アイデアを出さなきゃいけない場面で考えるべきこと【西野亮廣エンタメ研究所 投稿共有】

西野亮廣エンタメ研究所過去の有料記事

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

西野亮廣エンタメ研究所の1年前の投稿を公開しています。毎日、学びになる本気の投稿が見れます。下手なビジネス書より月額1000円のオンラインサロンがおすすめです!

 

2019年3月17日(日) ※3月19日以降は『いいね』を押さないでください。

==================“““

おはようございます。

山登りをした時に、山頂の山小屋に「覚醒剤、ダメ絶対!」というポスターが貼られていて、まさかそんな清々しい場所で誰も覚醒剤のことなど考えていないので、「このポスターがキッカケで覚醒剤を始める人もいるだろうなぁ」と思ったキングコング西野です。

さて。

今朝の公式ブログにも書かせていただきまきしたが、企画書や事業計画書の類いが苦手で「ゴールまでの道筋が見えてしまっている挑戦に、誰の心が踊るんだよ」と思っている僕は、『答えが見えている挑戦』よりも、『答えを出さないと死んでしまう挑戦』を選びます。

たとえば、「町を2つ作る」とかです。

決して一人で挑んでいるプロジェクトではないので、僕がコケてしまうと、たくさんの人に迷惑がかかってしまいます。 『手を動かせば前に進む仕事』ならば、「手を動かせばいい・手を動かすしかない」というシンプルなルールなので重圧も糞もありませんが、『アイデアを出さなきゃいけない仕事』に関しては、進行状況が目に見えないので、 「おい!大丈夫か? 思いつくのか? 思いつかないと死ぬんだぞ! 大丈夫なのか? 」

という不安の連続です。

思いつかなきゃいけないアイデアは様々。

漫才のネタも、

絵本のストーリーも、

映画の脚本も、

声の小さな人を助けるビジネスも、

人を巻き込むプロジェクトの見せ方も、

サロンメンバーを勝たせる仕組み作りも

気が遠くなるような資金繰りも…

毎日毎日毎日毎日、

それなりの量の問題や重圧と向き合っています。

これは何も僕だけに限った話ではなく、クリーニング屋さんを経営されている方や、主婦の方にだって、種類は違えど「アイデアを出さなきゃいけない場面」というのは必ずあると思います。

その時、「ヤバイ。どうしよう」と思っているのと、「大丈夫。いける」と思えるのとでは、アイデアの生産力が違ってくると思うので、僕は、

「大丈夫。前に進んでる」

「大丈夫。必ず思いつく」

と思えるような仕掛けを自分に用意しておりまして、今日は、その中から2つを紹介したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━

①アイデアは降ってくるモノではなくて、掘り起こすモノ

━━━━━━━━━━━━━━

考え方ひとつですが、『アイデアは天から降ってくるモノ』として捉えていると、天から降ってこない時間がまるで無駄になり、「下手すりゃこのまま最後まで降らないかも…」なんてことまで考えてしまいます。

なので、アイデアを「天からの授かり物」のように捉えるのではなく、 『アイデアは地面から掘り起こすモノ』

とすると、「初日は北の地を掘ったけど、出てこなかった」「二日目は東の地を掘ったけど、出てこなかった」「となると、あとは南と西か…」となり、掘れば掘るほど、掘り起こせる確率が上がり、「掘り起こすことに充てた時間が無駄じゃない」の思えるので、結構オススメです。

僕は、朝から延々と考えて、深夜になっても1文字も進んでいない日なんてザラにあるのですが、この考えだと、「今日はココを掘ったから、明日はアソコを掘ろう」と思えて、筆が走らなかった日ですら「前進」を感じられるので、メンタルがやられません。

バカみたいな話ですが、「アイデアはどこから来るか?」を自分にとって都合の良いように定義しておくのは本当にオススメっす。

━━━━━━━━━━━━━━

②勝ちパターンを作る

━━━━━━━━━━━━━━

結論から先に言うと、上手くいきそうな時(アイデアが思いつきそうな時)や上手くいっている時(筆が走っている時など)に、毎度、決まった曲を流すのはオススメです。

僕個人的には、これは『確証バイアス』に近い感覚ですね。 (※確証バイアスとは仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。また、その結果として稀な事象の起こる確率を過大評価しがちであることも知られている)

音楽に成功体験を染み込ませて、「この曲が流れている時は結果が出る」と自分に思い込ませるわけですね。

もちろん、結果が出ないことの方が多いのですが、不思議と、自分の中では良い結果が出た時のの思い出しか残らなくて、「今回もイケるだろう」と思えちゃう。

━━━━━━━━━━━━━━

まとめ

━━━━━━━━━━━━━━

これらはマインドの話で、オンラインサロンで、こういった話をこれ以上踏み込むと気味悪くなってしまうので、ここら辺にしておきますが、

要は「自分はいける」と“勘違い”させてしまえばいいと思います。

勘違いしてしまえば、幽霊だって見えてしまうのが僕たち人間なので。

騙されたと思って試してみてください。

今日は、「アイデアを生み出す時の自己暗示のかけ方」についてのお話でした。

現場からは以上でーす(*^^*)

【追伸】

「ホームレスの写真を10万円で買っちゃった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク