転職

就職活動での【マイブーム】と【趣味】の違いを押さえて、一歩リードしよう!

就職活動での【マイブーム】と【趣味】の違いを押さえて、一歩リードしよう!

イトダイ
企業によって、趣味とマイブーム。2つの聞かれ方があるけど、どうすればいい・・??

面接やエントリーシート、
履歴書などで書かれている「趣味」「マイブーム」の欄。

就活対策のなかでも、地味〜につまずいてしまうポイントですよね。

 

元・人事責任者としては、
「趣味とマイブームの違いを理解しているかどうか」は
地頭の良さを見るポイント
だと強く言いたい!

違いをはっきりと理解したうえで、就活に臨みましょう。

おすすめ

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しましょう!

サービス特徴
リクナビNEXT
無料適職・性格診断あり
ビズリーチ独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒内定率80%超え
ミイダス分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

 

趣味は過去から続くリラックス法

趣味とマイブームの違いをひも解くには、
まず言葉を言い換えることから考えましょう。

 

趣味を英語で言うと(my) hobby ですね。

つまり、趣味は道楽とも訳せるので、
あなた自身にとって楽しく過ごせる事です。

言い換えると、あなたがリラックスできる時間にやっていること・方法が趣味ですね。

 

そして、趣味は過去から現在まで続いていることが望ましいです。

イトダイ
1週間しか続いていない趣味を趣味って言わないですよね?

 

マイブームは現在進行中の語れること

一方、マイブームは和製英語なので訳すことができません。

英訳するならば「be into〜」が適切でしょう。
「be into〜」は熱中しているという意味です。

 

つまり、マイブームは現在何かに熱中しているものを答えるべきなんです。

 

マイブームに関しては、没頭・熱中していることなので、
期間が短くても問題ありません。

 

ただし、相手にあなた自身が感じている魅力を説明できる
くらいのものでなければ、
没頭しているとは伝わらないので、注意が必要です。

 

趣味とマイブームを間違えてしまうと、
あなた自身の回答が誤って面接官に伝わってしまうんです。

 

例えば「あなたの趣味 (=リラックス) はなんですか」
と聞かれたときに、
マイブーム (没頭していること) を答えるとおかしいですよね?

 

逆に「あなたのマイブーム (熱中していること)は?」
と聞かれているときに、
趣味 (リラックス)を答えるのも変ですね。

 

面接官自身も気づいていないですが、
無意識に「この人とは話が合わない」と感じてしまって、
マイナス評価になるんです。

 

イトダイ
本当に本当に気をつけましょう!

 

マイブームには2つのパターンがある

 

ここからは、さらに深い部分を押さえておきましょう。
一次面接官すら理解していないポイントです。

マイブームには、2つのパターンが存在します。

  • 趣味の中に、マイブームがある (深化)
  • 趣味(長期化)になっていないが、マイブーム(短期・没頭)している

図解化すると下記のイメージです。

趣味の中にマイブーム
趣味の中にマイブーム

趣味とは別にマイブームがある状態
趣味とは別にマイブームがある状態

趣味とマイブームの違いが理解しづらい理由は、ココにあります。
あなたのマイブームが「趣味が深くなった」か「別の興味関心」か。
ハッキリ整理しておきましょう。

 

↓さらに考えを整理したい人だけ。本気でオススメです↓

おすすめ

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しましょう!

サービス特徴
リクナビNEXT
無料適職・性格診断あり
ビズリーチ独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒内定率80%超え
ミイダス分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

-転職

© 2021 チクタク Powered by AFFINGER5