2019/2/1【西野亮廣エンタメ研究所 投稿共有】

西野亮廣エンタメ研究所過去の有料記事

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

西野亮廣エンタメ研究所の1年前の投稿を公開しています。毎日、学びになる本気の投稿が見れます。下手なビジネス書より月額1000円のオンラインサロンがおすすめです!

 

2月1日(金) ※2月3日以降は『いいね』を押さないでください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

昨夜、「サケ」と「シャケ」の違いについて調べていたら、「鮭」と「サーモン」が別の魚だという衝撃の事実に辿り着いてしまい、「一度、鮭周辺をキチンと整理しなきゃいけない」と思っているキングコング西野です。

さて。

本日の内容もトップシークレットなので、口外したらブチ殺される(訴えられる)ことを踏まえた上で、お読みいただきたいのですが……

TOYOTAさんから、PRイベントで展示する『新型クラウン』のラッピングデザインのお仕事をお受けしました。

(※ここまでの情報はオンラインサロン内で公開する許可をいただいているのですが、ラッピングカーの展示が「3月14日~」なので、くれぐれも、それまでは秘密厳守でお願いいたします。)

今回、何故、トップシークレット案件をこうしてオンラインサロンの皆様に共有しているかと申しますと、代理店さんの方からも「西野さんは絵本を作るときもチームで進められていて、今回も、たとえば『西野亮廣エンタメ研究所』を絡めてやれたりしないですかね?」と御提案いただいたからです。

んでもって、今現在の僕の考えを正直にお話しすると、『皆が出した意見をまとめたデザイン』は当たり障りのないモノになってしまうので、まったく面白くないと思っていて、やっぱり「0→1」は僕が一人でやった方がいいと思っています。

その先(1→100)の作業を『西野亮廣エンタメ研究所』のメンバーの皆様と一緒にやれたらいいなぁと思っているのですが、サロンメンバーと一緒にやれる「1→100」の作業が一体何なのか(どのようにオンラインサロンを絡めたら更に面白くなるのか)が、まだ見えていません。

「こんな絡め方をしたら面白いんじゃない?」というアイデアがあれば、是非、頂戴したいのですが…そのアイデアを出していただく上でも、新型クラウンのラッピングデザイン(「0→1」の作業)について、今、僕の頭の中にあるイメージを共有しておきたいと思います。

クライアントさんから出されたラッピングデザインのテーマは『革新』です。

まだまだ僕の中でもボンヤリとしていますが、“アイデア段階”を共有できるのもサロンの面白味の一つだと思うので、形になる前のフニャフニャの状態をお届けします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク