「彼氏いるの?」って質問する奴はモテないし、仕事できないよね【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

悪を生み出す人、ミスを生み出す人

今日はつね彼氏いるのって質問する奴はモテないし仕事できないよねっていうテーマでお話ししたいと思いますまた言っとるでね結論の99%言っちゃってるんですけどもまあ彼氏いるのって聞くやつは総じて持ってないし仕事ができないと雅紀様ですねもうてるし仕事ができるキングコング西野がですね懇切丁寧に解説したいと思いますまず男が一番守ってあげなきゃいけないのは目の前の女の子であるって言うことですね今頃はこれだとこの子にはですね彼氏がいない可能性もあればもしかするとこの子には彼氏がいてでも下心か何か事情があってそれを隠したいと思ってる可能性もあると でね後者だった場合彼氏いるのっていう質問をしたら女の子はいないよっていう嘘をつかなきゃいけなくなるわけですよね結論は女の子に嘘をつかせてやるなよって話で当然のこれ嘘をついた人が悪者になるわけじゃないですかねえこれって私のこと覚えてるって言うあの質問するあの問題と同じでその質問してもし覚えてなかった場合誰が悪者になるかっていう これ覚えてなかった人ですね 嘘をついちゃった女の子が悪者になり私のこと覚えてなかった人が悪者になってしまうとただここで抑えとかなきゃいけないのポイントっていうのはこの悪者を生んだのは誰なんだと言うてですねおたえは彼氏いるのって聞いた人だし答えは私のこと覚えてるって聞いた人ですねこいつはこの質問さえしなければ丸茂は存在しなかったと最大の加害者だよこいつ何だよわるもん産んだのは誰なんだこいつがうんなんでこういう人間がモテないのは今ので説明できたと思うんですが電話こういう人間がなぜ仕事ができないのかっていう話に移りたいんですがあの性善説っていうのと性悪説っていうのは聞いたことがあると思う人はそもそも全角かみたいな話ですね これスタートが違うだけでだって言ってることは一緒になる頃一緒で学んだこと努力し続けないと立派な人間になれませんよみたいなこと言ってるとそもそも人は前科がみたいなところからスタートしてるんですけどもゴールはやっぱり努力し続けないと立派な人間にはなれませんどっちも言って来たいですねで結構間違って捉えられているんですがこの性悪説コロといたのは順子っていう哲学者なんですがこの12が言っている性悪説のバックの意味は困るんじゃないですよ 性悪説なくて悪い元々人は悪いじゃないよ悪いではなくて弱いですね人はそもそも弱い生き物であるっていうのが性悪説なんだこれちょっと間違って覚えてる方いらっしゃいません人はそもそもなんか性格がひん曲がってる生き物だって捉えてるからそれは性弱説だってとられてる方が結構いらっしゃると思うんですけど性悪説なくってな笑いでなくて弱いであると人はそもそも弱い生き物であるってのは性悪説ですねなので相談が現代風に翻訳すると性悪説は多分性弱説とした方が重視の人は伝わると思います人はそもそも弱い生き物である定着雪でねお仕事っていうのは当然仲間と力を合わせて行うわけじゃないですか 誰に何の仕事を任せるかという話になってくると思うんですがまあ俺はね主にリーダーの役割だったりするんですが基本プロジェクトを設計する時っていうのは性弱説をベースに作るですね僕は少なくともそうやって基本的には僕はオンラインサロンとかその他いろんなだけじゃないですね映画チームだとか言うとかいろんなチームを一応をまとめるリーダー的なポジションにいるんですがどのチームを作る時も基本的には性弱説をベースに作るですねでここで性弱説の考え方の例を挙げると例えばそうだなあと机の上に財布をおきっぱなしにして席を離れた時にその財布を山口智 で性弱説ではこの山口智くんは性格が悪いから盗んだと考えるのではなくて山口と僕がこの財布を盗んだらいい思いができるかもという誘惑に負けるぐらい弱い人間だったから盗んだって考えますね でこの山口智くんのこの弱さを引き出したのは誰か答えは机の上に財布をおきっぱなしにした一つねこの人が机の上に財布をおきっぱなしにさえしなければ山口智くんは財布を盗むっていう罪を犯さなかったこれが性弱説をベースにプロジェクトを組むときの考え方ですね山口と僕には罪はないと諸悪の根源は机の上に財布をおきっぱなした人間であるという考え方ですね仕事のプロジェクト設計するときとまったく一緒でミスを犯した部下が悪いのではなくて部下にミスを犯させたシステムが悪いの この諸悪の根源は何かが考えられないリーダーはミスを犯した部下を責めちゃうねなんでミスするんだみたいな結果システムが改善されないかリーダーは部下のせいだと思ってるかね結果システムが改善されないからまた部下はミスを繰り返しちゃうよこれが悪循環になるとですね部下を責めてしまうとですねどっかは多分自分のミスを隠そうとするからそうすると上司に報告しなくなりますよねミスしたことそうするとシステム不備がシステム不備のままズルズルづると言っちゃうとここに不備がありますよっていう報告をしないままこれでチームが崩壊するね なのでシステムが改善されないからまた部下がミスを繰り返すという悪循環に入っちゃうまた部下が悪者になっちゃうまた悪者が生まれてしまうとこの場合ね頭を下げなきゃいけないのは部下がミスった場合に頭を下げなきゃいけないのは部下ではなくてリーダーですねミスを犯させてしまってごめんなさいすぐにシステムを組み直しますっていうのがリーダーの言葉 部下は決して悪くないっていうで持ってるやつとか仕事ができるやつっていうのはとにかく相手を悪者にしないミスを犯させないっていう配慮が徹底してる子と申し上げました彼氏いるのっていうようなこんな悪者が目の前の女の子が場合によっては悪者になってしまうような言葉は絶対に選ばないすべての可能性を考えてこの女の子はもしかしたら彼氏いるけれどもそれを賜りたいと思ってる子かもしれないっていう可能性も考えて彼氏いるのっていう言葉が頭の中に出てきたとしてもそれを潰してしまうで本当に彼氏いるかどうか知りたければ察しろって話聞くなんです 会話の中でなんとなくこの子は彼氏いるんだろうなってことしろっていうことですねくれぐれも女の子を悪者にする何歩かを悪者にするすべての諸悪の根源はどこなのかって考えることが非常に重要だって持ってるやつと仕事ができるやつっていうのはそういうところの配慮が出来ているその代表例がキングコング西野恒なのでぜひ僕を参考にしてみてください箱根の嵐が深掘りすると面白そうなので来年革命家からの手紙というリーダー論をまとめた本を書いてみますお楽しみに

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク