2020/6/12号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス特徴
リクナビNEXT無料適職・性格診断あり
ビズリーチ独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒内定率80%超え
ミイダス分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

多様化、分散化が必須に<“withコロナのコールセンターとは?> 通販各社、対策と対応着々と

 緊急事態宣言が526日に解除され、新型コロナウイルスと共生するウィズコロナ社会が始まった。コロナの感染防止と事業活動を両立させねばならない状況下で通販実施企業はどのようにビジネスを行っていくべきなのだろうか。今回は多くの通販事業者にとって最も大切な機能の1つといえる顧客からの受注・問い合わせの窓口であるコールセンターのあり方について、ウィズコロナ社会を見据えた試みを展開する各社の事例を見ながらあるべき今後の姿を探る。  

通販新聞社

18m

Netflix、ケーブルテレビで視聴可能に日本ケーブルテレビ連盟と提携、年度内50局へ展開

日本ケーブルテレビ連盟とNetflixがサービス提携を発表した。Netflixを視聴可能なケーブルテレビ局のセットトップボックスで、Netflixのコンテンツが視聴できるようになる。

CNET Japan

14m

南海キャンディーズの山ちゃんに見る、これからの時代で信頼が集まる人の共通点

SNSの普及により、「個の発信」はめずらしいものではなくなりました。キングコングの西野亮廣さんは、「個の時代から次のステージへと変化している今、あるものを見せられる人は強い」といいます。個の時代は、自分の意見をうまく発信できる人が強く見えましたがこれからの時代はどんな人が必要とされるのでしょうか。今回は『西野亮廣エンタメ研究所voicy』より、勝ち組になりたければ持っておくべきものをご紹介します。「個の時代」から「集落の時代」へ現代において「個の発信」は、特別めずらしいことではありません。10年前は、普通のOLさんが自分の意見を発信するだけで、特別なポジションを取れましたが、今はみんなSNSをやっています。「ただ発信するだけ」では、なかなか見つけてもらえません。時代は今、「個の時代」から「集落の時代」になってきています。個で発信している人同士が集まって集落をつくり、同じ集落の人をお互いにひいきしあう時代です。オンラインサロンは、まさにそう。僕は仕事を外注するとき、サロンメンバーさん以外に頼むことはほとんどありません。先日、キングコングでPVを撮ったときも、サロンメンバーさんが経営している映像会社さんにお願いしました。ちなみに、いまテレビで流れている「キャリオク」のCMも、撮影スタッフは全部サロンメンバーさんです。出典

R25

いま

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク