会社のトイレで「辞めたい」と思い続けた日々と解決方法

会社のトイレで「辞めたい」と思い続けた日々と解決方法

スポンサーリンク

この記事のURLをコピーする

 

  • デスクに座っているだけで気分が悪くなる
  • 会社のトイレに入って、辞めたい…と思う。

そんな苦しい会社で働いていませんか?

 

イトダイ
何を隠そう、僕もあなたと同じその苦しみを味わった

 

同じ境遇だからこそ言える話と伝えたいこと。

なるべく早く会社を辞めて、転職した方がいい。

大事なことだから、もう一回。

なるべく早く会社を辞めて、転職した方がいい。

その結論に至った、僕の経験をお話します。同じ悩みを持っているあなたが読んでくれたら嬉しいです。

 

イトダイ
辛くて転職したい人はこの記事がおすすめ

【転職ミスマッチを防げ!】ミイダスの適性職種診断をやってみた
無料の性格・長所診断「グッドポイント診断」が当たりすぎてヤバかった。

 

【経験談】会社のトイレで辞めたいと思う日々

いま思い出しても、本当に毎日が辛い日々でした。

僕は北海道への移住を機に、転職しました。

対外的にはすごく良い会社。

でも、僕には体質が合わなさすぎたんです。

  • 意味もなく詰められる日々
  • 異常なまでの会社ルール
  • ワンマン経営

 

もうメチャクチャ。

全て問題なく仕事をしているのに、些細なことで呼び出され詰められる。

個人の裁量を極限まで排除して、徹底的な会社ルールを作る。

その首謀者が社長ときた。

 

イトダイ
直るはずがないですよね

 

同僚の人たちは、僕の普段の仕事ぶりを評価してくれているにも関わらず、社長とは波長が合わなさすぎて、何か行動を起こすたびに『オマエは間違っている』『仕事が出来ない』とレッテルを貼られました。

最初はクソ反抗してたんですけど、人間って不思議なもので、だんだん自己嫌悪に陥ってしまうんですね。

そのうち、会社に行くことすら、嫌になってしまって

 

「このまま、休んでしまおうか」

「いっそ飛んでしまったほうが、精神が安定するんじゃないか」

 

そんな風に思ったものです。

でも、人として最低限のルールを守ろうと、ちゃんと出勤し続けたんですね。

ただ、身体が言うことを聞かないんです。

 

デスクに座ってたら、どんどん気持ち悪くなってきて、30分おきくらいに会社のトイレに行っちゃって。。

身体が熱くなって来て、心拍数も絶対高い。生ツバを飲み込みながら呼吸が速かったことを今でも覚えています。

 

そして、ずーっとトイレで「辞めたい辞めたい辞めたい」って思い続けてました。

もしかしたら、あなたも同じかもしれませんね。

最終的には社長から呼び出されてクビ宣告。

 

再転職で会社のトイレにこもることも無くなった。

 

ここまでの僕の流れをみてどう感じましたか?

どう考えても健全じゃないですよね。

 

精神的に病んでくると、身体にも変な反応が出て来たりしますから。

その不健康さを感じていた僕は、転職サイトに駆け込みました。

 

片っ端から転職サイトに登録しまくって、再就職の道を探して、無事に見つけることができました。

いわゆる色んな面で普通の会社。

 

すると、精神的な病みも、身体の変調も、全てが無くなったんです。

もちろん会社のトイレに駆け込んで、辞めたいって思うこともなくなりました。

 

元に戻るだろうとは思ってましたが、本当にびっくりしました。

一番驚いたのは「いかにヤバイ会社に入ってしまったか」がはっきりとわかった事。

 

自分の思ってる以上に視野が狭くなってました。

それが一気に視野が広がって『あの会社はオカシイ』と気づけた。

 

会社のトイレに逃げるまで追い詰められなくていい。

 

仕事に悩んでいるあなたは本当にマジメ。

だけど、だからこそ。

僕の経験談を見て

 

「今の会社に居ることだけが、正しいのではない」

 

ってわかってくれたと思います。

 

いま、会社のトイレで読んでいたら、僕とあなたは同じ環境。

本当に会社から逃げる準備をしましょう。

自分で自分を助けてあげましょう。

 

どうすれば希望の仕事を見つけられるか

 

私の答えは転職サイトに登録していくことです。

転職サイトは3つの種類があります。
スカウト型、サイト型エージェント型の3つです。
それぞれの特徴をみていきましょう。

POINT!

  • スカウト型…あなたの情報を入れると、
    企業側からアプローチがくる
  • サイト型…学生時に就職活動で使ったリクナビやマイナビのような、
    自分から求人を探していく方法です。(20〜30代の人には一般的ですね)
  • エージェント型…転職サービスに登録してあなた専門の担当者が
    あなたの希望条件に合った求人を提案してくれる

この3種類の転職サービスをうまく使い分けることが就職を成功させる、最も大きな唯一のコツだと考えます。

転職活動をしてきた僕のオススメは、
スカウト型で1つ、サイト型で2つ、エージェント型で2つ
登録しておくのが、ボリュームも大きくなりすぎず、求人数や質もちょうど良いです。

 

転職する際のオススメの転職サイト

『スカウト型で1つ、サイト型で2つ、エージェント型で2つ』登録をオススメする企業採用担当の僕が、ココに登録して間違いない5つの転職サイトを紹介します!

 

スカウト型:ミイダス[miidas]

スカウト型のミイダスという転職サービス、面白いところは2つ。

  1. あなたの経歴を入れるだけで想定年収がわかる
  2. あなたの社会人スキル適正診断できる

そして、あなたに興味を持ってくれた企業からスカウトメールが来るんです!
実際に、僕にもスカウトメールが来たので、良いサービスですよ!

\無料で潜在年収・適正職種をチェック/

 

サイト型:リクナビNEXT

ド定番ともいえる安心・安定の転職サイト。リクナビNEXTの独自サービスとして「グッドポイント診断」という無料適職診断があるのが特徴です。

無料とはいっても超本格的。質問に答えていくとあなたの5つの強みを出してくれます。転職活動時には気づかない長所もわかるので、登録しておいて損はないサイトです!

\無料で適職診断してみる/

 

サイト型:ビズリーチ

https://www.bizreach.jp/

CMでもおなじみの「ビズリーチ」20代のキャリア形成において、年収・キャリアアップはとても大事。

ビズリーチは20〜30代でもミドル・ハイクラスの求人があるので、キャリアアップを目指したいあなたにベストマッチの転職サイトです。

\キャリア・年収UPチャンス !/

 

エージェント型:リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/言わずもがな業界大手の1つリクルートが運営しているエージェントサービスです。企業の採用担当にも積極的に連絡をくれます。企業側にとっても安心感のあるエージェントです。

\大手で安心/

 

エージェント型:DODAエージェント

https://doda.jp/consultant/

リクルートエージェントほどの大きさはありませんが、企業側にはもちろん求職者にもこまめに求人を送ってくれるかゆいところにサービスの手が届いていると言えるエージェントです。

採用側にから見ると、こまめに企業側へアプローチをしてくれるので、求職者の良さを売り込んでくれる信頼の厚いエージェントの1つです。

 

20代の方は若者特化型サービスで、さらにチャンスを掴む

転職サービスの中には
20代に特化したサービスも存在しています。
若手層の強みを持っているサービスだから
内定率も高い
んですね。

本気で転職の成功確率をあげたいアナタ。登録をオススメします。

スポンサーリンク

会社のトイレで「辞めたい」と思い続けた日々と解決方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です