空気を読む負け組と、大局観で決断する勝ち組【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 2019/12/12】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

この放送は貧しい子供たちに絵本を送りたいのさきひろあきさんの提供でお送りします野崎さんどうもありがとうございますさあさんの準備をしながらなんだかお弁当と言いながらメイクをしたから車の運転をしながらですねそっちながらしね聞いていたいなと思うんですけれども今日ですね空気を読む負け組と大局観で決断する勝ち組というテーマでお話ししたいと思いますすいませんちょっとびっくりするぐらいの陽気ですちょっと鼻声になっておりますがちょっとごめんなさい空気を読むという言葉がありますよねあの場の空気を読むとかそういうことですね

 

ねこれに対してそうだなあいつ空気読めないよね俺は空気が読めるとか私は空気が読めるからみたいな時がこの空気を読む能力が過大評価されているとか評価しているというか空気を読めないと言うかそうでないかを決めてるきらいがあるなっているんですけれども多くの人でもその空気を読むのって言ってしまったら周りに合わせるっていうことですかドレスコードを守るっていうことじゃないすかね目の前に乗ろうとしていない小さな船があった時にみんなは乗り込んで大きい船を選ぶことが空気を読むことになってますね今日は多数派人数が多い方についていけばいいだけの話だからそれでねそんなこと

 

犬とかカルガモの親子ですか

 

大した能力がないというかむしろこの空気を読めるって言うことを誇ってる感じてちょっとヤバイなと思っていてそれはそんなに凄い事って思っちゃうね私を見てないんですがあくまでその空気を読む側に回るっていうことだからねでもさその際に必要な能力

 

その大きい船が小さい船歌を歌って大きい船を選ぶということではなくてその船が目的地にたどり着くのかを見極める能力で見なきゃいけないのはねどっちの方に人が流れてるかっていうことではなくて船を選ぶ時に見なきゃいけないのはその船の店員はオーバーしてないかとかつみのバランスは大丈夫かとか頃に誤りはないかとか救命ボートの数は足りてるかといったねどれだけ大きな船でもタイタニックを選んでしまって仕方がないわけでくれぐれも必要な能力っていうのは大きい船と実際の胸が大きいですかっていうのをやってますかって言うそれを選びましょうよっていうことではないっていうことですねそのドレスコード

 

よっていうことでもあるからさもう言うことが必ず正解ということで生きていく上でもなくちゃいけない能力必ず持っていけない能力と空気を読むではなくて対局観戦大局観大局観で大きいテレビ

 

クリーム買い物見る大局観を認められることもあるんですけどもえーとですね全体的な状況やない由紀に対する見方判断ですねあのさっきのレビューと船のサイズに対して店員が少しオーバーしてるんじゃないかとか荷物の積み方だと数時間後に崩れるなーとかこの頃だと二日後に当たっちゃうな

 

あの救命ポットの数だと船が沈めば6割の乗客は死ぬなとかそういった感じで一部分のヒントから全体的な状況を割り出すのですねそれか太極か曲が全体的な状況に対する見方とする一方で空気を読むっていうのは主観的な状況に対する見方判断ですねその瞬間その瞬間だけ

 

なので読むって言うと大局観で決断するっていうのは似て非なるもので包帯にようですねこれ切り口を変えるとですね判断が決定的にはどこにあるのかっていう話になってくると思うけど大局観は自分に責任があって空気を読むってのは自分以外のみんなに責任があるとなんで空気を読む方が楽なんだと考えだってそうしなくしたって駄目だったとしてもその失敗はみんなのせいして逃げることができるから

 

僕が選んだんじゃないんですと大きい船を選んだらもう降るんじゃないですかを選んだのはみんな何ていう風に逃げることができるから責任を取らずに済むから空気を読んで税金取らなくていいからね楽なんですよあと攻撃の対象にもならない皆くれぐれも立てとして出すわけでこの港小文化の世界の話なんでこれに関しては勝ち負けの議論ではないんですけれどもえーとこの大局観というのと空気っていう言葉の輪郭をはっきりさせるためにね具体例を挙げるとですね稲田に出ろよっていうのが空気を読むですね

 

大きいテレビ画面ではなくてスマホ画面で見られるなってくるから大勢の中で前に入っている瞬発力よりもたった一人で歯を持たせられる入力を僕は身につけたいのでYouTubeをやりますっていうのが大局観で判断するということですね本当にするためのひな壇よりもYouTubeの方が優れてるじゃないですよ

 

わかりやすい言葉の意味を分かりやすくするために今稲田とYouTubeみたいなさせていただきましたがどっちがいいと思うんですけどもこれも瞬発力がないということなのかもしれないってちょっと時代が移り変わってしまうので一昔前の常識非常識なので一昔前の正解はでも簡単になってしまうのでくれぐれも置かなきゃいけないのは首を振って何するっていうことだと思います本日は空気を読むと何曲か

 

勝ち組というテーマでお話しさせていただきましたそれではできない土地をお過ごしください

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク