会社の方針と社員の考えが違う場合はどうすればいいのか?【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所】

voicy 西野亮廣エンタメ研究所

スポンサーリンク

西野亮廣作品一覧

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

会社の方針と社員の考えが違う場合

 

今日は会社の方針と社員の考えが違う場合はどうすればいいのか?」というテーマでお話ししたいと思います。

クリティカルな話題じゃないでしょうか。

この放送をお聞きの方で、会社勤めされている方も結構多いと思うのちょっとお話ししたいと思います。

 

っていうのもVoicyのコメント欄に届いたご相談に乗るという形で「あ、やっぱこういう悩み抱えて人多いな」と思ったので、代表して読ませていただきます。

この方のコメントですね、あずさんです。

 

西野さんがまだ新人の頃、吉本の方針が違う考えを持っていたら、どうしていましたか?
自分のやりたいことをやるには、まず理不尽だと思いながらも、会社のルールに従って結果を出さなければならないのでしょうか?
化粧品会社の特約店サロンをしています。
とても大好きな商品なので、たくさんの人に綺麗になってもらいたいと特約店契約をしましたが、規制が多くて悩んでいます。
アドバイスを頂けたら嬉しいです

というお悩みです。

いやーあるなぁ。こういうこと本当あるんですよね。特に新人の時、何でもこんなことだらけですもんね。

 

規制、規制で恐ろしいことに、新人の自分の意見の方があっていて経営陣が時代について行ってないっていうこともあったりすると。

経営陣がもうおじさんばっかりなってしまっていても、「今そんな時代じゃねえんだよ」みたいなとこに対する新入社員の方のストレスだとか。

 

今回の特約店契約というお話でしたが、わかりやすいように社員と会社に置き換えてお話しさせていただきたいと思います。参考になると嬉しいです。

 

そもそも、規制が多い会社を選んだのはあなただということですね。元も子もないんですが、今のあなたが抱えてるストレスの99%はあなたの責任です。

会社の責任じゃなくて、あなたの責任。これが大前提ですね。

 

エジプトとかに行って「何で、もんじゃ焼き店ないの?」みたいな叫んでるようなもんで、もんじゃ焼き屋さんに入りたいんだったら、月島に行くべきだったっていうところですね。

「その下調べしてなかったんかい。」「むやみやたらに面接みたいなを受けてしまって、ちゃんと下調べせずに会社にとりあえず会社に入っちゃった。入ってから気づいた」みたいなこと。

基本的に責任はその会社に入ったあなたにある。って言う事ですね。

 

その業界のことは、調べようと思えば、いくらでも調べたはずだから。
でも、そんな結論はちょっと厳しすぎるよね。

 

この相談に対して「お前が悪いんだよ」っていうのはちょっと厳しすぎると。
自業自得なんだが、それでもどうにかして光を当てることですね。

 

まず、理不尽なお仕事してリクエストに応えるっていうことですね。
多少効果はあると思います、多少ね。

 

効果あるっていうのは「理不尽に答えたことによって多少を発言権みたいなものは獲得することは出来る」と思います。

ただやっぱり、多くの経営者からすると理不尽をやってもらうことに対して対価をお支払いしてるから、給料支払いしてるから。

もっともっともっと意地悪な言い方をするとね。経営者ってどこかで「仕事でお金もらってるんだから理不尽に答えて当たり前だろ」と思ってる部分がある。

くれぐれも「多くの経営者の場合」という言い方させてください。
みんながみんなではないから。

 

ただ多くの経営者はそれも仕事なんだから、それぐらいやれよって思ってるきらいがある。

なので、理不尽に答えたところで多分社内でのポジションは取れないことが多い。発言権はもらえないことが多い。理不尽に応えてトントンというとこですね。

 

理不尽に答えることで給料を支払いしてるから。
なので理不尽に答えてもそんなにポジションは取れないです。

 

こっから僕の話を出すとですね。僕、吉本興業所属の芸人なんですが、株式会社 NISHINOっていう会社もやっていたりするんです。

驚くべきことに、僕の仕事の9割近くは株式会社 NISHINOでやってるんですよ。

吉本興業が去年の夏の闇営業問題でエージェント契約とかなったじゃん。ロンブーさんが会社を作ったりだとか、加藤さんがなんかエージェント契約したりだとか。

 

そんなことするもう何年も前から僕はですね、この形なんですよ。

たぶん特例ですね。だって事務所に所属してながら芸能活動の会社を作ってお店とか Web サービスとか作って海外で活動したりしてるとオンラインサロンの運営も個人の会社でやっている。

吉本芸人の中では僕は一番好き勝手やらせてもらってると思うんですが、僕は吉本興業と対立しているかって言うと、そんなことない。

 

社員さんとも飲みに行くし会長も大好きだし、クリスマスになると吉本興業の中にクリスマスツリーをプレゼントしたりして結構仲良いんです。

これに関して、会社に勤めている方は誰も覚えておいた方がいいと思うんですけど、会社内でポジションを獲得したり会社の方針に口を挟むほどの決定権を得るには、社畜になることではなくて。

 

圧倒的に会社を勝たせろ

 

「会社は圧倒的に勝たせてこいつに抜けられたら損をする」って思わせることですね。

それが発言権を得るための交渉のカードになる!

僕の場合だったら、吉本興業の売上を上げてやろうと思って、吉本興業がこれまで取りこぼしていたので、何のかなって考えた時に

「そういえば芸人が6,000人ぐらいの アルバイトしてるな。アルバイト先に芸人の労働力取られている。これはもったいない」

 

っていうことでシルクハットというクラウドファンディングを作ってしまって、吉本興業とシルクハット内で仕事を受け付けられるようにして、アルバイトみたいなこと結婚式の司会でもいいよってしてて。

で、その手数料が吉本に入るようにすると。

 

そうすることになって、アルバイト先に落ちていたお金も所得に入るようなるから、みたいな。考えなきゃいけないのは、「今のままの状態で私が何をすれば会社を勝たせることができるかを考える」と。

例えば、ほとんどの会社員さんって営業時間外で SNS で会社の宣伝とかしてないと思うけど、ここに10万人のフォロワーをつけてね、頼まれてもいないのに会社の宣伝とかやってみて。

たぶん社長からすると絶対にやめてほしくないよそんな社員。
そいつが発言力を貰えるって発言権をもらえるですね。

 

なので僕の結論としては会社を圧倒的にか出してみて。
これはくれぐれも圧倒的です

というわけで素敵な一日をお過ごしください。

西野亮廣でした。

ボイスメディアVoicyの「西野亮廣エンタメ研究所」チャンネルの文字起こしメモをしています。ほぼ写経のような感じでやっています。書き損じはご愛嬌で。

西野亮廣作品一覧

スポンサーリンク