2020/1/21号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

「まずい、もう一杯!」でブレイク。青汁のキューサイ「改革の秘密」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69856

82年に発売、’90年に俳優・八名信夫さんの「まずい、もう一杯!」のCMでブレイクしたキューサイの青汁。
その企業ロゴが「Q’SAI」に、商品名も「THE KALE(ザ・ケール)」に変わったという。
さらには新スキンケアブランドの「Skinkalede(スキンケールド)」も販売を開始、老舗の変化の理由は何なのか? 神戸聡社長(50歳)に話を聞いた。

出典: 現代ビジネス

日曜劇場『テセウスの船』原作コミック1巻・2巻を一挙特別公開!

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69822

人気クライム・サスペンスコミック『テセウスの船』(作・東元俊哉)が、TBS系日曜劇場でドラマ化される。
田村心には、ひた隠しにしてきた過去があった。
1989年、警察官だった父・佐野文吾が、小学生ら21人を殺害した容疑で逮捕されたのだ。
あるきっかけで、家族の運命を狂わせた村の事件現場を訪れた心を霧が包み込む。
視界が晴れたとき、そこには、廃校になり更地にされたはずの小学校が建っていた──。
1989年1月7日。
心は、あの事件が起こる直前の音臼村へタイムスリップしてしまった……。

出典: 現代ビジネス

SHOWROOM「前田裕二」は今何を考えているのか 「脱DeNA」で新メディア企業に生まれ変わる

https://toyokeizai.net/articles/-/324854

AKB48グループをはじめとするアイドルグループやタレント、声優、お笑い芸人などが参加するライブ配信サ…
出典: 東洋経済オンライン

環境問題を図解してみた

https://note.com/bizgram/n/n4fb8a3e399ea

チャーリーです。
今回は「環境問題」の図解をしてみました。
国立環境研究所さんと協働したプロジェクトです。
「環境問題ってどうやって起こるの?なぜ起こるの?」みたいな疑問に少しでも答えようとしたものです。
ふくざつで一見わかりにくくとっつきにくい環境問題を、共通のフォーマットで構造化して図解にすることで、より多くの人にわかりやすものにしたいという狙いがあります。
続きをみる”
出典: #図解 記事まとめ

テレマで定期解約の条件告げず…美健ECに半年の業務停止・禁止命令

https://www.tsuhannews.jp/shopblogs/detail/64111

健康食品や化粧品の定期購入の電話勧誘販売で、契約が解除できる期間や条件を告げなかったことなどの行為は特定商取引法に違反するとして、消費者庁は16日、大阪府茨木市のEC企業(株)Rarahira(ララヒラ)に、業務停止命令と業務禁止命令の行政処分を行ったと発表した。
委託先にも再発防止策を周知徹底 同社には併せて、同法の規定に基づき、今回の違反行為の発生原因について調査分析の上検証することなどを指示した。
再発防止策と社内コンプライアンス体制の構築を、社員だけでなく、テレマ業務の委託先企業やその再委託先にも周知徹底することを求めた。
統括責任者の社員が業禁に業務禁止命令については、同社の統括責任者の男性社員を一部業務禁止とした。
処分はいずれも、同日から7月15日までの6カ月間。
解約可能な期間の起算日告げずアウト 消費者庁によると、ララヒラは、健康食品「熟成自然派生酵素」と化粧品「BIHAKU」の定期購入の電話勧誘で、「期間内であればいつでも止められる」などと説明。
しかし、解約できる期間の起算日を告げないなどした。
併せて、氏名などの明示義務、売買契約を結ばないと意思表示をした消費者に対する勧誘などは、「取引の公正および消費者の利益が著しく害される恐れがある」と認定した。
※商品写真は、独自ECサイトの商品写真をキャプチャ 売買契約の解除に関して、故意に事実を告げない行為の具体例として同庁は、売買契約を解約できる場合を著しく限定することとなる解約条件を設け、解約の申出を受け付ける電話がつながりにくい場合がある状況を放置し、契約の解約を困難にしたと指摘。
電話応対休業日も伝えないとNG 遅くとも2019年2月以降、売買契約の締結について勧誘をする際、「いつでも好きなときにお止めできるのでご安心ください」「要らなかったら電話一本だけいただけたら、すぐにお止めします」などと、解約が容易にできることを強調するのみで、解約申請期間の起算日である「お届け予定日」とされる具体的な日付や、解約申請期間中であっても同社が休業する祝祭日及び休日には電話を受け付けていないことを故意に告げていないことなどを挙げた。
なお、Rarahiraでは自社ECサイトやECモールでの商品販売も手掛けている。
今回は「電話勧誘販売事業者」としての違反認定→処分であるため、EC・通販業務については停止・禁止の範囲は及ばない。

出典: 通販通信ECMO

PayPayが2月1日から吉牛や松屋など全国6500店舗以上の飲食チェーンで40%還元を実施

https://jp.techcrunch.com/2020/01/17/paypay-6500-40/

ソフトバンクグループでキャッシュレス決済事業を運営しているPayPayは1月17日、全国6500店以上の対象飲食店や21万台以上の自動販売機でのPayPayで40%のPayPayボーナスが戻ってくる「全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン」を2月1日午前0時~2月29日午後11時59分まで実施することを明らかにした。
付与上限は1回あたり500円相当で、期間中の還元上限は1500円相当。
なお3月は、対象のスーパーマーケットでの還元キャンペーンを実施予定だ。
対象店舗は以下のとおり。
サンマルクカフェ:サンマルクカフェ すき家本部:すき家 日本コカ・コーラ:Coke ON ハイデイ日高:日高屋(券売機店を除く)、>中華一番、来来軒、らーめん日高、ちゃんぽん…”
出典: TechCrunch

グーグル、「Python」など学べるオンライン講座–IT業界でのキャリア向上支援

https://japan.cnet.com/article/35148123/

グーグルは、労働者がテクノロジー業界で職を得られるよう、プログラミング言語「Python」などを学べる新しい講座を発表した。

出典: CNET Japan

スポンサーリンク

面接・出勤前のイトダイマガジン