コミュニケーションの心得。『敵意帰属バイアス』を理解しろ【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 2019/12/19】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送は福岡より愛をこめていつまでも輝きたい白石紘一さんの提供でお送りしますさて今回はコミュニケーションの心得駅帰属バイアスを理解しようというテーマでお話ししたいと思いますあのちょっと泊まりになってしまいますがえっとですね僕はビジネス書というものを定期的に頭と書いていたんですね意外とフランスよこんなこと言うとあれなんですが大体猫みたいに出すとコンスタントに15万とか20万とかトントントンって来ていただけるので結構ビジネス書きませんかみたいな話を出版したのかだからいただくんですがなんだかな毎朝ボクオンラインサロンにそのビジネス書に書くような内容を投稿しているんですねでこれ結構本気で書いていると時間もこれに関しては現在進行形で

今僕が立ってる最初のプロジェクトでチョクメンした問題その改善方法そして次のプロジェクトで今年かけようかなと思う事柄そして仮説検証ですねそういったことをリアルタイムでバー当てたしているからなんていうかそのビジネス書より新しいですねビジネス書っていうのはどっち勝ってから事後報告に近くてやっぱり自分がちょっと前に行ったことのまとめだったりするので結構その時やってることを読者の方に行こう届くまでにタイムラグがあるので自分はこのタイムラグがあるのにちょっとをもうそれに対してなと思っちゃう性格なのでオンラインサロンで現在進行形れた方が気持ちがいいし読み手もやっぱそっちのが情報として新しいの出なかっちもあるんだろうなと

ところからねビジネス書をちょっとかっこよく見たらがあまり来なくなってたんですねただ一方で言うとそういうことを続けているうちに普遍的なテーマっていうのものがあるなと思って新しくも古くもならないっていう風に的なテーマがあると思っていて自分が色々活動しているうちにね何かって言うとリーダーですねリーダーとはどうあるべきだとは何を喋って何も喋らないのかとかそういう事っていうのは別に何だろう何時代が変わろうがあまり変わらないなと思っていて僕はたくさんのプロジェクトを抱えていて同時にそして誰かのチームを抱えていてそしてたくさんのスタッフさんを一応子をまとめる立場にあるんですね本日映画チームにしたってぶた一部にしたくても色々その時の立ち振舞いやっぱりこれやって失敗だなとか言われて参ったなぁとかいうことって

ずっとずっとずっとメモするようにつけるんですよこのメモにも価値があるなと思って今どこにこっからの際は一人ひとりがリーダーになって行かなきゃいけないからね自分で判断して自分で活動して行かなきゃいけない時代になってきたからだからやっぱSony Reader
の本っていうのは面白いかなと思って偉いねちょっとリーダーに関する本を書こうかなと思っていて最近ちょっとリーダーっていうことにアンテナ張ってるんですけども今日はどっちかって言うとそのリーダーに関するお話かもしんないしてコミュニケーションの心得的帰属バイアスを理解しろこれ何かと言うとですね2年前ですね僕がオンラインサロン道であり他のメンバーとやり取りの中でねこれたことあったんですあの北海道のどこだっけな釧路だったから釧路の方がで僕の講演会をお客さんが企画して下さったんですね盗ま講演会のポスターって言うのが上がってきたんですが

このポスターがですね僕の顔写真ではなくて僕の顔写真を元に書いたイラストだったんですよ

イラストだったんで集客のことだけ考えたらね西野亮廣学習に行ってくるって言うそれに行きませんかっていう曲のことだけ考えたら当然顔写真の方がいいわけですか

でもその講演会のポスターイラストこれちょっと不思議に思って聞いたんですよくこのポスターをイラストにした意味は何かあるんですかって聞いてみたらその主催者の友達だからイラストレータのお友達のかなまあ近いうちにいらっしゃる方からイラストをバカにしないでください一生懸命書いてるんですって書いてきてみちゃっていると馬鹿にしてるわけではなくてあの下手だと言う理由だけじゃなくてここでイラストこの場面で使用したいとは何なんですかってこと改めて来なさそうするとそのやり取りを見ていただいたんしたのだからのイラストレーターさんが地元の方なので地元の応援の狙いもあったんではないでしょうかっていうコメントを下さったんですねあなるほどなるほどここで地元のイラストレーターさんがイラストを使うことでそのイラストレーターさんに仕事の依頼が入って

とかそういう設定なのかなーっていう話ですねそれは確かに言われたそうかそうかって言ってる僕に落ちたんですがたださっき会ってを言われたから追加で返信があってこのイラストは素敵ですまるまるさんは会社員をやりながらも空いてる時間にイラスト頑張って支えてくれたんですよまた来てらちがあかないすよ来るとイラストが見たいねで全然あのが平行線だな時にこの時にビリギャル坪田先生に教えてもらったんですけども敵意帰属バイアスというものは

ここを理解してくださいみたいなこと言わないですっていうのは他人の好意があるように感じてしまうということなんですけど例えばそうだなあの偶然足を踏まれたにも関わらずまさとふんだんに違いないと思ってしまうっていうことですね認知の歪みですね僕らはこれらをこちらの説明不足だとか相手の理解力不足ではないということを理解しておく必要があると

で的帰属バイアスが働いている人に説明すればするほど裏目に出ちゃうそのその説明ってのはあなたは間違ってますよとかあなたは理解できませんよ捕らえられてしまって馬鹿にされていると取られてしまうからしかもその素敵が正しければ正しいほど傷が深くなる

相手はくれぐれもアンチ活動しているわけじゃなくてよ本気で攻撃されたと思ってしまっているって

敵意帰属バイアスが働いてしまった人への正しい対処法ってのは敵意帰属バイアスが追加で発動するきっかけを与えないつまり声をかけないってことが非常に重要だとねやっぱりこの的に帰属バイアスっていうのが発動する原因というのは自信がないとか見下されていることを極端に恐れるっていうところが来ているので出来一族は行ったここが鍵となっているので再現性というか常習性があるということですねまた別の切っただけで発動してしまうことがあるんでこれアンチ活動している人に多く見られるんですが場合によってあるしねこの敵意帰属バイアスっていうものが働いてしまう人が同じチームにたりするんだよねその人を本気で助けようと思うのであれば間違いを丁寧に指摘するのではなくて遠回りに思えるかもしれないですけども自信をつけさせてあげるということが非常に大事だということですね

ここから直してあげないと問題は解決しないとか改善に向かわないということですというわけで今日は常コミュニケーションの心得的帰属バイアスを理解しろというテーマでお話しさせていただきました多分リーダーを務める人は気をつけた方が良いことだと思いますそれができない1日をお過ごし下さい西野亮廣でした

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク