キングコング西野は何故「梶原雄太」を選んだのか?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 2019/12/23】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

 

どうもキングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送は痛みで悩む患者さんに西洋医学が見逃してきた領域を真摯に示しその有効性を世に問う岡本拓斗さんの提供でお送りします岡本さんどうもありがとうございますさて今回はですねキングコング西野はなぜ梶原雄太を選んだのかというテーマでお話ししたいと思いますえっとですねま広告の話になってくるんですがあの電通と博報堂とかって普通に生きているとあまり馴染みがないかもしれませんが広告代理店と呼ばれるものがありますと

 

あの商品やサービスを作ったらたくさんの人に広めないといけないわけですが企業というのはその水と広める

 

Pro

 

ではないとあそこであの広告代理店というねその名の通り広告仕事を代理でやってくれるプロにお願いするわけですね

 

ヒューマンキャピタルっていう会社がキャリオクっていうサービスを広めたいから田中さんにお願いしてじゃあキンコン西野使ってCMをしようっていう話になりCMの制作から何から田中さんがおられると

 

企業が広告代理店に仕事を依頼してタレントを起用する場合は広告代理店がタレントに学ぶこの企業とタレントの間には広告代理店というものが挟まってるっていうイメージしていただけると間違いないと思ってですねそもそもの話なんですけれども企業さんの目的一人でも多くの人に商品を広めたい売りたいと言ってみやっちゃいけないのは広告代理店に仕事を出したいわけじゃないと。

 

ここお土産企業はあくまで一人でも多くの人に商品を広げて売りたい広告代理店とか博報堂さんとかに仕事だしたいと思ってるわけじゃない一人でも多くの人に商品を広めて売りたいからそのための方法として現時点で考えられる最適解が広告代理店に頼むということになっているということですねでこう考えた時にですね巨大化したオンラインサロンは広告代理店になるなと思ったんですよ去年だったかオンラインサロンっていうのは2018年の1月から好しオンラインサロンを大きくしようと思ったちょっと寄り道するとですねそれまでこの人数を増やしたら

 

なんかここみんっていつもあるみたいなことを言われていたんですね本当なんか人が管理できる人数が200人までだから302まで駄目だな言われていてそうすると結局誰なこと言われて本当かなとその人数を増やした人いる数千とか数万人規模のオンラインさんを作った人は救助にいるけどいないんですよいないのになんでそんな答えがわかるんだなんで人数を増やしたらゴミと薄まるとかな面白さが減るみたいな憶測でしかないじゃないかと思ってちょっと増やしてみようと思ったら2018年の1月ですねその前から

 

2018年1月から当サロンの人数をが増えるように活動していた日にですねサロンって色んな職種の方が入ってこられるとカメラマンさんとか技術とか祥明さんとかその都度その思うのは広告代理店になり得るなと思ってきたのですねその後その音に着いたらこのCMを作る過程がそのメンバーと共有される

 

いつからそのCMを作る過程がCMになると

 

うちのサロンでCMを作るとなるとそのCMがですね世に出る前に最低でも33000人には伝わるとしかもいわゆる邪魔者扱いしされるCMとして見られるのではなくて33000人が自分たちが立ってるCMとして見ているとあののオファーが来たところから僕はサロンマイロですが来たよこれやるやらないみたいなところからと相談しててやろうってなったらじゃあどんなチームを作ろうかっていうところからサロンメンバーと共有してはコメントで後何ですか何ですかとかって意見いただいてあそれいいねいいねみたいな感じでも開業しながらCMを作っていくわけですけどそうするとそのCMっていうのはこの33000人がかなり前のめりで

 

見ているわけですねまさかスキップはしないとなぜならCMを作ることが目的になってるから何か別の目的があってそこに挟まってくるものではなくてそのCMそのものを作り上げることがこのその時のコンテンツとなっているからね例えば僕とこの声を聞きのあなた二人で本を作ったら一生懸命ね1年間だけど僕とあなた二人で本を作るとしたら作ったとしたら入ってその本2冊売れると思ってね僕たち一冊使うから生まれ二人で作った本っていうのは2冊売れるとであれば10万人で作っちゃえば10万僕たちはお客さんを増やす作業してきたけどもそこばっかり考えてきたけれどもそうではなくて作る鍵を増やしたら作りたらそのまま表してなるな

 

でも同じでCMの作り手が一人で作るCMと10万人で作るCMだったら自分で作ったCMの方がCM効果ある

 

オンラインサロンっていうのはその側面があるなぁとかですよね僕が企業だったら影響力を持っていたクリエイターが集まったそうなのに広告の依頼を出すなと思ってましてで僕が僕と同じようなロジックで考える人は同じ答えを出すわけですからサロンが広告代理店かするのは全然あり得るなと思ったんですよここ最近サロンにCM制作の依頼がたくさん舞い込んでくるになったとくれぐれも神様というのが非常に重要だと思っているので全ての依頼を受けするわけじゃなくて自分たちが本当にいいなと思ったサービスだけを設定するようにしているんですけども少なくも依頼はたか舞い込んでくるようになりましたとキャリオクのCMの第2弾もその日でヒューマンキャピタルという会社から家の方にさらにCM制作の依頼を

 

直接いただいたんですね今は広告代理店業頼まれたと前置きがむちゃくちゃ長くなっちゃいましたがその権力の新CMのキャラクターとして梶原君を選ばせていただきましたかずや君とかもキングコングですねこの事を昨日放送のですね毎週キングコングの中で発表させて頂いたのですが何か開い片思いですねみたいなコメントがたくさん届いたので少しだけ認識のズレがあるかもしれないなと思ったので僕がカジュアルくんを選んだ理由をここで改めてご説明したいと思いますけれどくって生転職してあるとキングコングは芸人から絵本作家芸人猿ユーチューバーに転職したコンビでなんとなくその転職した人間になるとキャリオクとかもっと言うと転職を伝えるキャラクターとしては適任だと思ったっていうことですね

 

相方から選んだわけじゃなくて芸能界をフラットに見渡して梶原雄太だったと広告代理店として仕事を受けた以上キングコングの未来は二の次で最大の目的はキャリオクを世に広めることでここをきれいにしておかないとは異なるなあとあともっと言うとかじゃなくの背中を押す作業は僕は一生涯やり続けるし別に金が入らなくていいということですねフラットで見てマスコットキャラクターはキングコング梶原君が良かったっていうこと

 

幹事長でCM出てたけどここではないのでキャリオクのCMなのでカジュアルたという一人の人間を前に出して転職することに対する思いを語ってもらった方がいいなと思ってんのキャラクターとして選ばせていただきましたということです別に相方思いだからというわけではないですということを別にそれ食べて後のことは思っておりますというお話でした

 

お過ごしください

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

スポンサーリンク

voicy 西野亮廣エンタメ研究所