2020/2/5号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

目次

Googleの実験プロジェクトから手作り系ショートビデオアプリが登場

https://jp.techcrunch.com/2020/01/31/2020-01-29-googles-area-120-launches-tangi-a-short-form-video-app-focused-on-creativity-and-diy/

Googleの社内インキュベーター、Area 120から新たなアプリがリリースされた。
手作りに関するショートビデオで新たな発見を得るためのアプリだ。
米国時間1月29日にリリースされたこのショートビデオプラットフォームの名前は「Tangi」。
現在はWebとiOSで利用でき、自作好きの人々が手芸、ペインティング、料理、ファッション、ビューティーなどに関するハウツービデオを共有できる。
TikTokや最近登場したByteはエンターテインメントを主眼としているが、これに対してTangiは人々の学びを支援する。
Tangiを作ったCoco Mao(ココ・マオ)氏は「我々は手作りやクリエイティブなコンテンツに焦点を絞っている。
このプラットフォームは、人々が手芸、料理、創作を1分ほどの短いビデオで学べることを目指している。
ユーザーが高品質なハウツービデオをたくさん見つけられるようにTangiを設計した」と説明する。
マオ氏は上海に住む両親のもとを訪れたときにTangiを思いついた。
両親はスマートフォンでペインティングや写真撮影のハウツービデオをたくさん見ていた。
両親にとってスマートフォンは難しいと思っていたにもかかわらず、だ。
…”
TechCrunch

徳島拠点の電脳交通がJapanTaxiやドコモ・JR西のCVCなどから2.2億円調達、タクシーを軸に交通空白地帯の解消目指す

https://jp.techcrunch.com/2020/01/31/cybertransporters-2/

徳島を拠点とする電脳交通は、第三者割当増資による2.2億円の資金調達を発表した。
引受先は既存株主である、JapanTaxi、NTTドコモ・ベンチャーズ、JR西日本イノベーションズ、ブロードバンドタワー、個人投資家。
NTTドコモ・ベンチャーズはNTTドコモの、JR西日本イノベーションズは西日本旅客鉄道(JR西日本)の100%子会社のCVCだ。
2018年にこれらの株主から約1.8億円の資金を調達しているので、累計調達額は4億円となる(エンジェルラウンド合わせると累計4.1億円)。
今回調達した資金は、営業拠点の拡大、カスタマーサクセス体制の構築、パートナー企業開拓、社員採用強化などに投下される。
関連記事:クラウド型タクシーコールセンターの電脳交通がJR西日本と連携 同社は、配車手配やコールセンター業務といったタクシー会社のバックオフィスのクラウドシステムを開発・提供する、2015年12月設立のスタートアップ。
代表の近藤洋祐氏は、祖父から受け継いだ地元のタクシー会社である吉野川タクシーの代表取締役でもあり、自らもタクシードライバーの経験がある人物。
2019年2月にはJR西日本、日本交通、篠山市(現・丹波篠山市)と連携し観光客向けタクシー乗り放題サービス、2019年3月にはNTTドコモと山口市阿東地域を運行エリアとするタクシー事業者2社と連携した公共タクシー運行といった実証実験を進めてきた。
また、同社のタクシー配車システムは2019年12月時点で、全国18都道府県、約3000台のタクシー車両に搭載されているという。
…”
TechCrunch

5Gに向けて“協創”――ドコモがパートナー企業との取り組みを紹介

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2001/30/news116.html

“1月23日と24日に開催された「DOCOMO Open House 2020」では、5G商用サービス開始を視野に入れた展示や講演が複数行われた。
この記事では、同社の5G・IoTソリューション推進室長を務める船越健志氏の講演の概要をまとめる。

ITmedia

LINEの仮想通貨「LINK」、日本でも取り扱い開始へ 4月以降に

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/30/news142.html

“LINE傘下のLVCが、独自の仮想通貨「LINK」の取り扱いを日本でも始めると発表した。
4月以降、仮想通貨取引所「BITMAX」に上場させる予定。

ITmedia

「分析やってます」の大半は処理なんです 本質なきデータ分析がはびこるワケ

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/31/news013.html

“日本企業がデータの分析・活用に苦戦する理由とは。
20年以上データ分析の仕事に携わっているしんゆうさんに聞きました。

ITmedia

年間15%の人件費が「会議」に使われている衝撃 不毛な会議は「社内の民主化」の裏返しだ

https://toyokeizai.net/articles/-/326602

アメリカ・ギャラップ社の調査によると、日本には「熱意ある社員」が6%しかおらず、これは調査対象の139…
東洋経済オンライン

開成の入試問題に「大江戸線」が出題された意味 直前に暗記で詰め込んでも太刀打ちできない

https://toyokeizai.net/articles/-/326166

中学入試というと、そうとう難しい問題もあり「小学生にここまで解かせる必要があるのか?」と思っている…
東洋経済オンライン

「100年前の日本」が今と驚くほど似ている事情 現代日本の問題を大正時代から考察してみた

https://toyokeizai.net/articles/-/326603

メリハリのない仕事ぶり、教師や役人の長時間労働、政治家の質低下、教師の体罰、新聞への批判、なりすま…
東洋経済オンライン

【社長の本棚】ライザップ瀬戸社長の”本棚”を拝見! 「結果にコミットしたい」ビジネスマンおすすめの10冊

https://note.com/gacchiri/n/n2dc94eef131f

“経済バラエティ『がっちりマンデー!!』(毎週日曜あさ7時30分~放送中/ TBS系)をもっと深く楽しめる、『がっちりスクール!!』。
お金やビジネスについて、一緒に学んでいきましょう!今日の『がっちりスク―ル!!』は、RIZAPグループ創業者であり、代表取締役社長の瀬戸健さんが読んでいるビジネス書を紹介。
瀬戸社長のスマートフォンに500冊以上並んだ電子書籍の中から、10冊を厳選しました。
「インプット→アウトプットを連動した読み方をすると確実に身になる」という瀬戸社長の‟読み方”も、今すぐ取り入れられそうです。
続きをみる”
がっちりマンデー!! note編

MTG “動く”マットレス発売、AIで制御、最適な誘眠を提供

https://www.tsuhanshimbun.com/products/article_detail.php?product_id=5072

“ 美容・健康関連機器などの企画・販売を手がけるMTGは、新規事業として睡眠に関わるブランドとして「NEWPEACE(ニューピース)」を立ち上げ、2月3日よりまずはマットレスの販売を開始する。
実店舗での取り扱いからはじめ、5年での分割払いでも対応する。
今後は通販で販売することも計画している。
これまで同社では「美容と健康」をテーマに美容商品の「ReFa」やトレーニング商材の「SIXPAD」などを展開。
今回は新たに美容と健康を保つ上で関連性が高いとされる「睡眠」に着目した新ブランドを立ち上げて、既存事業に並ぶ新たな柱として展開していく。
発売するのは付属のタブレットリモコンを通じてAIを活用し、動きと温度コントロールで睡眠への誘導や管理を行うマットレスの「AI Motion Mattress(エーアイモーションマットレス)」。
内蔵されている機器によってマットレス自体が自動でうねるように作動する仕組みで、ゆりかごの感覚で心地良い眠りに誘われる動きを再現する。
動きのコースは「おやすみ」「めざまし」のほか、日中にも使える「ストレッチコース」がある。
ストレッチコースでは全身をはじめ、骨盤まわりや足、など様々な部位のケアをサポートする。
…”
通販新聞社

@dubhunter 梅本 周作 / ajike

https://twitter.com/dubhunter/status/1222808150874587136

サブスク管理ツールのダッシュボード画面はこんな感じhttps://canmanage.work/ pic.twitter.com/xorAon11pn
@ryodan23

@ad_r0302 斉藤裕貴@Web広告代理店

https://twitter.com/ad_r0302/status/1222725689536925698

“何度でも読み返したい記事。
Amazonの戦略…. 恐らく何十年先の戦略を綿密に考えていただろうし 赤字だろうと5年は継続且つ戦略的にアクションをとり続ける これは超差がつく…けど差別化できるポイントでもある….https://buff.ly/2TXSxFk ”
@Books_Apps

あなたはナポレオン? それともモルトケ? マーケターのタイプを習熟度ごとに分類

https://agenda-note.com/brands/detail/id=2333

“【質問】 音部さんは、「マーケター」をどのように分類できると考えていますか? 連載の第7回「上司から『マーケティングだけを学んでも、いいマーケターになれない』と言われました。
本当ですか?」で、マーケターを野球のポジションに例えて説明しました。
今回は、それを深掘りして、私が考える分類をお話しします。
まず、ある程度経験を積んだマーケターである、マーケティング本部長やCMOの分類です。
この場合は4象限に分けています。
※2019年開催のマーケティングカンファレンス「ネプラス・ユー」で解説した図を使用。
横軸は「回復をさせる人」「持続的な改良をする人」に分けています。
両方できる人もいますが、片方が得意な人が多い印象です。
去年まで行ってきたことと同じことを持続的に改良し続ける胆力あるいは持久力がある「改良」の人と、去年まで行って上手くいかなかったことを否定して、より大きいスティープなカーブを描くために現状の方針を変えられる「回復」の人では、求められる力が違いますよね。
縦軸は「ナポレオン」「モルトケ」に分けています。
ナポレオンはご存知の通り、皇帝にして現場指揮官にして将軍です。
一方で、モルトケは普仏戦争でフランスを破ったプロイセンの参謀総長です。
モルトケは国家元首でも現場指揮官でもないですが、それぞれの部隊の力を最大限に引き出せるような構造づくりのために参謀本部という組織の仕組みをつくりました。
…”
Agenda note

「分析できないことにはチャンスがある」企業の”倒産理由”からマーケターが学べること【お薦めの書籍】

http://markezine.jp/article/detail/32727

“ 先人の失敗こそ、時代を超えた貴重な教材だ――。
今回紹介するのは、この考えに基づき25社が「倒産」に至った経緯を調べ尽くした1冊。
経営層やマーケティング部門の意思決定の過程を辿り、なぜ・どこで間違えたのかを考えることで、日々の業務につながる教訓を引き出すことができます。

MarkeZine

 

 

スポンサーリンク

面接・出勤前のイトダイマガジン