフィリピンからお届けしております日本との時差は8時間ぐらいですかね日本が7時だと思うので今こちらは6時ですね今日はこれからですねワンパンマンがっていう町に入ってフィリピンの子供達3000人に絵本を絵本えんとつ町のプペル様ですね3000円札真クリスマスプレゼントとしてプレゼントして参りますでも夜に

岩帰国してで明日から始まるですね天才万博に備えます連載版僕は26日から30日までありますので是非遊びにいらしてくださいというわけで今日はですね3万人以上のコミュニティを運営してみてわかったことというテーマでお話ししたいと思いますこの3万人以上のコミュニティというのはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが僕のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所ですね今現在会員数が33000人ぐらいですかねまんインスタの方も入れると34000人ぐらいですでこのオンラインサロンなんですがいいと思うように出たのは結構5年ぐらい前ですかね

あの当時っていうのは何て言うかなこのオンラインサロン人数が増えすぎると薄まるみたいな感じで言われていたんですよ

ずっと言われていてそのSNSでツイッターとかFacebookとかで何十万何百万人とかのフォロワーを持つことも珍しくなくなった時代は広さじゃなくて深さだと濃さこそが次の時代の覇権を握るみたいなことが結構言われていて大事なのはコミュニティでしかも濃さが必要なんだみたいなこと結構言われていた馬もなんなんだって言うと人数人数が増えれば増えるほど人との距離が生まれてしまって薄まってしまうとコンビで薄まってしまうみたいなことを言われていたんですが

本当かなと思った本当に人数が増えたら

その薄まってしまうのかなと思って増えたことによって新たに生まれるこさというのはないのかなと思ったんですねっていう疑問がまずはいたと地球人が

ふたりしかいなかったとしたらオンラインサロンで生まれてないわけじゃない

増えに増えてどんどんどんどん増えに増えてそこでまた細分化され国みたいな漢字細分化されてでこの日本っていうこの国の中でも多種多様な考えが出てきたからじゃあ気が合う者同士で固まりましょうねって言ってサロンっていうものが生まれたわけですかオンラインサロンで生まれた女やんすかこれは人数が増えたことによって新たに生まれた子だよなぁと思ってその理屈で言うと増えたことによって生まれるこさとか新たなメリットっていうのあるはずだなと思って問題はそのそこで生まれた人数が増えたことによってつまり大きなコミティが持っている

新たなメリットと小さなコミュニティが持ってるメリットを天秤にかけた時にどっちが勝つのかもしかしたら大きなコミティが勝つかもしれないで勝つかもしれないんだけどそんなこと誰も知っ確かめていないのに来見て大きくしちゃダメだって憶測で喋ってるなと思ってで増やしてみたいなその確認作業を一回してみたいなと思ったんですよつまり人数を増やしたらどうなるんだじだぼくオンラインサロンと最初は500人ぐらいで行ってたんですよそれぐらいで実はいいと思っていてそれ以上増やすつもりはあまりなかったんですが2018年の1月1日からよろしくやそうって決めてそっから人数

を増やすためにはどういう立ち居振る舞いをしていいのかなと思ってあれやこれやと研究して今現在330023万円になってみたんですがなってみてわかったことはやっぱ人数が増えたことによって生まれたメリットというのは非常にでかいっていうこと人数が増えたことによって生まれた新しいこさというのはあったということですねこれわかります具体例を言うとですね例えば僕今2枚エンタメ研究所のサロンメンバーだけが登録できるですねマップがあるんですよ様サロンメンバーのでサロンメンバーの店に行きたかったですね

もうどこにお金を落としたいかって言うと思いま人は知ってる人だとか気が合う人にお金を落としたくなってきてそうするとサロンメンバーのラーメン屋さんとメンバーじゃないラーメン屋さん佐野ラーメン屋さんに行きたがってるって言う事はもうわかったのでサロンメンバーのお店が一目でわかるよそうするとサロンメンバーのメンバーに入ったいのお店に行きたいサロンメンバーをマッチングすることはできるなんだよそういうマップを作ってみたらそれがやっぱうまく機能してですね結局そこで初めましてはあるんですけどサロンメンバーですってここで新たな意味が生まれてるとここで新たな小阪生まれた9日っていうのはもうオフライン上ですね膝を突き合わせて会っているとこれって絶対に

Twitter

とか

Facebook

Instagram

ではお店行きますとまだなかなかないですか

コミュニティ講座メリットだなと思いましたでもう一つですねサロン現場が今33002号線に入るとお話しさせて頂いたと思うけどもえーとえーとここ最近ですね渋谷フリーコーヒーもそうなんですけど他のメンバーの仕事を紹介することがサロンの中でねサロンの新しいコンテンツとなってるんですよ

今日はサロンの話だからあんまり詳しく言えないんだけれど今僕がやっているお仕事ですねサロンメンバーが入ってきてあれやこれやと改善してくれたりだとかお手伝いしてくれたりとかしているわけですけどそうすると僕はこの形がこんなお手伝いしてくれましたみたいなことお皿の中で投げるんですねそれはこの人ってこんな技術があるんだってなってですねじゃあその人に私も仕事頼んでみようってなって結局サロンメンバーの仕事をサロン内で紹介することがサロンのコンテンツとなり紹介されたサロンメンバーの結局宣伝となってると

でこれ何と言って断りますねこれってこれを実現させたのは何かって言うと数であるっていうことですね見ている人が

さっきの地図にしても数がでかかったサロンメンバーが100人だったら近くにサロンで巻かないんでさの女が33000人いるから東京でそのまま貼って検索したら出てて好み抵抗とか選べるやっぱそれ数が成立させたのでさっきの今井脱毛サロンメンバーの仕事を紹介することがサロンメンバーの宣伝になっている仕事せんでなってるけどもやっぱり数でこれが読み手が5人10人だったら濃いかもしれないけれどもそのお仕事の宣伝にはなってない

お客さんが少ないんで

CM

効果

っていうことで33002を見てるから結局

CM

効果があったって言うねこれって本当に人数が増えたことによって生まれたメリットだなぁと思っていまして電車小さなコンビニで大きなコミュニティどっちがいいので結論僕はうまくやれるんであれば大きなコミティの方がいいっていうのは今んところの結論ですまた進捗ありましたらご報告いたしますというわけで今日は3万人以上のコミュニティを運営してみてわかったことというテーマでお話しさせていただきました

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク