スマホ写真が売れるアプリ【Snapmart】を使ってみた感想

スポンサーリンク

最近はどんな趣味でも、お金になることに驚きます。さらにスマホが登場したことで収益化させるハードルが下がっていて、誰でも参加できる世の中になっているなぁ。と実感します。

そんな趣味を収益化するサービスの一つとして気になったアプリをオススメします。写真出品アプリ【Snapmart (スナップマート)】というアプリです。

Snapmart (スナップマート)とは

スマホで撮った写真を売ることが出来るサービスです。誰しもがプロカメラマンになれるんです。

事業としての面白さ

スマートフォンの普及と、スマホ画質がどんどん向上していくにつれて、素人でもプロの目にも耐えられる写真が一人一人のスマホに保存されるようになりました。

その一方で、素人が撮った商品画像・風景画像が欲しい企業が一定数いました。彼らは今までの写真素材の販売サイトが同じような写真ばかりとなっていて、飽きていたのです。「よりリアルな、個性のある画像が欲しい」状態だったわけです。

そこに目をつけたのが、【Snapmart (スナップマート)】だったのだと思います。

メリット

いわゆる写真販売サイトへの登録は、非常に手間がかかるんですね。個人名・住所・年齢・電話番号・本人証明登録など。全ての情報を登録して審査を通ることで、ようやく写真を出せる (※売れる段階ではない!)。

私もAdobe Stockなどの写真販売サイトに登録してみましたが、本当に面倒でした。税金の登録も先にしないといけないのか…。と思ったり。

でも【Snapmart】ならスマホで撮った画像をアップするだけ。たったそれだけで自分の写真を販売することができるのです。

実際に出品して売ってみた

やってみないことにはよくわからないので、実際にアプリをインストールして画像を出品してみました。使い方は省略しますが、特に難しいことはなく、写真一覧から選ぶだけでした。

…売れた。

忘れた頃に、Snapmart(スナップマート)から通知が。

「おめでとうございます!あなたの写真が購入されました!!」

いったいどの写真が売れたんだろう…と見てみると意外でした。下記の画像です。

「何これ?」って思ったあなた、正しいです。この写真は螺旋階段を上から撮ってみた写真です。その当時はなんとなく撮っただけで、スマホにはなんとなく残していただけなんですよね。

その一枚を広告代理店デザイナーが購入してくれたのは、嬉しさとなぜ?が残りました。

売れて感じたデメリット

売れたのはいいんだけど、手数料が高くてびっくり。86円の販売に対して、50円の手数料で、手元には30円しか残りません。

まぁ、売り場を提供されていて、それに乗っかって販売しているので、言える立場ではないのですが、販売手数料はせめて50%以下にならないかなぁと思ったりしますね。

しかも売上を出金するために、200円の手数料がかかるので、7枚以上の販売でようやくが必要。さらに売上は1年でなくなるルールのため、1年出金しなと、受け取れないのです。まぁまぁの写真を出さないといけないですね。

まとめ

登録の簡易性だったり事業の考え方としてはすごく面白いです。しかし、こういうアプリは収益化の手軽さが一番のポイントということを考えると、継続的に使えるかと言われるとクエスチョンマークがついてしまいますね。

もし収益化をしっかりと考えるなら、個人的にはポイントサイト・アンケートサイトの方が確実に良いと思いますね。

スポンサーリンク