2020/1/16号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

手取り30万から一気に1億円プレイヤーに。箕輪厚介が語る“稼げるブランド”のつくりかた

https://r25.jp/article/759604005562716371

サラリーマンでありながら1000人を超えるオンラインサロンを主宰し、手がけた書籍は軒並みベストセラー。
最近ではワイドショーのコメンテーターや音楽活動にまで活躍の場を広げ、もはや理解不能なレベルで進化を続ける幻冬舎のスター編集者・箕輪厚介さん。
ここ数年で突如としてブレイクした箕輪さんの稼ぎやお金の価値観…気になりますよね?取材直前に自ら年商を公表していて拍子抜けしてしまいましたが、まだまだ聞きたいことはたくさんあります。
自慢することも謙遜することもなく、お金についてオープンに話してくれたインタビューをご覧ください!〈聞き手=渡辺将基(新R25編集長)〉【箕輪厚介(みのわ・こうすけ)】2010年に双葉社に入社。
ファッション雑誌の広告営業としてタイアップや商品開発、『ネオヒルズジャパン(与沢翼)』の創刊などをおこなう。
2014年より編集部に異動し、『たった一人の熱狂(見城徹)』『逆転の仕事論(堀江貴文)』などを担当。
2015年幻冬舎に入社した後、NewsPicks…”
出典: 新R25

その学習法は正しいか? 「うまくいっている」という幻想に要注意

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69678

最新の研究成果に基づいた効果的な外国語学習法をご紹介!
出典: 現代ビジネス

USJ「マリオ」新エリアは、外国人の心をつかむか スマホでスコア競争など、新たな試みに挑戦

https://toyokeizai.net/articles/-/324598

「Here we go!」。
スクリーンに映し出されたのは、任天堂が誇る人気ゲームキャラクター・マリオ。
そのマ…”
出典: 東洋経済オンライン

サブスクリプションサービスを事業構造的に5つに分けて考えてみた

https://note.com/5rou/n/nad78da3a2942

はじめにサブスクリプションとは・・・? ずーーーっと考えてました。
と言うのも、最近いろいろな事業者様から「サブスクサービスで何かユーザーに提供したい」と言うお問合せを頂くからです。
“”サブスクで何かをすること””から考えてしまうと失敗してしまうのではないかと感じています。
そもそもサブスクサービスはたくさんありますが、事業主側から見ると利益の構造や収益ポイントが全然違います。
一旦言葉の概要に戻ります。
Wikipediaによると続きをみる”
出典: #マーケティング 記事まとめ

年末需要が低迷で国内景気は後退?増税の影響も…TDB景気調査

https://www.tsuhannews.jp/shopblogs/detail/64088

(株)帝国データバンクがこのほど発表した2019年12月の国内景気動向調査は、年末需要の低迷により3カ月連続で悪化した。
特に製造業を中心に景況感が良くない状況で、国内景気は後退局面に入っているとの見方を示している。
9業界で景気悪化、製造業は8カ月連続 全国2万3652社を対象に集計し、景気動向指数(景気DI)として発表。
それによると、12月の景気DIは前月比1.1ポイント減の42.5となり、3カ月連続で悪化。
建設、製造、運輸・倉庫、サービスなど9業界が悪化。
特に製造業は8カ月連続の悪化となった。
地域別では南関東、近畿、東海など10地域中9地域が悪化し、北関東が横ばい。
南関東、近畿の2地域で全国の景況感を0.62ポイント押し下げた。
規模別では大企業、中小企業、小規模企業がともに悪化した。
企業と消費活動が停滞し、年末需要が例年と比べて低迷したことが響いた。
世界経済の減速を背景とした輸出減少や設備投資意欲の減退から、製造業を中心に景況感の悪化が続き、荷動きの停滞や経費削減の動きなどへとつながった。
増税が他業種に悪影響また、消費税率引き上げによる消費低迷が、住宅関連を含めて幅広い業種へ悪影響を及ぼした。
暖冬傾向や燃料価格の上昇などもマイナス要因となった。
一方で、公共工事の増加基調や、世界経済への懸念後退による日経平均株価の上昇は好材料となった。
今後については「緩やかな後退」を示唆。
1か月後の2020年1月の景気IDは42.0(19年12月比0.5ポイント減)、3か月後の3月は41.5(同1.0ポイント減)、6か月後の6月は40.3(同2.2ポイント減)、1年度の12月は39.0(同3.5ポイント減)と、それぞれ予測している。
落ち込んだ個人消費が緩やかながらも持ち直し、企業の設備投資は省力化需要などが寄与して底堅く推移するとした一方、人手不足や輸送費が重荷になる懸念も。
補正予算の実行による公共投資や、東京五輪による消費マインド上昇やインバウンド拡大を期待しながら、海外情勢の変化が国内景気へ及ぼす影響も注視する必要があるとしている。
…”
出典: 通販通信ECMO

トランスコスモス、物流拠点「ECワンストップサービス」を1.3倍に

https://www.tsuhannews.jp/shopblogs/detail/64083

トランスコスモス(株)はこのほど、同社のEC専門物流拠点「ECワンストップセンター北柏」を1月から拡張すると発表した。
ロジスティクスサービスの需要拡大を受け、利用面積を1.3倍にする。
拡張部分が本格稼動する4月に向け、サービスの強化を図る考えだ。
EC運用機能を集約、EC特化の独自システムを活用 ECワンストップセンター北柏は、2014年4月に稼働。
今回の拡張でECの運用に必要な機能を集約でき、運用相互間でのシームレスなコミュニケーションが実現するという。
コンタクトセンターの問い合わせ窓口業務、受注処理業務、アフターサポート業務や、ECサイト構築・運用、インターネットプロモーション、分析などに加え、フルフィルメント・ロジスティクスサービスまでワンストップでサービスを提供。
商品在庫情報や顧客情報、Webサイトアクセス情報などを包括的に最適化し、顧客企業の売上拡大と業務効率化を支援する。
トランスコスモスによると、同社のロジスティクスサービスは、ECに特化した独自のシステムの活用とトレーニングを積んだ庫内オペレーターの業務運営により、「商品を受け取る顧客の満足度を向上するサービス」を提供している。
梱包処理能力は1時間あたり720件、越境ECの需要増に対応 誤出荷率は、一般的な平均0.0094%(日本ロジスティクスシステム協会調べ)といわれているが、0.00056%という低い数字に裏づけされる高品質サービスに加え、梱包処理能力は1時間あたり720件の梱包・伝票貼付を処理することができる自動マテハンを導入している。
越境ECや海外販売を含めて年々高まる需要に応えるため、これまでの3155坪から4110坪に拡張する「ECワンストップセンター北柏」はJR常磐線「北柏駅」から徒歩6分で、常磐自動車道の柏インターから約6㌔。
国道6号に面している。

出典: 通販通信ECMO

2020年儲かるビジネス! ニトリ会長注目のサブスク、日本交通会長絶賛の電動キックスケーター?

https://note.com/gacchiri/n/nfc887b01206e

経済バラエティ『がっちりマンデー!!』(毎週日曜あさ7時30分~放送中/ TBS系)をもっと深く楽しめる、『がっちりスクール!!』。
お金やビジネスについて、一緒に学んでいきましょう!『がっちりスク―ル!!』では、””読むがっちりマンデー!!”ということで、放送した番組の‟書き起こし”をすぐにお届け。
前日の放送を見ていただいた方も見逃した方も、最新の儲かりビジネスやアイデア情報を、仕事のヒントにして活かしてもらえるとうれしいです! 続きをみる”
出典: がっちりマンデー!! note編

スポンサーリンク

面接・出勤前のイトダイマガジン