「格安SIMって何」って、オカンに聞かれた時のための解説

疑問

スポンサーリンク

私の実体験

「なんで携帯にこんな金額を払わないといけないのか…」

年々高くなる携帯代金に悶々としていた私は2015年5月、まだ「格安SIM・格安スマホ」という言葉が認知されていない時期に、一足早く、docomoから格安SIMにMNPしました。

※「MNP」…番号を変えずに他社通信事業者に乗り換える事

今では妻も格安SIMに変え、3大キャリアと契約していた時と比べて、2人合わせて毎月15,000円ほどの支出を抑える事に成功しています。年間で約180,000円の効果です。

「携帯料金が安くなるなら乗り換えてみたいけれど、どんなものかよく分からない…。」

という不安なあなたに、私と同じ経験をしてもらい、格安SIM・スマホ生活で他の事にお金を使えるようになれば幸いです。

現状を知ろう

3大キャリアを使っているという事

格安SIMを知る前に、いまあなたの持っているスマホはどんな状況になっているのかを知りましょう。

<キャリアとSIMの画>

いわゆる3大キャリア (docomo/au/softbank) は、それぞれの店舗を持ち、スマートフォン本体と各携帯会社のSIMカード(通信契約)を販売しています。つまり、「携帯を契約する」とは、

  1. スマートフォン本体を購入し
  2. 各キャリアのSIMカードを購入し通信回線契約を結んでいる

ということなのです。この前提を理解できると格安SIMの意味がすんなりと入ってきますよ!

格安スマホ・格安SIMとは

格安スマホと格安SIMは違う

「格安スマホ」という場合と「格安SIM」という場合があります。この違いについて解説したいと思います。先ほどの

  1. スマートフォン本体を購入し
  2. 各キャリアのSIMカードを購入し通信回線契約を結んでいる

に倣って、説明すると

  1. 本体価格が格安のスマートフォン本体を購入し
  2. 通話やネット通信が格安のSIMカードを購入し通信回線契約を結ぶ

という事になります。それぞれ、①が「格安スマホ」②が「格安SIM」を指しています。「格安スマホ」に替えなければ、携帯台が安くならないと思っている方も多いですが全くそんな事はありません。

事実、私はdocomoで契約していたiPhoneに、格安SIMを使って月々の携帯代を抑えていました。私がここでお勧めしたいのは、一番出費が少ない②番の「格安SIMにする」事だけをするということです。

なぜ安いのか

docomoやauなどの大手キャリアの通信設備を借りて、提供されているのが格安SIMです。通信設備などを維持したり、店舗を持たなかったり、手厚いサポートを省くことで契約者の月々の価格を安く抑えられています。

※docomoやauなどの通信設備を持つ事業者…「MNO」

※通信設備を借り受けてサービスを提供する事業者…「MVNO」と呼びます。

MVNOはキャリア回線よりも安いプランが用意されているため「格安SIM」と呼ばれています。「安いから電波や通信回線が悪いのでは…」という声も聞こえてきそうです。ですが、心配はありません。大手キャリアの通信設備を借りているため、大きく品質を損なう可能性は少ないのです。

格安SIMのメリット

毎月の通信費を抑えられる

何と言っても、これに尽きます。安くなるってこんなに嬉しいものなんですね。私の場合、8,000~9,000円かかっていた月々の携帯代金が、毎月1,800円まで下がりました。その差6,000円以上…!!

これを2年続けているので、6,000円 × 24ヶ月 =144,000円 もの出費を抑えています。

2年縛りから解放される

これも私にとっては大きなストレスからの解放でした。大手キャリアで当然のように契約時に説明される「2年縛り」という仕組み…。なぜこんな仕組みがまかり通っているのかわかりませんが、ある期間以外は解約金 約10,000円がかかります。

この制度が格安SIMでは「半年」や「数ヶ月」もしくは、そんな制度がそもそも存在しないのです。これなら、もし格安SIMがダメだったとしても、すぐに他の格安SIMに変える事が出来ます。

格安SIMのデメリット

大手のメールアドレスが使えなくなる

意外と一番面倒かもしれません。色んなサイトで、キャリアのアドレスを登録していると変えなければなりません。GmailやYahooメール等のフリーメールに変えるだけなので、年間15万弱の節約のためなら頑張りたいところですね。

店頭で相談がしにくい

多くの格安SIMでは、専用の実店舗を持っていません。そのため、何か起きた場合には、サポートセンターへ電話かインターネットで調べなければなりません。

通信速度が遅くなる事も

先ほど、「大手キャリアの通信設備を借りているため、大きく品質を損なう可能性は少ない」と書きましたが、キャリア回線と格安SIMでは通信品質に差が出てきます。

多くの方が携帯を使う、平日お昼12時頃などに差が大きく、格安SIMの通信速度が遅くなることもあります。ただ、LINEくらいであれば気になった事はありません。

また、逆にそれ以外の時間帯は普通に使えているので、格安SIMの中でも評価の高い会社を選べば、今まで通りの使用感になることでしょう。

その他、格安SIMの会社によって詳細が異なる事もありますので、契約前にはしっかり確認しましょう

毎月のデータ量はどれくらい必要か

「よし、格安スマホのことも何となくわかったし、検討してみよう」と思ったら、まず確認する事は今使っているスマホのデータ量を見ましょう。

Android の場合、設定画面→「データ使用量」か「データ使用」で確認できます。

もしくは、各キャリアのサービスで確認できます。

docomo

My docomoページ My docomoアプリ

au

auお客様サポートページ auお客様サポートアプリ

SoftBank

My SoftBankページ My SoftBankプラスアプリ

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事を見て頂いたという事は、「スマホ料金を安くしたい」との思いがあるからでしょう。「携帯を変える」となると時間もかかって面倒に感じると思います。しかし、月5,000円、年間60,000円が手に入ると思えば、少し頑張ろうとも思えるのではないでしょうか。

その一念発起に少しでも力になっていれば幸いです。

スポンサーリンク

疑問