2019/12/26号 出勤・面接前のイトダイマガジン

面接・出勤前のイトダイマガジン

スポンサーリンク


この記事のURLをコピーする

イトダイ
今日もしっかりインプットして、1日を始めましょう!

紹介記事について
見出しを押すと、各記事へと遷移します。
本文はRSSを元に各記事のイントロダクションを引用しております。
【おすすめ転職サービス】

サービス 特徴
リクナビNEXT 無料適職・性格診断あり
ビズリーチ 独自求人で年収UP チャンス
ウズキャリ既卒 内定率80%超え
ミイダス 分析ツールで想定年収がわかる
関連記事[ミイダスの適正職種診断やってみた]

※人生の分岐点とも言える場面、無料ツールをやって対策しよう!

本音を言って何がまずい?僕が 『ONE PIECE』のような馴れ合いを必要としないワケ

https://r25.jp/article/758168252950080447

平成から令和へと変わった2019年。
この1年を振り返ってみると、「人生を変えるような転機があった」「成長した実感がある」「なんとなく過ごしてしまった…」など、さまざまな思いがあるはず。
年末年始は、多くのビジネスパーソンにとってしばしの休暇になります。
そこで、新R25では年末年始にかけて、これまでの自分の働き方を振り返ったり、心機一転してスタートダッシュをきったりできるような書籍のピックアップする特集を考えました。
その名も「2020年 ジブン改革」。
第1回でお届けする書籍は、新R25レギュラーズである堀江貴文さんの『本音で生きる』です!「言いたいことがいえない」「やりたいことがやれない」…。
堀江さんのもとには、そんな相談がたくさん届くそうですが、幼いころから本音で生きてきた堀江さんは、「どうしてみんな本音で生きられないのか」と不思議で仕方がないそう。
「なんで自分だけがうまくいかないんだろう」とモヤモヤしてしまう人に対して、叱咤してくれる3記事を抜粋してお届けします!

本音で生きる

https://www.amazon.co.jp/dp/B00W4O6E0U/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=ll1&tag=itogadaigo-22&linkId=1d00431820ad8049e3e0d936bc40a854&language=ja_JP

本音を言って何がまずい?”
出典: 新R25

堀江貴文「みんな他人に時間を使いすぎている」 人に嫌われるのを気にするより大切なこと

https://toyokeizai.net/articles/-/321729

日本初の民間ロケットの打ち上げに成功、最近はYouTuberとしても注目される堀江貴文氏。
さまざまなイベン…”
出典: 東洋経済オンライン

2019年が終わるまでにマーケターが絶対に読むべきnote30選

https://note.com/oh_m/n/nf4aa2ee3ed97

10選くらいにするつもりでしたが、読んでくうちにいいなと思う記事がどんどん出てきて、30選までいってしまいました。
年末までに読めるかー!って感じかもしれませんが、気になるパートだけ読んでいただければと。
続きをみる”
出典: #マーケティング 記事まとめ

楽天スーパーポイント、仮想通貨へ交換可能に ビットコインやイーサリアムなど3種

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/24/news110.html

楽天ウォレットが、「楽天スーパーポイント」を仮想通貨に交換するサービスを開始。
交換可能な仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ。
1ポイント1円相当で、100ポイント以上1ポイント単位で交換できる。

出典: ITmedia

アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング 「FACTFULNESS」が、5ヵ月ぶりに1位を獲得!

https://toyokeizai.net/articles/-/321484

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ラン…
出典: 東洋経済オンライン

メルカリを使う人たちの心理とは?売ることを前提とした買い物時代

https://netshop.impress.co.jp/node/7060

「100円以下の利益でフリマアプリに出品する利用者の意識・実態調査」発表会が12月5日にメルカリで行われた。
マーケティングライター/世代・トレンド評論家の牛窪恵氏、メルカリ利用者の三輪めぐみさん、メルカリCommunityチームマネージャーの上村一斗氏が「メルカリの利用者心理」などについて語り合った。
出品物が売れる=ストレスからの解放 今回の調査結果の骨子は以下のとおり。
調査対象者全体の約4人に1人(22.0%)が3回に1回の頻度で100円以下の利益で出品している。
特に少額取引利用者は、フリマアプリの利用目的で「捨てることがもったいない」と回答した割合が高額取引利用者より約2割高い。
出品物が売れた瞬間の感情では少額・高額取引利用者を問わず「嬉しい・楽しい」という回答が約7割に。
そのうち、約6割の少額取引利用者が「使える物を捨てる罪悪感がなくなる」と回答。
…”
出典: ネットショップ担当者フォーラム

「ジョブズがMacをつくったとき、社員に何を書かせたか?」人事のプロが語る“やりがいの正体

https://r25.jp/article/758190006630316046

書籍『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版社)のヒットで、一躍注目を集めた人事業界の新星・北野唯我さん。
11月28日、待望の続編『分断を生むエジソン』(講談社)がリリースされました。
「凡人の心を理解できず、リーダーとして一度死んだ天才」が、天才ならでは苦しみを乗り越える姿を描いたこの本は、天才が「強烈にやりたいことがあるからこそ、それ以外のことをやりたいと思えない」という生きづらさをもっていると書かれた一節があります。
(おそらく凡人の一人であろう)筆者が思ったのは、僕ら凡人の多くは反対に「やりたいことと出会えない」という悩みを抱えがちだよな…ということ。
一生つづけたい「やりたいこと」に出会える人なんて一握りだし、出会えるまでアテもなく転職を繰り返す気力もないし、でも今の仕事も楽しくないし…そんな葛藤のなか苦しんでいる若者も少なくないはず。
そこで北野さんに「『やりたいことと出会えない』という状況から、どう抜け出したらいい?」とお聞きしたところ、話は意外な展開に…。”
出典: 新R25

スポンサーリンク

面接・出勤前のイトダイマガジン