「テレビが伝えること」と「伝えないこと」を把握しておこう【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク

西野亮廣作品一覧

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

テレビから未来が来ることはない

まず最初にお知らせを二つさせてください。

いつもVoicy(YouTube)の冒頭で、提供者さんの名前を読ませてもらっているのですが、これ「スポンサー枠」というものを1万5000円で販売させてもらっているんですね。

大体、このお金というのは、エンタメ投資か、何かしらの支援か、僕のハイボール代に消えたりしています。

で、時々、「あのスポンサー枠ってどこで売っているんですか?」と聞かれるのですが、答えは、「Voicyの音声をコピペしているユーチューブチャンネル『西野亮廣エンタメ研究所』の概要欄の一番下に貼っているリンク先」なんです。

「そんなの知らなかったよ。ちゃんと告知しろよ」という話だし、そもそも「なんで、そんな分かりづらい場所で販売してんだ」という疑問がありますよね。

これには理由があって……音声配信は1日1回なので、スポンサーさん枠が売れすぎちゃうと、消化が追いつかなくなるんですね。

「だいぶ前に買ったんですけど、まだ紹介されないんですか?」

みたいな質問が飛んできたりするんです。

その対策として、「1週間おきに限定7枠で販売する」というのもあると思うのですが、「販売サイトを見つかりづらくする」の方が今のところはスムーズに回っていて、引き続き、この感じでやらせていただきたいと思います。

なので、「スポンサー枠の販売サイトは探してください」というご案内でいかせてください。

二つ目のお知らせとしては、もうこの報告が日課になっておりますが…クラウドファンディング「SILKHAT」内で募集させていただいております『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』の受講者が6100名を突破しました。

僕自身、もう本当に連日、映画『えんとつ町のプペル』を届ける作業をしているわけですが、当然、コロナの煽りも現場で受けていますので、机上の空論ではなくて、手触り感のある話ができると思います。

あとは、次の時代のビジネスモデルについてお話したいと思います。「まず、間違いなく、ここだな」というのはもう見えておりますので、そんな話を。

『西野亮廣オンライン講演会 ~マーケティング講座【上級編】~』に参加される方は、クラウドファンディング「SILKHAT」のプロジェクトページから検索してみてください。

→https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/2158

#SILKHAT #シルクハット #クラウドファンディング 「キンコン西野マーケティング講座【上級編】」を開催したい。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング
経営者&クリエイター必見! 天才マーケッター・キングコング西野亮廣が、世間一般のレベルを無視して、手加減抜きで「現代マーケティング」について語る会を開催。
リンク
silkhat.yoshimoto.co.jp

そんなこんなで今日の本題です。

今日は『「テレビが伝えること」と「テレビ伝えないこと」を把握しておこう』というテーマでお話ししたいと思います。

映画『えんとつ町のプペル』の告知稼働もあって、最近、いろんな番組に出させていただいているんですね。

昨日は『ダウンタウンDX』に出させていただいたのですが……やっぱりメチャクチャ楽しいんです。

「共演者の皆様から集中砲火を浴びる」というお決まりの展開で、僕は、ひたすら「やめろ!」しか言っていないのですが、メチャクチャ面白い収録になりましたので、是非ご覧ください。

テレビは、そこまで得意じゃないので片想いですが、やっぱ「好き」です。
なので、今回みたく、いろんな番組に出させていただくのは楽しいです。

ただ、手放しで「テレビ万歳」とはなっていなくて、もちろん、テレビに対しては思うところもあります。

ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある | 西野 亮廣 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで西野 亮廣のゴミ人間 日本中から笑われた夢がある。アマゾンならポイント還元本が多数。西野 亮廣作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またゴミ人間 日本中から笑われた夢があるもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
リンク
www.amazon.co.jp

相方の梶原君なんかは「テレビは、もっとこうあるべきだ!」「昔のようなテレビに戻したい!」みたいな感じで、結構、熱っぽく言っていたりするのですが、
僕はもっと冷めていて、「良し/悪し」で語るというよりも、テレビが構造上、何を伝えることができて、何を伝えることができないメディアなのかを、皆で共有しておいた方がいいなぁと思っています。

たとえば、日本の学校教育は「お金」のことを教えてくれないから、何も考えずに真面目に学校に通っている人たちは、極めて高い確率で「お金に困る人生」を送ることになるわけですが……それもこれも「学校はお金のことは教えてくれない場所」ということを把握していれば、たとえば家庭で対応できるわけじゃないですか。

学校では国語と算数を学んで、家では親子で一緒に「お金」の勉強をする…といった感じで。

学校サイドに「変われよー!」と訴えかけるよりも、「学校が教えてくれること」と「学校が教えてくれないこと」を把握して、「教えてくれないことに関しては自分たちで補完する」とした方が、よっぽど建設的だと思うんですね。

テレビも一緒で、やっぱり「テレビが伝えること」と「テレビ伝えないこと」を把握した上で、テレビを観た方がいいのかなぁと思っています。

具体的な話をすると、テレビは広告費で回っているので、「たくさんの人に観られること」がテレビの目的なんですね。
じゃあ、考えなきゃいけないのは、日本の人口のボリュームゾーンですよね。
日本の人口ピラミッドを見ると、たしか、50才手前と、75才手前が一番、盛り上がっています。

そうすると、この世代に刺さるような内容を発信した方がいいじゃないですか?

そうすると、(もちろん「皆が皆じゃない」と前置きさせていただきますが)この世代の多くは、「歳下で自分よりも成功しているヤツ」なんて見たくないんです。

だって、自分が惨めになるじゃないですか。

たとえば自分が父親だとして、家族で観れます?
「それに比べて、ウチの父ちゃんは……」と息子に思われてしまうリスクがあるんですよ。
ここで、息子の将来を想って「いやいや、息子よ。この人の動きは観ておけ」と言える父親は、よっぽど優秀です。

別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 (カドカワムック) | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでの別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 (カドカワムック)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 (カドカワムック)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
リンク
www.amazon.co.jp

じゃあ、「家族でポジションを取るテレビプログラム」もしくは、一人で観ていたとして「自分の存在が肯定されるテレビプログラム」を考えた時に、答えは簡単、「自分よりも失敗しているやつが処刑されている番組」です。

なので、「芸能人の謝罪」とかは大好物です。

「ほらな。こんな仕事して調子乗ってるから、結局、こうなるねん」と言えることで、自分が救われる。

テレビは本質的には選挙と同じです。

これも、「皆が皆じゃない」と前置きさせていただきますが、75才からすると、もう変わって欲しくないんです。

「ハンコ撤廃」とか言う奴は、目障りでしかないんです。
今から、苦手なインターネットを覚えなきゃいけないんだから。

そんなの嫌ですよ。

だから、選挙は「変える!」と主張する人よりも、「変えない」という匂いを出している人の方が、どうしても強くなる。

グローバル化とか要らないんです。
自分達の世代の生活は、もう近所で十分まわっているから。
#僕の意見じゃないですよ

今から新しい波がきたら、自分達が隅に追いやられてしまうじゃないですか。
そんなの応援するわけがないよ…というのが日本の人口ピラミッドのボリュームゾーンです。

テレビでオンラインサロンの話をして、視聴者が話を聞くと思います?
聞かないですよ。

だって、自分達は使わないんもん。

彼らが興味があるのは、自分達の健康と、自分よりも失敗している人です。
なので、「コロナの感染者数」をチェックするし、「芸能人の不倫」でチャンネルを止める。

検査数とか、実効再生産数とか、大切な情報を報道する必要は無いんです。
テレビの目的は「解決すること」じゃなくて、「観られること」なので。

新しいテクノロジー、新しい生き方なんて、要らないんです。
観たいのは不倫で失敗している人です
視聴者のボリュームゾーンは、時代が進むことなんて微塵も求めていないので。

…というのがテレビなので、結論、テレビから未来が来ることは絶対に無いです。

テレビタレントに問題があるわけでも、テレビスタッフに問題があるわけでもなく、テレビが「広告ビジネス」であることと、日本の人口ピラミッドがそうさせている。

今回の場合は主に情報番組の話をさせていただいておりますが、日本のテレビの情報番組は基本的に、高齢者向けのものである…ということを踏まえてテレビを観た方がいいと思います。

「良い」とか「悪い」とかいう話ではなくて、「テレビはそういうものだ」という話です。

落語や歌舞伎を見て、「いつまで江戸時代の話をしているんだ!」とは言わないじゃないですか。
あの感じで向き合うといいと思います。

ご家庭でも、このことをお子さんに伝えた上で、テレビと向き合うといいと思います。

西野亮廣(キングコング)

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

野茂キングコングの西野亮廣ですお笑い芸人をしたり絵本作家をしたり国内最大のオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所の運営をしたりしておりますこの放送は西野さん大好きです草刈カット増田勝利さんの提供でお送りします増田さんが連続でございますありがとうございますまず最初にお知らせを二つさせてくださいいつもねあの冒頭で提供したさんのですねお名前を読ませてもらっているんですけれどもえーとこれはですねスポンサー枠っていうものを15000円で販売させてもらっているんですねまた ideco のお金って言うのエンタメ投資家は何かしらの支援かま僕のハイボール代に消えたりもしていますで時々ですねあのスポンサー枠ってどこで売ってるんですかって聞かれるんですけれども答えはですねおいしいの音声をコピペしている YouTube チャンネル西野亮廣エンタメ研究所の概要欄の一番下に貼っているリンク 先なんですねそんなん知らんとかしろよって話だしそもそもですねなんでそんな分かりづらい場所で販売してるんだっていう疑問がありますよねまあ俺にはですね理由があって音声配信は1日1回なので僕の場合はねスポンサー枠が熟れすぎちゃうですねあの消化が追いつかなくなるんですねだいぶ前に買ったけどまだ紹介されないですかみたいな質問が飛んできたりするんですでその対策として一週間おきに限定76で販売するっていうのもあると思うんですけれども販売サイトを見つかりづらくするの方があの今のところスムーズに回っていてなので引き続きねこの感じでやらせていただきたいと思いますというわけでとスポンサー枠の販売サイトは探してくださいっていうご案内で8いかせてくださいそして二つ目の お知らせとしましてはですねもうこの報告が日課になっておりますがクラウドファンディングシルクハットないで募集させて頂いております西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編の受講者が6100名を突破しました僕自身でも本当に連日映画に立つ町のプペルを届ける作業しているわけですが当然ですねコロナの煽りも現場で受けておりますのでなんだろうなこのマーケティング講座っていうのは机上の空論ではなくて手触り感のあるお話ができると思います後は次の時代のビジネスモデルについてお話ししたいと思いますまず間違いなくここだなっていうのはもう見えておりますんでまそんな話をしようかなと8だけで西野亮廣オンライン講演会マーケティング講座上級編に参加される方はクラウドファンディングシルクハットのプロジェクトページから検索してみてくださいというわけで今日の本題です今日はですね テレビが伝えることとテレビが伝えないことを把握しておこうというテーマでお話ししたいと思いますえっとですね今あの映画えんとつ町のプペルの国地下道もあってですねありがたいことにですね最近いろんな番組に出させてもらっているんですねえーと前だったらあちこちオードリーに出させて頂いてその前は大阪でみきベースって言う後輩のミッキーがやってる番組にも出させて頂いてましたちょっと先なんですけどもね昨日はですねダウンタウンdx に出させていただいたんですけどももやっぱめちゃくちゃ楽しいんですねあの共演者の皆様から集中砲火を浴びるっていう手間お決まりの展開で僕はひたすらも止めなかったんですけれどもめちゃくちゃ面白い収録になりましたので ぜひご覧くださいでねテレビはそこまで得意じゃないんですけれどもまんだから片思いなんですけどもやっぱり寝つきが好きなんですよ僕は世間的にどう見られてるかは知りませんがテレビから塾は歯抜いたっていうこととテレビのスキキライけどまだ全然別の話で好きは好きなんですよなので今回も色んな番組に出させて頂くので楽しんでも楽しいじゃないですかダウンタウンの松本さんが9日やるのとかなんとか言っても楽しいじゃないですかただ手放しでねテレビばんざいとは僕はなっていなくてもこれ多分多くのタレントさんや奥のテレビマンもそうだと思うけど別にテレビは好きだけれどもテレビの全てを肯定してるわけじゃないですねもちろんですね僕自身もですねテレビに対しては思うとこもあるんです 相方の梶原君なんかはテレビをもっとこうあるべきだとかま昔のようなテレビに戻したいみたいな感じで結構結構熱っぽくですねあの思いを語っていたりするんですけども僕はもうちょっとだけ寒いていてそのなんだろうな良し悪しで語るっていうよりもテレビが構造上ね何を伝えることができて何を伝えることができないメディアなのかをみんなで共有しておいた方がいいのかなって思ってるんですねま例えばあの日本の学校教育ってそのお金の事教えてくれないから何も考えずに真面目に学校に通ってる人たちは極めて高い確率でお金に困る人生を送ることになるわけじゃないですかただそれもこれも学校はお金の事を教えてくれない所っていうことを把握しておけば例えばが家庭でご家庭で対応できますよね学校では国語と数学を学んで 家では親子で一緒にお金の勉強するって言った感じででこの時その学校サイドに変わるとか学校もっとかかるべきだって言うよりも学校が教えてくれることと学校が教えてくれないことを親子で把握して教えてくれないことに関しては自分たちで保管するとした方がよっぽど建設的だと思うねねテレビも一緒でやっぱりねテレビが伝えることとテレビが伝えないことを把握した上でテレビを見た方がいいなと思ってます具体的な話をするとそのヤバテレビは広告してもらってるんでたくさんの人に見られることが目的なんですね考えなきゃいけないのは日本の人口のボリュームゾーンですよね日本の人口のピラミッドを見ると50歳手前と75歳手前が一番盛り上がってるはずなんですけどもまそうするとですねこの世代に刺さるような内容コンテンツを発信した方がいいじゃないですかそうするとですねもちろんですね皆が皆 いいじゃないって前置きをさせて頂きますがこの世代の多くはですねこの75歳の出前五十歳手前この世代の多くはですねやっぱ年下で成功してる奴なんて見たくないんですよだって自分が惨めになるじゃないですか例えば自分が父親として家族で見れますそれに比べてうちの父ちゃんはって息子に思われてしまうリスクがあるんですから見たくないですよねここでねいやいや息子よこの人の動きを見ておける父親はよっぽど優秀ですよじゃあ家族でポジションを取るテレビプログラムもしくは一人で見ていたとしても自分の存在が肯定されるテレビプログラムを視聴者はま求めるわけでそれって何だって考えた時にも答えは簡単ですね自分よりも失敗してる奴が処刑されている瞬間ですねなので芸能人の謝罪とかも大好物であるとほらなこんな仕事して調子乗って から結局こうなんねんて言えることで自分が視聴者が救われるっていうことですねあともうテレビは本質的には選挙と同じですねこれも皆が皆じゃないって前置きをさせて頂きますが例えば75歳からするとですねもう時代なんで変わって欲しくないですよハンコ撤廃とかいうやつに目障りで仕方がない今から苦手なインターネット覚えなきゃいけないんだからそんな嫌なんですよだから選挙は変えるって主張する人よりも買えないという匂いを出してると脳がどうしても強くなるグローバル化とが入らないんですよ自分達の世代の生活はもう近所で自分も会ってるんでね今から新しい波が来たら自分たちが住みに追いやられてしまうじゃないですかそんな応援するわけないよっていうのが日本の人口ピラミッドのボリュームゾーンでテレビで8オンラインサロンの話をして行くと思います聞かないですよだって自分達は使わないも彼らが 興味があるのは自分たちの健康と自分よりも失敗してる人ですねなのでコロナの感染者数をチェックするし芸能人の不倫でチャンネルを止めると検査するとか実効再生産数とか大切な情報はいらないですよテレビの目的は解決する事じゃなくて見られることなのでていうことを踏まえた上でテレビを見るといいんじゃないかなと思っておりますこれはいいとか悪いとかそういう話じゃなくてテレビはそういうもんだっていう話ですね落語と歌舞伎を見て何時まで江戸時代の話をしてるんだとは言わないじゃないですかあの感じで向き合うといいんじゃないかな後はご家庭でもこの子とお子さんに伝えてテレビと向き合うといいんじゃないかなと思っております届出オンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所では西な黄色が出かけてる最新のエンタメビジネスに関する記事をですね毎日に3000文字としておりますので興味がある方覗いてみてくださいそれで素敵な1日をお過ごしください じゃまたね

西野亮廣作品一覧

スポンサーリンク