話題の「無料のコーヒー屋」は何故生まれたのか?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 2019/12/17】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送は四国の真ん中らハッピーをお届けします皆気をつけたので今日でお送りします三宅さんどうもありがとうございますさて今日は話題の無料のコーヒー屋はなぜ生まれたのかというテーマでお話ししたいと思います昨日おとといですねオープンしました渋谷Every COFFEE

 

渋谷のですねん大河のど真ん中ですねコーヒーを無料で提供するお店を出したんですねあの日だとその報告なんですがそこに行くとですねえーと無料のコーヒーが飲めるとしかもコーヒーがむちゃくちゃ甘いやつなんか無料コーヒーが無料で飲めるわけではなくて御来光結構な値段がするようなコーヒーが無料で飲めると

 

渋谷フリーで結構話題になっていてですね検索すると出てくるとかですねお客さんが本当に無料でコーヒーが飲めるんですが無料な行為は誰がお金を出してるかって言うとですねショックですね渋谷の人達50人にコーヒーをプレゼントできる権利の一枚を出して全然知らない誰かが無料でコーヒーを提供してとさんからのプレゼント出てるんですねありがとうございます

 

思ってやるからな世界にするような乗り物に乗ってそれで日本酒でもなかったし有田焼でも良かったしそしても良かったし和牛でも良かったし今何でも良かったんですがとかく世界の人が楽しんで頂けるような世界に届くのが乗り物に乗ろうと思ってなんかないかなと思って気にちょっとさんに言われたんでもやろうかなと思ってそこから始めたんですがもういますが良くなかったと子供の頃から絵を書いていたわけでもないし学生時代に美術を専攻していただけでもなかったと25歳からねあれやこれやと技術を身につけてもとってもライバルの絵描きさん達には追いつかないというわけで黒ペン0.03

 

他の絵描きさんがいろんな筆を使ったりいろんな色を使っていろんな技術を身につけている間に僕は黒ペンだけを使って黒ペンの技術だけ身軽でそうすることによってトータルの勝負になるのも開けるんですが黒ペン対決になると勝ち目があると僕が一番来るように言っている時間が長いからいざ始めてみるとですねカイロ使いたいなっていう危機に勅命するんですねでも自分は黒しか使わないっていうルールがこの時初めて黒ペン一本で赤色を表現する方法を模索し始めるねそこで試行錯誤して黒ペン一本で赤い色を表現する能力を手に入れるわけだけれどもこの答えを生んだのは黒ペン以外の使用NGという星ですね先ほどのコーヒーの話にして来た絵の話にしても

 

必ず制限が飲んでるっていうことですね

 

そうですねこの日本人と体の相性いいと思って振り返って書いて叩かれているので用意だとか体重別のスポットかとか盆栽といった制限がかかった今日見てた島国で土地もないし石油みたいのなかったから政権というか工夫力が日本じゃ昔から育まれていたんだと思うんですねで制限とは非常に相性がいいとなので面白いことを考えるときは鍵がかかっているところに飛び込むがあえて制限をかけに行くといいかもしれませんという話ですねなので何かやりたい時に例えばセミナーとか予算がないなーっていうことをネガティブに捉えがちなのですがそれは

 

でもチャンスがあるって言うこと言っておくと結構前向きにこのことが考えられると思います今日はですね話題の無料のコーヒーはなぜ生まれたのかっていうテーマでお話しさせていただきました1日をお過ごしください

 

初めての外の世界ですから嬉しくてはそれはそれはあくまでて風も吹いてあれやこれや教えてあげると手が帰ってくる前にですねみちゃん研究所に送り届けてでもあったり翌日に博士がいなくなった隙をついてあれやこれやと世界のこと教えてあげるとそんな体とずっと繰り返しているうちにですねキャンディーちゃんはちょっと激しくなるので家を出てないみたいなこと言うよ君が出るそれじゃあお手伝いロボットって何よロボットで僕たちのことだしてロボットなんだなんかじいちゃんの物忘れが急に激しいエッチしちゃったからなんか交渉してしまったのかもしれないことをしたってことですね研究所に戻ってそのことを正直に伝えるねお兄ちゃんの物忘れが急に激しくなったんです

 

みたいなそうすると博士はなんてことしてくれたんだということなんてことしてくれた本当だから僕は外の世界を教えてあげただけなんだよそれが原因だとそういう事ほど

 

で行くよ

 

おばあちゃんたちのクリスマスブログの方にねもう怒ってここから今からブログを書いて何とかしてみようと思いは覗いてみてくださいとのリンクは貼っておきますいいものだと思うので気が済ませていただきましたてください

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク