2020/1/8号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

著者に代わって本を書く、ブックライターという仕事をご存じか?

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69507
“渋谷文化圏を象徴する大型書店、「MARUZEN&ジュンク堂」(東急百貨店本店内)の一角で、「ブックライター 上阪徹ブックフェア」が開催されている(2020年1月31日まで)。
「ブックライター」という職業名を初めて知った人が多いことだと思う。
ブックライターとは、著名人や固有のコンテンツをもった人を取材し、それら著者に代わって書籍の執筆をおこなうライターのことだ。
本ができるまでの過程では非常に重要な役割を果たしていて、出版界では欠かせない存在なのだが、表紙に名前が出ないし、書誌データにも登録されないので、一般読者の目に名前が触れることはない。
だから、一人のブックライターが書いた本をおよそ30冊も集めたフェアがここまで堂々と開催されるのは初のことで、じつは業界にとって大変衝撃的な「あり得ない」出来事なのだ。
上阪氏は自著もたくさん出版しているため、フェアのコーナーは上阪徹著の本と、上阪氏が執筆を代行した著者の本が入り交じる、不思議と言えば不思議な光景になった。
…”
出典: 現代ビジネス

@hkunimitsu 国光宏尚 gumi (Hiro Kunimitsu)

https://twitter.com/hkunimitsu/status/1214062227117838337
“ネットフリックスが19年にコンテンツに投じた費用は150億ドル。
NHKと民放キー局の制作費を全て足したよりも遥かに大きい。
全裸監督は1話1億円。
グローバルに配信できる強み。
ドラマではもう太刀打ちはできない。
AppleやAmazon、ディズニーなどの黒船が日本を飲み込んでいく”
出典: @ryodan23

ファイナンス図解

https://note.com/tck/n/n0079e0389bfe
“チャーリーです。
前にファイナンスの勉強をしたときの図解を発見したので公開します。
ファイナンス、苦手意識もつ人おおいとおもいますが、知れば知るほどすごくよくできている仕組みだなとおもうので、図解によって構造や原理をしり、すこしでも理解がすすむことにつながればさいわいです。
続きをみる”
出典: #図解 記事まとめ

元ZOZO田端信太郎氏、駐車場シェアakippaのアドバイザーなどに就任 SNS・オンラインサロンのノウハウ生かす

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/06/news100.html
元ZOZO執行役員の田端信太郎氏が、akippaのコミュニティアドバイザーと、レバレッジのマーケティング戦略顧問に就任したと発表。

出典: ITmedia

就活に大異変? 学生が「超受け身」に進化した深い理由

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69521
“就活というフィールドでは、異例の売り手市場が続いている。
かつてのバブルさながら、学生は企業を選び放題だ。

出典: 現代ビジネス

スポンサーリンク

面接・出勤前のイトダイマガジン