【先生必見!】幼稚園・保育園を楽しくする企画【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク

西野亮廣作品一覧

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

これはメチャクチャいい!!

映画『えんとつ町のプペル』の公開まで、80日を切りました。

まず、最初に皆さんにお伝え&お願いしたいことは、「映画『えんとつ町のプペル』の公開初日」は、後にも先にも人生で一度しかないので、その記念すべき日はなるべく多くの方と共有したいので、公開初日である12月25日のスケジュールは、今のうちから空けておいてください(※これ、絶対ね!)。

昨日、お客さんから「西野さん、どこかの映画館で、レイトショーで、25日の0時に世界一早い公開&舞台挨拶をしましょうよ」と言われて、最高だなぁと思いました。

クリスマスイブからクリスマスになった瞬間に皆と映画館にいる経験を僕はしたことなくて、人生で、そんな経験ができるのは後にも先にも今回だけだろうし、どう考えたって楽しそうなので、コチラは、さっそく動いてみます。

さて。

そんな映画『えんとつ町のプペル』ですが、今、本当にたくさんのからの応援をいただいております。

今日は、その中から3つ御紹介したいと思います。

▼ポスター

僕のツイッターのトップの固定ツイートで、映画『えんとつ町のプペル』のポスターデータがダウンロードできるリンクを貼っているのですが、まずは「ポスターの目的が『たくさんの人に観られる』なのであれば、データを公開して、たくさんの人がポスターを再生産できるようにすりゃいいじゃん」という僕の提案を快く受けてくださった東宝さんや、電通さんや、スタジオ4℃さんや、吉本興業にお礼申し上げたいです。

そして、本当にポスターをダウンロードして、プリントアウトして、店や学校や会社や寝室に貼ってくださっている方が、今、本当にたくさんたくさんいるんです。

どうかどうか、この声が届いて欲しいのですが、本当にありがとうございます。

めちゃくちゃ嬉しいし、そして、今の僕に返せるものが「圧倒的な作品を完成させる」ぐらいしかないので、そこに集中することで御礼とさせてください。

特典として、街中で西野を見かけた時に、「西野さん、僕、会社にプペルのポスターを貼りましたよ」と声をかけて、その画像を見せていただけたら、そのままコンビニに行って、ビールを奢らせていただきます。

なので、西野を見つけ次第、声をかけてください。

▼台本

今、クラウドファンディングのリターンや、BASEで展開している『ブルーノ』というネットショップで『映画チケット付きのシナリオ台本』を販売させていただいております。

【ブルーノ】
https://bruno.base.shop/items/34523282
『映画 えんとつ町のプペル』シナリオ台本(直筆サイン入り)+映画ペアチケット | ブルーノ powered by BASE
bruno.base.shop
6,000円
商品を見る

こちらも、まずは、「映画の内容を知ってから映画を観に行きたい人もいるのだから、映画の台本を先に販売しちゃいましょう」という提案を受けてくださった東宝さんや、電通さんや、スタジオ4℃さんや、吉本興業にお礼申し上げたいです。

これ、本当にありえないことで、映画の台本って、「取り扱い厳重注意アイテム」なんです。

もし、役者さんが電車の中に置き忘れて、映画公開前に映画の内容が世に出回ろうものなら、大事件。

そんな中、今回の試みというのは「内容が出回ってもいいっす。むしろ出回って欲しい」というもので、本来、こんな企画は絶対に通らないのですが、「やりましょう!」と言ってくださった。

そして、映画『えんとつ町のプペル』の台本は、今現在で、なんと1万部以上売れています。
すでに1万人の方は映画のストーリーを知っていて、そして、その感想をツイッター等で呟いてくださっている。

さらには、映画台本の販売に協力してくださる方までいて、感謝しかないです。

今だけ限定販売!『映画えんとつ町のプペル』シナリオ台本+映画チケットを買える店を紹介します!


今だけ限定販売!『映画えんとつ町のプペル』シナリオ台本+映画チケットを買える店を紹介します!
作者キングコング西野亮廣さんの直筆サイン入り映画の台本がは、公式サイト「ブルーノ」にて販売しています。 >>>『映画 えんとつ町のプペル』シナリオ台本(直筆サイン入り)+映画ペアチケットを「ブルーノ」での購入はこちら! …
リンク
tano-iku.com

これは映画『えんとつ町のプペル』に限った話ではなく、僕の中での大きなテーマとして、「資産の共有」というものがあります。「所有」ではなく、「共有」です。

たとえば、働いて頂いたお金も自分のものとて貯めこまず、積極的に世の中に還元する。

映画作りもそうで、「文字の羅列でしかなかった台本が、映像になる瞬間、その成長」は作り手にとっての最大のエンタメで、これを作り手のものだけにせず、お客さんと共有しようというのが今回の試みです。

面白がってくださる方に、あらためて感謝します。

▼ ダンスレッスン

今、YouTubeに映画『えんとつ町のプペル』のエンディング主題歌のダンスバーションがアップされています。

子供達が一生懸命練習して踊ってくれたダンスを、大人が本気で演出して切り取った動画です。

この動画の映像監修と、そして、ダンスの振り付けをしてくださったのが「バブリーダンス」の生みの親である登美丘高校のakaneさんなのですが、実は今回、彼女が主催するアカネキカクが声をあげてくださって、映画『えんとつ町のプペル』の振り付けのオンラインレッスンを【無料】で開催してくださることになりました。

オンラインレッスンの対象となるのは、全国の幼稚園、保育園の先生方・職員の方です。

「お遊戯会、生活発表会、運動会等の発表の場で、生徒のお子様に是非教えてあげてください」とのことです。

応募フォームのリンクはコチラ→https://akanekikaku.com/news/58/
新着情報|アカネキカク
話題沸騰中の〝バブリーダンス〟の生みの親。バブリーダンスの振付師のプロダンサー〝アカネキカク〟のオフィシャルサイトです。
リンク
akanekikaku.com

これ、すごくないですか?
思いもよらぬ、すごい角度からの応援です。

これ、ちょうどやりたいなぁと思っていたところだったんです。

ツイッターのTLを見たら、子供がこの曲で踊っている動画がたくさん流れてきていたので、幼稚園や保育園の先生がこの振り付けを覚えて、子供達に教えてくださったらなのか最高だなぁと。

そもそもakaneさんも「教えやすい」を前提に、今回の振り付けを考えてくださっていて、なので振り付けの中に、「ケンケン、パ」とかが入ってくるんですね。

おそらく、今回のオンラインレッスンは「教え方」も教えてくれると思います。

こんな機会は、そうそうあるもんじゃないので、全国の先生方・職員の皆様は是非、ご参加ください。

そして、お友達に幼稚園や保育園の先生や職員さんがいたら、是非、このことを教えてあげてください。

そんなこんなで、こうして本当にたくさんの方々からのバックアップを受けて、映画『えんとつ町のプペル』の制作が進んでおります。

とびっきり最高な作品に仕上げますので、12月25日のスケジュールは空けておいてください。

僕は今日も今から映画の制作です。
めいっぱい頑張ってきます。
貴方も頑張って。

西野亮廣(キングコング)

▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino


映画えんとつ町のプペルの公開まで80日を切りました。

まずですね最初に皆さんにお伝えそしてお願いしたいことはですね映画えんとつ町のプペルの公開初日っていうのはもう後にも先にも人生で一度しかないんでその記念すべき日はねなるべく多くの方と共有したいと思っていて。

僕はなので公開初日である12月25日のスケジュールは今のうちから開けておいてください。

昨日ねお客 さんから西野さんどこかの映画館レイトショーで25日の0時に世界一早い公開&舞台挨拶をしましょうよって言われてそれ最高だなと思ったんですね。

あのまクリスマスイブからクリスマスになった瞬間にみんなと映画館にいるっていう経験は僕をしたことがなくて。

も人生でねそんな経験ができるのはもう後にも先にもまぁ今回だけだろうし。

どう考えたって楽しそうなのでちょっとこれ動いてみますね。

結果が出次第皆さんと共有したいと思います。

さてですねそんな映画えんとつ町のプペルですが今ほんとにねたくさんの方からの応援をいただいております。

今日はですねその中から三つご紹介したいと思います。

まずはポスターですねあの僕の Twitter のトップの固定ツイートでですね。

映画えんとつ町のプペルのポスターデータがですねダウンロードできるリンクを貼っているんですけれども。

ポスターの目的がたくさんの人に見られるなのであればデータを公開してたくさんの人がポスターを再生さ出来るにすりゃいいじゃんって言うですねこの僕の提案を快く受けてくださった父さんとか田中さんとかスタジオヨンドシー吉本興業にお礼申し上げたいです。

そして本当にねあのポスターをダウンロードしてくださってプリントアウトしてくださってみてとか学校とか会社とか寝室に貼ってくださっている方が本当に本当にたくさんいるね。

どうかこの声が届いてほしいんですけども本当にありがとうございます。

めちゃくちゃ嬉しいしそして今の僕に返せるものが圧倒的な作品を完成させるぐらいしかないんでそこに集中することでお礼とさせてください。

特典としてね街中で西のを見かけた時に西野さん僕会社にプペルのポスター貼りましょうやって声をかけてそしてその画像を見せていただけたらですねもうそのままコンビニに一緒に入ってビールを怒らせていただきます。

なので街中で日時の見つけ次第声をかけてください。

そして次にですねだい本ですねだい本当今ですねクラウドファンディングリターンとかベースで展開しているブルーノっていうネットショップで映画えんとつ町のプペルのチケット付きのシナリオ台本っていうものを販売させて頂いているんですね。

こちらもまずはですね映画の内容知ってから映画館を見に行きたい人もいるんだから映画の台本を先に販売しちゃいましょうって言うですね電話を受けてくださった東さんぞうさんスタジオヨンドシーさん吉本興業にお礼申し上げたいです。

本当にありえないことで。

映画の台本 TONE 取扱厳重注意 アイテムなんです。

もし役者さんが電車の中に台本置き忘れて映画公開前に映画の内容が世に出回るもんなら大事件中の大事件なんですね。

そんな中今回の試みっていうのは内容が出回ってもいいです。

むしろで回って欲しいっていうもので本来こんなでたらめな企画は絶対通らないんですけども今回やりましょうって言ってくださったそして今現在でなんと1万部以上売れてるんですね。

すでに1万人の方が映画のストーリーを知っていてそしてその感想を Twitter でつぶやいてくださっている。

さらにはですね映画台本の販売に協力してくださる方までいても感謝しかないですね。

これは映画えんとつ町のプペル絵に書いた話じゃなくてですね僕の中での大きな大きなテーマとして資産の共有っていうものが あります。

あの醤油ではなくて共有です。

例えばそうだな 頂いたお金もですねもう僕は自分のものとして溜め込まず積極的に世の中に還元するんですね。

まあほぼエンタメの投資だとかまあそれ以外はまあ被災地とか貧困国の支援だとかそういう事に今使わせていただくんですね。

持ってぐるぐる回したほうがいいだろうっていう考えがありまして。

で映画作りも実はそうでその文字の羅列でしかなかった大本がですね映像になる瞬間その成長っていうのは作り手にとって最大のエンタメであるし最大の資産であるし。

これをですね造り手のものだけにせずお客さんと共有しようっていうのが今回の試みです。

何か面白いじゃないですか。

このシーンこうなったんだけど書ではトロッコが暴走するとしか書いてないところが映像ではなんかすごいことになってたらこんな感じで暴走するんだっていう楽しみって一つあると思うんですね。

これまでは映画ではこれまでの映画ではそういったところで全部をブラックボックスで作るだけで共有してたんですけども今回はもうお客さんと一緒にそこすら楽しんじゃおうっていう試みですね。

この試みを面白がってくださる方に改めて感謝します。

本当にありがとうございます。

そして三つ目が今回の取材ですねダンスレッスンです。

ダンスレッスン今ね YouTube に映画えんとつ町のプペルのエンディング主題歌のダンスバージョンがアップされているんですね。

子供達が一生懸命練習して踊ってくれたダンスですね。

大人が本気で演出して切り取った動画ですねこの動画のですね映像監修とですねそしてダンスの振り付けをしてくださったのがバブリーダンスの生みの親である登美丘高校のあかねさんなんですけれども。

実は今回ですね彼女が主催するで すねアカネキカクが声を上げてくださって映画えんとつ町のプペルの振り付けのオンラインレッスンを無料で開催してくださることになりました。

これすごくないですか。

言うてむちゃくちゃ忙しい方たちなんですけれどもあのチームもでもも面白そうだからやるって言う女の人で無料で開催してくださると。

今後の対象となるのはですね全国の幼稚園そして保育園の先生方そして職員の方ですね。

お遊戯会生活発表会運動会等の発表の場でセットの子供達にぜひ教えてあげてくださいとのことです。

フォームのリンクですね映画えんとつ町のプペルのエンディング主題歌のダンスバージョンの動画の概要欄の方に貼っておきますんでチェックしてみてください。

思いもよらぬすごい角度からの応援ですね。

これねちょうど家 みたいなと思ってたとこだったんです。

あの Twitter のタイムラインを見たら子供がこの曲で踊っている動画がたくさんたくさん流れてきたんでまあそれでね子供ならいいですねじりこないんですねその動画を見て高知彦なり2個を真似してるんですけれどもこれなんか幼稚園と保育園の先生方がこの振り付けを覚えて子供たちに教えて下さったら最高だなーっていうことですねと思ってたんですがそもそもですね茜さんも教えやすいっていうことを前提に今回の振り付けを考えてくださっていてなので振り付けの中にけんけんぱとか入ってくるんですねおそらく今回のオンラインレッスンは教え方を教えてくれると思いますここではこういう風に教えたら伝わりやすいですよみたいなことまで教えてくれると思いますこんな機会はもうそうそうあるもんじゃないんで全国の先生方そして職員の皆様ですねぜひご参加くださいそして 友達にね幼稚園と保育園の先生や職人さんが居たらですねぜひこのこと教えてあげてくださいアカネキカクはどうやらダンスを教えてくれるらしいよって言うしかも送料でなんだろうなあめっちゃいい人なのかなでもなんか無料で教えてくださるんですって字書いて本当にありがたいですねまあそんなこんなですねこうして本当にたくさんの方々からのバックアップを受けて描いた詰まってるの制作が進んでおりますとびっきり最高な作品に仕上げますので皆様初日公開初日12月25日のスケジュールは絶対に空けておいてくださいもう今のうち今この瞬間にメモって下さいそしていまこの瞬間にスケジュール表にここまるを入れておいてください僕は今日もですね今から映画えんとつ町のプペルの製作ですねいっぱい頑張ってきますあなたも頑張ってくださいそれでは素敵な1日をお過ごしくださいキングコングの西野亮廣でした

西野亮廣作品一覧

スポンサーリンク