意味を変更して売れる理由を作り直す【西野亮廣エンタメ研究所 投稿共有】

スポンサーリンク

西野亮廣作品一覧

西野亮廣エンタメ研究所の1年前の投稿を公開しています。毎日、学びになる本気の投稿が見れます。下手なビジネス書より月額1000円のオンラインサロンがおすすめです!

 

2019年3月23日(土) ※3月25日以降は『いいね』を押さないでください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

ラオスのロケで、タレントのフォローに来ていたマネージャー須藤君が森で遭難しました。

キングコング西野です。

さて。

無事に(須藤君と共に)帰国した僕を待っているのは絵本最新作『チックタック ~約束の時計台~』の販売プロモーション。

初版部数が『5万部』(※えんとつ町のプペルの初版が3万部)に決まり、「ビジネス書」と違って、「絵本」がいかに売れないかを知っている僕は、完全に本気モード。

参考程度に申し上げますと、絵本業界は「5000部」でヒットという世界です。

さあ、やるぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チックタック ~約束の時計台~』を、どう売るか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

AKB48の52枚目のシングル「Teacher Teacher」の売り上げが300万枚を突破したそうです。

毎度のごとく「この曲を誰が知ってんだよ!」という批判が相次ぎましたが、そんなことより、「ほとんどの人が知らない曲を300万枚売った」という圧倒的な事実に僕は興味があります。

「AKBのCDは、ただの『握手券』だ!」という批判もありますが、そんなことを言い出したら、各家庭にCDデッキがない現代におけるCDは、『ただの歌詞カード』です。

多くの音楽ファンが『歌詞カード』を買って、アーティストを支援しています。

場合によっちゃ、一曲につき、数パターンの『歌詞カード』を売っているアーティストもいるので、べつだんAKB48が特別な動きをしているとは僕は思えません。

結果的にAKB48も、その他のアーティストさんも、CDに関しては、やっていることはそれほど変わりませんが、大きく違うのは、

その他のアーティストは時代の流れで半ば強引にCDの意味を「曲が流れる円盤」から「歌詞カード」に変えさせられ、

AKB48は確信犯でCDの意味を「曲が流れる円盤」から「握手券」に変えたことでしょう。

この違いはとてつもなく大きいですが、両者に共通しているのは、「CDは『意味』を変えないと生き残れない」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

意味を変更する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

絵本もCDと同じような場所にいると思います。

そもそも絵本を購入する層が、少子化により、激減。

もちろん、これまでどおり、そこに向けて球は投げ続けますが、そこだけでは話にならないので、「意味の変更」が求められているように思います。

僕が最初に考えたのは「絵本→インテリア」という意味の変更です。

カフェなどに行くと、小説や参考書は飾られていませんが、海外の絵本は飾られていたりするので、そこは狙えそう。

というわけで、『えんとつ町のプペル』からは、「キングコング西野」のイメージが出ないように、作者の表記はローマ字にしました。

表紙カバーをとると、ローマ字表記の名前すら、ありません。

インテリアとして機能させる為です。

次に考えたのが「絵本→ギフト」という意味の変更です。

絵本が自分(もしくは我が子)の為に買うものであれば、絵本は基本、一人につき一冊しか買われませんが、贈り物であれば、一人の人が5冊買うことだってできます。

「入院中の友人」への暇潰しアイテムや、

「新生活をスタートさせる友人」への応援メッセージとしての『えんとつ町のプペル』ですね。

贈り主の気持ちを代弁してあげることが大切なので、「作品が発信するメッセージ」も贈り主に寄せてあげることが大切だと思いました。

基本、僕の絵本は「大丈夫。頑張って。応援してる」と言っています。

そして今回の『チックタック ~約束の時計台~』は、「絵本→呑み会の参加券」という意味の変更をおこなっています。

参加券には25~30冊の絵本が付いてきます。

AKB48と違うのは、絵本はCDと違って「プレゼント需要」があるので、その後、大量廃棄されないといった点でしょうか。

(※あ。メルカリで売ってもらっても大丈夫ですよ)

現在、発売に合わせて5箇所での呑み会が決まり(完売御礼)、それだけで3600冊が売れました。

サロンメンバーと膝を付き合わせて話せるチャンスでもあるので、一石二鳥です。

お酒が呑めない人や、夜に動けない人もいると思うので、『ランチ会』もしようかと思っています。たとえば、4月19日の昼(東京)とか。

絵本は「意味の変更」で、まだまだ可能性はあると思っていて、もうちょっと、いろんなパターンを試してみますね。

結果が出れば、また報告します。

いつもありがとうございます(^_^)

現場からは以上でーす!

【追伸】

4月30日に群馬で呑み会を企画しました。

もちろん、サロンメンバーの店です。

サロンメンバーを勝たせます(^_^)

西野亮廣作品一覧

スポンサーリンク