2020/2/4号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする
このエントリーをはてなブックマークに追加

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

 

お客さんに『株』を持たせた方がいいよ by キンコン西野

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12571397237.html

“オンラインサロンの中の内容が不透明すぎるのも怖いと思うので、10日に1回ほど、オンラインサロン内に投稿している記事をブログにアップしているのですが、今日がその日です。
今日は1月14日にサロン内に投稿した記事「お客さんに“株”を持たせろ」を無料公開します。
内容に共感いただけたら、記事のシェアをお願いします。
それでは、どうぞ。
====お客さんに『株』を持たせた方がいいよ西野亮廣エンタメ研究所 【投稿者】西野亮廣おはようございます。
年末の『天才万博』(毎日20杯ずつぐらいお酒を呑んだよ)の反動で、今は全くお酒が呑みたくないキングコング西野です。
さて。
今日は「次は、こんなことを仕掛けようと思ってるよ。
…ていうか、この記事を書いた直後から、すぐに動き出すよ」という話をしたいと思います。
泣いても笑っても今年は映画プペルイヤーでして、このサロンでも、映画の広告戦略の話題が例年よりも多くなると思います。
そんな中、第1弾広告として仕掛けた『カバー曲企画』がバズって(連鎖をおこして)おります。
【関連記事】https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12566845862.html
西野亮廣ブログ

最近話題になったイケてるWebサービス・アプリ10選(2020年1月編)

https://creive.me/archives/29220/

“2020年一発目。
1月に話題になったイケてるWebサービス・アプリをご紹介します。
今月は、クローズしたサービスがとても多い月で、年明けからネット界隈を騒がせました。
(クローズしたサービスの紹介はここでは割愛します)…”
creive【クリーブ】

“糸井重里のシゴト観。「やりがいを語る前に、今やっていることを肯定するこころを大事にしたい」”

https://next.rikunabi.com/journal/20200131_p12/

“23歳でコピーライターになり、数々の名キャッチコピーで脚光を浴びた一方、本の構成や作詞家、雑誌の連載やテレビの司会者も務め、ゲームの制作も手がけるなど活躍。
50歳のとき「ほぼ日刊イトイ新聞」(ほぼ日)をスタートさせ、今年で22年。
2017年には株式も上場している。
糸井重里さんは今、「はたらく」ことに何を思うのか。
ほぼ日が初めて本格的なインターン募集、新卒採用をするというニュースが流れてきたが、それも合わせて「はたらく論」を聞く。
働かないとつまんないよ、と伝えたかった ほぼ日は2013年、「はたらきたい展。
」という展覧会を開催した。
これからの時代の新しい「はたらきかた」を一緒に想像してみよう、という企画は大きな話題となり、東京・渋谷から大阪、博多でも開かれた。
この「はたらきたい展。
」を、今年2020年の夏に、7年ぶりに開催するという。
なぜ今、再び、なのか。
「どうして今年に、というより、前回がちょっと早すぎたんですよ(笑)。
はたらきたい、という欲望、希望をタイトルにしたのがもの珍しかったんだと思うんですが、実は本当のところでは、まだ興味は薄かったんじゃないかと感じていたんです。
…”
リクナビNEXTジャーナル

「サッカーの、まだ知られざる可能性とポテンシャル」Jリーグチェアマンが語る、スポーツで解決できる未来の課題

https://next.rikunabi.com/journal/20200131_p11/

“2014年、Jリーグの5代目チェアマンに就任したのは、プロスポーツ経験があるわけでもない、監督やコーチ経験があるわけでもない、クラブ経営の経験もなく、スポーツビジネスに携わったこともない人物だった。
それが村井満さん。
大学卒業後、新卒でリクルートに入社、30年にわたって会社員生活を送っていた。
そんな村井さんが見た“スポーツを取り巻く業界”で働くこと、その魅力、ポテンシャルとは? 単なるサッカー好きがチェアマン 仕事キャリアのスタートは、リクルートでの求人広告の営業。
その後、人事部長に、さらには人事担当役員になり、リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)の社長に就任する。
その後は、新規事業の立ち上げのために3年にわたって香港に駐在し、アジアでのリクルーティングビジネスの可能性を探って奔走していた。
「30年間ずっとやっていたのは、人と組織に関わるプロセスでした。
そんな自分が、Jリーグのチェアマンになるなんて、まったく想像していませんでした」 当時、リクルートはCSRの一環として、スポーツ選手のセカンドキャリア支援を行っていた。
従業員をJリーグやプロ野球機構に出向させ、セカンドキャリアのサポート行ったりもしていた。
…”
リクナビNEXTジャーナル

一本の電話が人生を変えた。普通の弁護士だった橋下徹が大阪府知事になるまで

https://r25.jp/article/771947977034110589

“元大阪府知事の橋下徹さんは、新著『異端のすすめ』で「チャンスは平等にある」と語っています。
あなたはどう思うでしょうか?これだけ世界が狭くなった現代とはいえ、「自分にはチャンスが来ない」「能力はあっても活かす機会がない」、そう感じているR25世代のほうが多いかもしれません。
そんな若者に対して橋下さんは、チャンスそのものよりも、それを「つかむ力」を持てと、訴えかけています。
2月6日に発売される同書より、「チャンスをつかむ力」「自分の強み」について2記事を抜粋してお届け。
橋下さんの実体験から語られる熱のこもった言々句々をどうぞ!異端のすすめ

https://www.amazon.co.jp/dp/B083PR3WQG/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=itogadaigo-22&linkId=f5cdd583ba5a85ce56b1304d41db27a2&language=ja_JP

チャンスよりも重要な「つかむ力」 今、自分の現状に不満を持ち、チャンスに恵まれていないと嘆く人が多い。
新R25

“仕事は忙しいヤツに頼め。ただし頼み方を極限まで考えろ”

https://r25.jp/article/772365339823382205

“「忙しいクライアントとのアポがなかなか調整できない」「忙しい上司に、なかなか時間をとってもらえない」などと悩んだことはありませんか?仕事ができる人の多くは、とても忙しいもの。
自分の仕事を成功に導くために、優秀な人を頼ることはありますが、どのように頼めばよいのでしょうか?今回は、毎日仕事のオファーが殺到しているというキングコングの西野亮廣さんが、忙しい人の口説き方を解説します。
仕事を「忙しい人」にオファーするべき理由仕事は、忙しい人にオファーするのが鉄則です。
新R25

「共感」でお金を集める時代は終わった? 2020年代のクラウドファンディング論

https://blog.readyfor.jp/n/na728fe32d84f

“共感でお金を集める、新しい資金調達の形ーー。
クラウドファンディングは、日本にその仕組みが輸入されて約10年、しばしばそんなキャッチフレーズで語られてきました(*1)。
続きをみる”
#マーケティング 記事まとめ

「推論力」がある人とない人の決定的な違い 5G時代に身に付けておきたい「洞察的帰納法」

https://toyokeizai.net/articles/-/326999

“令和2年は多くのビジネスパーソンにとっても、ターニングポイントの年となるはずです。
なぜなら、今年は…”
東洋経済オンライン

映画『さよならテレビ』からテレビ報道の「構造的な問題」を読み解く

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70101

“遅ればせながら、映画『さよならテレビ』を見た。
ドキュメンタリー論などとしては、すでに多くの方が話題にしているようなので、ニュースの制作過程とか、メディアビジネスの切り口から分析を試みたい。

現代ビジネス

情報商材を買う前に読むといい記事

https://kensuu.com/n/ne7811c9b5bdb

“情報商材っていうのがあるじゃないですか。
情報商材とは、Wikipediaによると情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。
「情報」の内容自体が商品となるものである。
続きをみる”
けんすう

【note・加藤貞顕1】2000万人が集う“開かれた表現の街”はなぜ生まれたか

https://www.businessinsider.jp/post-206412

“「noteはじめました」が合言葉になりつつ今。
2000万人が表現の場として選んでいるプラットフォームをつくり上げた加藤貞顕さんは、noteをどんな思いで始めたのでしょうか。

BUSINESS INSIDER JAPAN

図解に関するコミュニティまとめ

https://note.com/yamadakamei/n/nfe8f076eb2e4

“自分が昔、図解のコミュニティを探そうとした際にかなり苦労したので、同じような人向けに図解のコミュニティをまとめてみました。
図解を学んだり、図解仲間を作る際の参考になれば幸いです。
続きをみる”
#図解 記事まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク