2020/2/19号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

千趣会は最終黒字に、純利益81億円…構造改革が奏功

https://www.tsuhannews.jp/shopblogs/detail/64297

カタログ通販の(株)千趣会がこのほど発表した2019年12月期(1~12月)連結決算は、売上高が前期比21.3%減の891億5000万円、営業利益は7億7200万円(前期は40億6300万円の営業損失)、純利益は81億8200万円(同60億2700万円の純損失)となった。
通販事業で赤字幅が大幅に改善 売上高は、通信販売事業の事業規模を適正化したことや、(株)ベルネージュダイレクトと(株)モバコレの連結範囲除外の影響などで減少。
利益面では、通信販売事業の在庫削減及や人件費適正化をはじめとした全般的なコスト削減など、事業構造改革の取り組みを強化した。
純利益は、固定資産売却益及び投資有価証券売却益などを計上した。
カタログ及びネットを中心とする「通信販売事業」の売上高は613億円(前期比29.1%減)、営業損失は8億500万円(前期は56億3300万円の営業損失)。
構造改革により、売上総利益率、販管費は大幅に改善し、赤字幅は縮小した。
ベルメゾン会員の年間購入者数は237万9000人と同27.1%の減、年間新規購入者数は56万6000人となり同0.5%増加した。
テレビCMなどで集客も強化 発注オペレーションの改善による在庫水準の適正化や、粗利率の改善に向けての取引先との協業強化、現地法人の運営適正化を実施した。
また、2社の連結範囲除外に加え、販売チャネル戦略・販促施策の見直し及びMD(マーチャンダイジング)改革により事業規模の適正化を行った一方、テレビCM、WEB…”
通販通信ECMO

失敗を恐れているキミへ【Voicy文字起こし/西野亮廣エンタメ研究所 】

https://chik-tak.com/voicy-nishinoakihiro-20200217/

このままだと不要な人材になる 今日は失敗を恐れている君へというテーマでお話ししたいと思います。
基本このVoicyをおよび YouTube は僕の過去の長所だとか革命のファンファーレ新世界魔法のコンパスそのあたりだとか、…”
[chik-tak]イトダイ

JADMA130社売上高 19年は前年比2.2%増の1兆3738憶円、雑貨などがけん引

https://www.tsuhanshimbun.com/products/article_detail.php?product_id=5113

日本通信販売協会(JADMA)の売上高月次調査集計によると、対象約130社の2019年(1~12月)の総売上高は前年比2・2%増の1兆3738億9200万円だった(表参照)。
消費税がアップした10月についてはほぼすべての項目でマイナスとなったが、直前の9月に駆け込み需要が発生したことでその落ち込みをカバー。
年間を通じては、「衣料品」や「通信教育・サービス」などが低調だった一方、「雑貨」や「化粧品」などが好調に推移した。
カテゴリー別に見ると「衣料品」が前年同月比2・7%減の2298億2200万円で、1月から7月まで7カ月連続でマイナスとなるなど低調に推移した。
「家庭用品」は同0・1%減の1719億2300万円。
プラス月とマイナス月が半分ずつとなり、前年とほぼ同水準となった。
「雑貨」全体は同4・9%増の6861億円。
10、11月を除いたすべての月で前年を上回っており、二桁成長も2回記録するなど、好調を維持した。
このうち、「文具・事務用品」は同2・8%増の3601億4300万円で、プラスの月が多く好調な1年となった。
「化粧品」は同8・6%増の1577億7600万円となり、「その他」を除いた全項目の中で最も増加幅が大きかった。
7月には32%、9月には43%の伸び率を記録するなど、年間を通じて好調だった。
両項目を除いた「雑貨」は同5・9%増の1681億7700万円。
20%を超える伸びを見せた月もあった。
…”
通販新聞社

あふれるヘイト本、出版業界の「理不尽な仕組み」に声を上げた書店のその後

https://www.businessinsider.jp/post-207227

1年前、注文をしていないヘイト本が勝手に配本されて、書籍の理不尽な流通の仕組みに声をあげた1軒の大阪の書店。
それから1年。
書店の置かれた立場に変化はあったのでしょうか。

BUSINESS INSIDER JAPAN

「論語」の教えがグサグサと胸に刺さりまくる 2500年読み継がれる最強ビジネス書の魅力

https://toyokeizai.net/articles/-/328843

2500年前に書かれたとされる『論語』は、数多くの政治家、経営者、学者、思想家……長きにわたって各界の…
東洋経済オンライン

アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング みずほ銀行システム統合の19年史が1位獲得

https://toyokeizai.net/articles/-/331055

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…
東洋経済オンライン

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク