定石を甘く見るな【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク

西野亮廣作品一覧

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

キミのアイデアはキミに似合うのか?

 

今朝は定石は甘く見るなというテーマでお話ししたいと思います。

僕の、毎朝のスケジュールを先に申し上げますと、起きてまずはこのVoicy・YouTubeの音源を取って配信。

その後ブログを更新。その後オンラインサロンの記事に3000文字ぐらいを更新。

その後にネットショップで承っている本にサインを入れて、住所を書いて梱包をしてポスト投函するっていう、

1万文字を発信して、サイン本の製作作成&配送これから毎朝最低限やってること。

 

これが最低、ここからプラスアルファでイレギュラーな作業が入ったりしています。

多分普通の人だったら3日も続かないんじゃないかな。

1万文字発信するのが多分その段階でつまづく方が結構いらっしゃると思うんですが、何でもやってるっていうところ、これよく言ってますね。

 

僕が毎朝この作業を済ませて、この作業を済ませてあと10kmジョギングして仕事に向かってます。

ちなみにお仕事は大体夜中3時とか4時ぐらいまで続くことがザラで、その3時間後には帰宅して、その3時間後にはもう次の日の作業が始まっているっていうこういう毎日。

 

ちなみに「地球人の中で最も人と膝を突き合わせて会ったことのある人間になる」っていう事を決めていてなぜか決めちゃったんですよね。

いつか何年か前に「僕は絶対に一番人に会う」ことはもう決めていて。

今はたけしの挑戦状っていうのが入っていて、稽古中なんですけども。

それでなかなか身動きが取れないんですけど、これはイレギュラーなスケジュールで。

普段は、講演会等でこまめに地方回って、大体週に2-3回行ってんのかな。

こまめに地方を回っては、その晩はその地域のサロンメンバーさんと飲みに行っています。

 

今日は僕の努力自慢したいわけじゃないんです。

こんなことしたいわけじゃなくて、これは大切なことなので、忘れられないように自分のブログでも、半年に一度くらいのペースで同じこと言っているんですが、すごい大事だから同じこと言ってるんです。

 

キングコング西野は、革新的なアイデアで時代を切り開くアイコンとして扱われる機会が少なくないんです。

「現代の革命家だ!」みたいな扱われ方をする機会が少なくないんです。

 

事実これまで、誰もやったことがないようなアクションを仕掛けてきましたし、これからも仕掛けます。

派手な奇策を打って世間を驚かせることもあると思います。

 

ただその下地には、申し上げたような、恐ろしく地味な作業と、どぶ板営業があります。

僕が世界の誰よりもやっている

  • 「文字を発信すること」
  • 「サイン本を作ること」
  • 「膝を突き合わせてお客さんとお話すること」

は新しいことでも何でもない。

 

何十年、ものによっては何百年も前から続いている定石です。

「こうした方がいいよねっていう定石」っていうのは最善とされる決まった打ち手のこと。

定石ってのは、何千何万何億もの先人たちが試行錯誤を繰り返してたどり着いた答えであって、それはたった一人の人間が打ち出したアイディアで軽々越えられるものではないんです。

 

僕たちが受け止めなければいけない残酷な事実。それは自分が思いついた、これまでにないアイディアというのはその昔既に誰かが試していて失敗して必要がないものだと。

 

世の中から抹消されたものであって、厳密にはこれまでにはないアイディアではなくて、現在ないアイデアであるということを僕たちは受け止めなくちゃいけない。

 

これやっぱり、アイディアを思いついた人はそのこと知らないから。

そんな歴史知らないから、自分の自力でその間にたどり着いてるから、受け止めたくないし、他のことが他の人がすでにこれを思いついてたっていうことは受け止めたくないから。

 

もはやアイディアを思いついた瞬間に「同じこと考えた人がいるんだろうか?」って検索すらしてないと。

あなたが思いついたアイデアってのはもう世の中にも1万通りあって、全てそれはいらないものとされた。捨てられた。っていう風に捉えておいた方がいいと思います。

 

僕ね、時々サロンメンバーさんの店に行くんです。

どうせ自分の時間とお金を落とすんなら、よくわからないお店よりも、メンバーさんのお店に落とすことで、メンバーさんのお店の売上に貢献して、応援したいので。

 

美容室とかは、絶対サロンメンバーさんの店を選んでいます。

居酒屋で時々お見受けするのは、その店のオーナーさんなりの斬新なことをしていたりするんですよ。

他であまり見たことがない料金体系とか。

 

そういうの、ちょっと厳しい事言うと、

 

確かに他にはないかもしれないけどそれは思いついてるけどやっていないだけで面白くもなんともない。

ただただあなたのオナニーでしかないです。

 

 

 

あとこれすごく大事だと思うんですが、似合ってない店に行ってないの、これが非常に重要。

 

今日の主題で洋服とかと全く同じで時々ダサい服を着ていると

「だせえな」って言ったら

「わかってないな、これオダギリジョーが来てたやつなんだよ」って返ってくるけど、

「それオダギリジョーさんだからかっこいいだけでお前はオダギリジョーじゃねえじゃん」っていう

大阪のおばはんが愛用してるヒョウ柄でも各きちゃうのがオダギリジョーさんだから

 

サービスのアイディアっていうのも全くそれで、似合ってなかったらはまらないんですよね。

僕が思いついたアイディアや、僕が仕掛けたアイデアと全く同じ事やったとしても、あなたが似合ってなかったらうまくいかない

このその似合う似合わないって斬新な料金体系

何そのお金の回し方面白いてなる人と同じこと思ってる人っていうのやってねこの似合う似合わないっていうのが斬新だやっぱここは受け止めなきゃいけない。

そしてそ、アイデアマンと言われる人たち(つまり斬新なアイデアが似合う人達)というのは、往々にして大切にして歴史を重く受け止めて行って後びっくりするぐらい地味な作業を水面下で繰り返しています。

 

アルっていう漫画サービスを展開している、けんすうさんっていう方なんかまさにその典型で。

次から次へと面白いアイデアがポンポンポンポンポンポンポンポン出てくるんです。

僕自身がみたいなこととバスが出てくるんですけども見ているともうやってることは

古典的なこともバンバンやっちゃってるし、その上で何回かに一回ぐらい何それみたいなカード切ってくる

ちょっとリンク貼っておくんで、興味がある方は一度覗いてみてください。

あの新井さんが運営してるんだよ、僕も入らせてもらってるんですけども、本当に面白いし背筋が伸びるのでおすすめです。

今日のまとめとしては、アイディアは大事だぞそのためには朝夕の甘く見ない方がいいと思います。

っていう話でございました。

それでは素敵な1日をお過ごし下さい

キングコング西野亮廣でした、じゃあまたね

西野亮廣作品一覧

スポンサーリンク