【教えて!】今さら聞けない『同一労働 同一賃金』ってナニ?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク

西野亮廣作品一覧

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

サラリーマンはオワコンなの?

今朝は「今さら聞けない同一労働同一賃金って何」というテーマでお話ししたいと思います。

大企業は2020年4月から、中小企業は2021年4月から施行することになった、同一労働同一賃金。

響きは聞いたことある方も多いと思うんですが、今日はわかりやすく簡単な言葉で説明したいと思います。

ざっくりいうと、「正社員と正社員以外のパート・契約・派遣社員の間の賃金と待遇に差つけるのは、もうナシね」っていう新ルールですね。

その名の通り、同じ分だけ働いたら、正社員であろうがパートであろうが同じ分だけ給料貰えるんですよ。

時給計算すると、日本って正社員の平均の時給が、大体2300円ぐらいなんですね。

契約社員の方でだいたい1400円とかパートの方はもう少し安くて、だいたい1100円とか1150円とか、それぐらいですね。

つまり正社員の方とパートの方で時給っていうのは倍近く違うんですね。

この差を無くしましょうっていうのが、今回の同一労働同一賃金ですね

これ契約社員の方とかパートの方からすると超嬉しい話じゃないですか。

時給が1150円から2300円ぐらいなるんだもん。

実はそうでもなくて給料をあげるって言ったって、財源はどこから出るの?って話ですよね。

2020年4月(中小企業なら2021年4月)から、ぐんと売上が上がるわけではないので、人件費が増えるわけではないと。

でも正社員と正社員以外の差はなくしましょうねっていう決まりがある。

となると、あとはどうやってこれを実現するか?

どう正社員と他の方の給料の差をなくすことを実現するかって言うと、

正社員のほうに給与を合わせるのではなく、正社員の給料を下げて、パートの方とか契約社員に合わせるしかない。

だって人件費は限りがあるから。

こうなってくると、次は正社員だからすると「ちょっと待ってよ!」って話じゃないですか。

それなりに頑張って面接も受けて、就活もして、頑張って正社員になったのに。

2020年4月もしくは2021年4月から急に給料下げられちゃうのも、ちょっと酷な話ですよね。

ここに対して、今回の同一労働同一賃金は抜け道みたいなもの用意していて、 労働時間が同じだと基本同じ賃金が支払われるんですが、知識とか経験とかスキルで差をつけることは認められてるんですよ。

つまり、パートのあなたの1時間と社員の彼の1時間でやれる内容よって全然違うよねっていう説明ができれば、差をつけてもいいんです。

パートの方には「同じ1時間働いてるのに、正社員と私達で賃金差があるのはおかしい!」って異議申し立て権利は認められている。

しかし、会社側から「能力の違いで賃金の差が出ています」っていう説明がされてしまったら、抜いた刀を鞘に納めなきゃいけないんですよ。

で、面白いのが、罰則がないんです。

罰則がないので「こう決まりました」

「同一労働同一賃金っていう同じ時間働いたらもうこの社員正社員だろうが決まりを作りました。ただ最悪、守らなくても罰則はない」って話で。

なんだそれ?じゃないですか。

あと、正社員の給料は同一労働同一賃金だから「そっかもう正社員の賃金を下げるしかないな」と会社が判断して、パートとか契約 方に正社員給料下げるしかない会社が判断してそれを実行しようと思ったら労働組合に OK もらえなきゃいけないんでしょ。

労働組合って正社員で構成されてるからそれ OK 出さないですよね。

僕たちの給料下げていいです正社員は言わないですね。

ってなってくると、労働同一労働同一賃金って始まったはいいものの、何か変化あるの?って話ですね。

ただ一つ、たしかなことは、まず間違いなく僕が困窮してる会社の社長であれば、これを盾に色々と給料にメスを入れるなと思うんですが、

決まりとして、会社側は正社員の賃金を多く支払っている理由を説明しなきゃいけなくなったわけじゃん。

パートの人にこう異議申し立てられた時に

「カクカクシカジカで、彼はこういう能力があるから、こういう案件を決めてきてくれるから、定期的に一週間に3回、これを取って来てくれるから、彼は給料が高い」

という説明をしなきゃいけなくなった。

同じ時間でも「●●さんは、これだけの成果をあげてるから、だから給料が高いです」っていうそういう説明は OK なんだけれども、

「彼がこの会社に長くいるから」っていう説明は通らないですね。

この説明は絶対に通らない。

「彼が10年いるから給与が高いんです」っていう説明は通らないパートの方がそれでは納得いかないですよね。

「それシンプルに正社員だから高いんじゃないか」って言われてしまうので。

この会社に長くいるからっていう説明は通らないんですよ。

つまり 一旦会社に入ってしまえば極端な話、何もしなくても給料は上がっていくという、年功序列のあの感じが厳しくなったっていう話ですね。

成果を出さない正社員をパートと同じ給料にすることがルール上可能になったっていう話ですね。

ルールの抜け道はたくさんありますが感覚でいうと、前よりも少しだけ実力社会になったっていう認識で間違いないと思います。

ただ偉そうにしてるだけの時代錯誤なおじさんには、少し厳しいルール変更だったのかもしれないね。

以上が同一労働同一賃金の話です。

これからもいくつになっても勉強しようねっていう話なんで、フェアな世界ですが、サボりたい人もいるんで、それなりの反発あると思います。

こういう制度が4月から今年の4月からスタートします。

中小企業はあまり僕は変化がないかなって思っております。

西野亮廣作品一覧

スポンサーリンク