「キャリオク」のCMで起きていること【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク

西野亮廣作品一覧

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

BBQ型広告戦略

さて今日は、キャリオクのCMで起きていることというテーマでお話しします。

実際にね中に入ってみてみないとあまり実感がないお話になっちゃうのかもしれませんが、時代の転換期を象徴する一つの出来事としてねお話ししておきたいと思います。

現在、キングコングがやっているキャリオクのコマーシャルについてです。

実は、キャリオクのコマーシャルってこれまで存在した星の数ほどあるコマーシャルと全然違うものなんですが、何がどう違うのかっていうことを知ってる人もっと言うと語れる人って少ないと思うんです。

時々、「CM出演おめでとうございます」みたいなことを僕言われたりするんですが、あれは、転職サービスのCMキャラクターにキングコングが抜擢されたっていう類のものではないんです。

どういうことか知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、同じサロンも違って、このラジオは新しいことを話す場所ではないのでお付き合い頂けると嬉しいです。

まず、きゃりおくというサービスの説明をざっくりとさせて頂きますと、何かこうキャリアキャリアシートっていうものに、経験職種だとか希望勤務地とか希望年収などを書いて、あとはオークション形式で企業から、年収提示月のオファーを受けることができる転職サービスです。

だから、企業の方から「ちょっとウチで働きませんか」みたいな「キャリアシートを見させて頂いたんだけどちょっとウチでどうですか」みたいな企業の方から来るって言うんで最初に、このサービスの内容を聞いた時に、これまでこう圧倒的高上下関係であったものが対等な関係、つまりこういう人を雇われる人がフラットな関係になるんで、めちゃくちゃフェアな世界になっていいなーと思ってこれは応援させていただこうと思って今に至ります。

で実は、キャリオクのCMっていうのは今回が第2弾が今出ているのが第2弾なんですが、第一弾はオーソドックスな形キングコング西野がCMキャラクターに起用されたっていういわゆる一般的なCMの姿だったんです。

一般的にCMっていうのは企業とCMキャラクター及びそのCMキャラクターの所属事務所の間に、広告代理店と呼ばれる人たちがいてその代理広告代理店と呼ばれる人たちがCM内容を企画するんです。

CMキャラクターに誰を起用してどんな子にも作るのかとかそういったことを考える人たちです。

もっと具体的な事言うとどこにいるのかっていうことも考えますねテレビ7日と7日新聞なのか駅看板なのか広告代理店っていうのは限られた予算の中でなくて、転職について手触り感を持って語れるタレントを検索した時にはトップにキングコングが来たからキング本を選んだっていう形です。

こぼれ話としては梶原君とオリラジ中田君というツーショットも一瞬考えたんですが、それだとYouTubeのCMになっちゃうなあと思ってこれはちょっと取り下げました。

梶原君と僕と又吉くんとオリラジ中田くんと渡辺直美ちゃんの5ショットだったらもしかするとちょっと面白かったかもしれないですが、それだと今度は吉本興業のCMになっちゃいそうねこの辺のことをいろいろ考えた結果今回はキングコングで行こうということになったのです。

薪窯転職を語るんだったら金がぴったりだったってわけねサロンの中で、CM効果のあるCMについて散々議論するんです僕らが出した結論というのはCM効果が終わらないCMを作ろうっていうことで、その一つとしてYouTubeの方に、キングコングの対談をアップさせていただきました。

暖炉の前でキングコングは自分たちのの転職についてのカットで一時間ちょいかなしゃべる動画です。

YouTubeの最大の機能っていうのはやっぱりアーカイブで3年後とか4年後とかも見られること。

例えばキングコングが3年後に何かアクションを起こした時にそのCMが関連動画として出てくるキングコングが活動する以上うっすらとしキャリオクのCMが続くわけです。

まこれいいんじゃないかっていうことでそういう態度はどうかっていうのをYouTubeにあげさせて頂いたもう見たくなるようなCMです。

なんかそのあんまりだから先生にしてないんですよその対談動画っていうのもその1時間ほどの動画に、文字テロップを入れなかった理由は古くならないようにするためです。

文字デザイン日大生が出てしまうと数年後に古くなっちゃうんで。

その他髪型やら何やら全て古くならないように設計しました。

アーカイブ機能が機能するようにしたわけです。

こういったこともみんなで相談して今YouTubeの価値って何なんだとか家向かって立ったら途切れないんだって事を議論して行ったここだよねみたいなとこでいいところを探して行ったっていう感じです。

そして撮影スタッフもサロンメンバーです。

サロン内でスタッフを募集して細かいところで言うとメイクさんもそうですし撮影現場のケータリングの食事を提供してくださる方も現地のサロンメンバーさんのお店にお願いしました。

写真は、蜷川実花さんにお願いしたんですが、蜷川実花さんも実はこっそりとサロンメンバーです。

CMにはようさんっていうものがあってその予算の中からサロンメンバーさんにギャランティーが支払われてCMが作られていったっていう形です。

なので現場の雰囲気がめちゃくちゃいいのはもちろんのことこのCMが作られるまでの過程を6万にの差路メンバーで共有しているので製作段階で既にCM効果があるんです。

なかなか信じられないかもしれませんが僕前から結構言っているんですが、こういった形、オンラインサロンが広告代理店かする未来っていうのは確実に行ってくると思います。

もちろん田中さんとか博報堂さんとかその他の王国代理店さんに頼んだ方が良い案件をたくさんありますし僕自身普段からめちゃくちゃお世話になっているんですが、一方でこの企画は広告代理店に頼むよりもあのサロに頼んだ方が効果があるんじゃねっていうシーンは確実にある。

制作能力があるインフルエンザに頼もうと考えるな至極真っ当な話なので僕のオンラインサロンには今広告制作の話がポロポロ行ってきてるんです。

いろいろ広告代理店と違うのは西の方が体重を乗せられない企画は受けないというところです。

西野が家事を取っていきなり美容商品を売り出しても多分面白いものにはならないと思うのでそれなお断りしています。

これこそ宣伝になっちゃうんですが実は今日から一週間渋谷駅の巨大看板がキャリオクのCMになるのでハチ公と向かい合う形でキングコングの二人が出るとこれだってやっぱり自分たちで考えてここの看板枠を買おうと結論し買ったね。

これでピンとこないですよねCMってどこか知らない世界の人達が作るものだったじゃないですか。

ところが今はお客さんと一緒に作ってると。

これは今の時代を象徴する出来事のひとつだと思ったのでこのことをきちんと残しておきたいと思って今回お話しさせていただきました。

というわけで今日は協力のCMで起きてることっていうテーマでお話しさせていただきました。

素敵な1日をお過ごしください。

イングコングの西野亮廣でした。

じゃあまたね。

西野亮廣作品一覧

スポンサーリンク