【転職・副業を考えるあなたへ】副業は複業じゃない。良く考えろ。

スポンサーリンク

まとめるのに時間がかかってしまった!

働き方改革だったり、副業時代の解禁みたいな、

いわゆるメインの仕事以外の仕事をしようという動きが世の中全体に広まってきているように感じます。

僕自身も2つの会社で副業していて、かつ映像制作の仕事とこのブログ収益4つの柱で収入を得ています。

なので、世の中全体が1つの仕事に縛られない感覚を持っていくと言うのはとっても喜ばしいことです、大賛成。

でも一方で、なんとなくみんなが副業に対して勘違いをしているんではないかと懸念していることがあります。

 

イトダイ
バイトじゃねーから、バイトじゃねーからな!

 

【おすすめ転職サービス】

 

バイトじゃねーから、バイトじゃねーからな!(2回目)

副業のことを空いた時間でサクッと稼げるアルバイトみたいな感覚で副業を考えている人が多すぎるように思うのです。

それって違いませんか。ていうかスゲェやばい。

 

人それぞれ考え方違うので僕の意見が100%正しいとは全く思いませんが、

複業と副業では、意味合いが全く異なってきます。

 

僕の考え方でいくと

副業は自分自身の立場が異なるべきだと思っています。

 

それは上のツイートでも書いている通り、
従業員・経営者・フリーランスの3パターンをバランスよく振り分けることで、
自分自身の成長に1番つながるだろうと思うのです。

で、何よりも副業で重要なのは全く違う視点を持って新しいことをに挑戦できるということだと思います。

ずっとサラリーマンとして働いてきた人は、
フリーランスという選択肢・アルバイトという選択肢がそもそも存在しないのです。

選択肢が存在しない中でサラリーマンを選んでいる人はあまり能力が高いとは思いませんね。

一方で、すべての働き方を知った上でサラリーマンを選択できている人は、大きなアドバンテージがあるわけです。

 

そこでこの話。

【おすすめ転職サービス】

 

時間給の労働はもう辞めなよ。社畜してるだけで十分じゃん

 

Uber Eatsのような副業スタイルは、単なる配達員。

要するにアルバイトの代わりに労働力をサラリーマンから搾取しているわけですね。

 

そのビジネスモデルに気づかず、時間の切り売りとして働くのであればサラリーマンの脳から脱却できていないわけです。

 

せっかく副業するのであれば、時間の切り売りじゃないビジネスを考えるべきです。

そもそもお金欲しいですよね、で働かずにお金が入るのが1番良いじゃないですか。

 

だったら、フリーランス視点でどうすれば自動的にお金が入る仕組みを作ることができるか、
ということをもっと考えていった方が自分の成長にもつながると思うんですけどね。

 

とはいえ、どうすりゃ良いの?って人は
いくらでも副業系のアプリはありますので、そこから試して行ってもいいと思います。(結局、時間給ですけどね)

 

ココナラクラウドワークスランサーズなどはスキルの切り売り系の副業です。
審査やら色々あるんで、先に登録だけ済ませておくと良いですよ。

 

一方で、時間単価をその人によって決められる【タイムチケット】なんかはサービスとして面白いですね!

 

ポイントサイト系でレビュー書いたらお金がもらえるものだと不満買取センター
がオススメですね。あなたの不満を書いていくだけで、月最大1万円まで稼げるWEBサービスです。

【おすすめ転職サービス】

 

改めて言う。時間給の労働はもう辞めなよ。

 

紹介した通り、いろんなお金の稼ぎ方があるんですよ。

僕もブラック企業への転職経験が「お金の稼ぎ方」「生き方」を考えるきっかけになりました。

あなたもこの記事をきっかけに、考えてみてはどうですか?

スポンサーリンク